■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ビフォーアフター第二弾。

予定日もついに明後日となりましたが生まれる気配は全くなし。腰周りが痛くて歩くの大変だけど、ずっと家にいても退屈なので今日は街まで出てみた。2時間くらい買い物して歩き回ったら夕方に猛烈な眠気に襲われ昼寝。疲れやすくなってるのかねえやっぱり。


さてこの夏の一大イベント、おうちのリフォーム第二弾。今回はキッチン横の通路兼物置スペース。


 


ビフォー。
ビフォー。
こんな小汚いスペースでした。


 


もともとここは吹きさらしで右手にトイレと物置があるだけの通路に前の住人がドアをつけた模様。ドアの外にも納屋がある。でも素人仕事なので雨が降ると雨漏りはするわ床は水浸しになるわ、寒い日は隙間風が入りまくるわ床のコンクリートはガタガタだわでろくに掃除をする気にもなれない場所だった次第。


 


レンガ積んでます。
手始めに納屋の部分まで
屋内スペースを広げるべくレンガを積んで、


 


窓枠入れて、
それが終わったら新しい窓枠を入れて、


 


断熱材敷いて、
天井も延長して床に断熱材を敷いて、


 


コンクリ流して、
その上からコンクリ流して。
その量4t。
これが費用面で結構高かったらしい。


 


カラ姉さんクオリティーチェック中。
床ができた時点で
カラ姉さんのクオリティーチェックも入り、


 


板張りにして、
壁と天井も断熱材を入れて
壁板を打ち付けて、


 


漆喰塗ってタイル敷いて、
漆喰塗って床にタイルを敷いて、


 


ペンキ塗ってできあがり。
週末にレニーがペンキを塗り、
週明けにビルダーさんに備品をつけてもらってはい完成。
あまりの変わりようにジャックもびっくり。


 


外観。
外から見るとこんな感じになりました。


 


写真ではわかりにくいけど延長部分の右側に階段があるのだが、ここに手すりを付けてって言ってあったのについてなくて、あれ?と思って聞いてみると「あ、忘れたー」と言われたのはご愛嬌。でも他にいろいろ最初にお願いしていなかった仕事もしてもらったのでいいとしよう。


とにかくもうこれで雨風も気にならないし、床もさっと掃いてモップかけるだけできれいになるし、あまりにも寒くて汚かったのでこの5年間一度も使ったことの無かったトイレも使えるようになった。快適ー。後は窓にブラインドを付けたり収納棚を買ったり、あと庭に設置するべく組み立て式の物置も買ったのでそれもがんばってレニーにやってもらわないといけないんだけど、とりあえず現時点でかなり満足。家のローンに加えての借金生活はかなり怖いけれど思い切ってリフォームしてよかったー。これで安心して出産に臨めるよ。


 


 


掃除のプレッシャーはあるけれど。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 23:13:14 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ビフォーアフター(キッチン編)。

また更新サボっているのでもう生まれたか?と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、予定日4日前にしてまだ何の兆候もない今日この頃です。お腹ばっかり大きくなって動きにくいのなんのって。


更新がおろそかになっていたもうひとつの理由は家の改装。実は8月半ばから1ヶ月ほどビルダーが来ていたのですよ。今の家に引っ越した5年前からずーっと手を入れたかったキッチンとその脇の通路をきれいにしました。構想5年といえば聞こえはいいけれど単にお金と度胸がなかっただけ。今回子供が生まれるにあたってレニーに「生まれてからだといつできるかわからないよ!」と発破をかけて銀行でローンを組んだ次第。


ビルダーさんはすぐ近所に住んでいて、腕がいいとこの辺ではかなりの人気。なのでこの人にやってもらうことにしたのだけれど、最初は7月半ばから一ヶ月の予定だったのに私たちの前の依頼主がすぐに気を変えたりちょっとしたことにえらい時間をかける(カタログからドアを選ぶのに2週間とか)人だったらしく遅れに遅れて8月までうちに来られなかった次第。


ようやく我が家の仕事に取り掛かった初日に判明したのは、私を担当の助産婦さんはこのビルダーの娘さん。判明した後の検診で「知ってたら私からもプッシュしたのにー」と言われた。バクストンは田舎なのでこういうことはよくある。


というわけで今回はキッチンのビフォーアフターをお届け。


 


 


ビフォー。
ビフォー。
数年前には天井から水がだだ漏れという
アクシデントもあったこのキッチンともお別れ。
未練はこれっぽっちもございません。


 


 


壁ぶち抜いてー、
手始めにユニット外して
ダイニングルームとの壁ぶち抜いて、


 


 


コンクリ流してー、
新しいキッチンを設置して
床にコンクリートを流して、


 


 


タイル敷いてー、
その上からタイルを敷いて、
壁の一部に漆喰塗って、


 


 


出来上がり。
アフター。
ジャックとカラが感想を話し合っております。


 


私たちが大変なのはここからで、タイルを張るときに使うグラウト(漆喰?)を何度も何度もモップをかけてきれいにして(でもきれいにならない)、戸棚や引き出しの中までほこりだらけなのでそれも掃除して、壁にペンキ塗って、それからようやくキッチン用品を収納。その後冷蔵庫やらダイニングテーブルを入れて、すっかり勝手が変わったのでこまごまとした備品も買いに行って、とにかく忙しかった。


ちなみにこっちでは設置するもの(床のタイルとかも)は自分で買って、ビルダーを雇ってやってもらうというのが一般的なので、キッチンはイケアでご購入。他もいろいろ回ったのだけれど何しろお高いし気に入ったデザインがあったのはここだけだったし、この夏キッチンご購入のお客様にはもれなくギフトカード進呈!というキャンペーンもやっていたので。このギフトカードで備品をかなり買えたので助かった。まだいろいろ買いたいものはあるのだけれど何しろ財布が空っぽなのでこれからぼちぼち。でも前に比べてものすごく快適で、キッチンで過ごす時間が増えた。って言うか前はダイニングルームが物置化していて、ご飯もリビングで食べてたのよね。


ちなみにこのキッチンの改装はたったの1週間でやってしまったビルダーさんと弟子2人。その後「前のクライアントに呼び出されたからー」と1週間戻ってこなかったよ。どないやねんほんま、と思ったりもしたけれど約束どおり1週間で戻ってきて、キッチン横の通路の工事に取り掛かってくれた。その様子はまた今度。


 


 


 


あれから掃除ばっかりやってる。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ


 



| 18:09:24 | Trackbacks(0) | Comments(0)
カーテン。

もうかれこれ2週間ほぼ毎日雨降りでうんざりの今日この頃。おかげさまで相変わらず忙しくしております。でも5月に胆嚢を取って以来体調はすごぶる良いので欠勤も無く何とか仕事をこなせている。朝起きるのがこんなに簡単な事だとは知らなかったよ。


 


さて本題。犬を飼うと物を壊されたりするのは珍しいことではないんだけれども、カーテンを引き下ろされると見た目のインパクトは結構激しい。


 


やられました。
去年の1月にベッドルームをやられ、


 


ここもやられました。
去年の11月には来客用の部屋を、


 


ここは何度もやられました。
そして今年の9月には階段の上がり口をやられました。


 


というかここは何度もやられてるんだけど。ベッドルームと来客用の部屋はボルトごと壁から引き剥がされたので穴が広がってしまい修復不可能。なのでベッドルームは壁の出っ張りにレールを無理やり乗せて、来客用の部屋はずっとこの1年カーテン無しで過ごした。誰も泊まりに来なくて良かった。


 


さて犯人は誰かといえば一目瞭然。


容疑者。
白目むいて寝てる場合ちゃうであんた。


 


我が家の見張り番のカラ姉さん、時々仕事に熱が入りすぎてカーテンを引っ張ってしまうらしい。っていうかボルトを壁から引き抜くってどうなんですか。


そんなわけでここ2年ほど少しずつ家が破壊されていくのをなすすべも無く見守っていた飼い主だが、階段上のカーテンはレールは無事でもカーテンだけ外されるのは日常茶飯事。なので出かけるたびに短くしばっていたのだがあまりの貧乏臭さに嫌気が差した。


 


すっきり。
じゃじゃーん。ベッドルームがすっきりしたよ。


 


 


カーテンレールの後始末しなきゃ。
来客が来てもとりあえずは安心して
寝ていただけるようになりました。
レールの跡が生々しいけど。


 


ここも同じ色で。
階段上もね。
下で騒ぐレニーの声に
カラが首をかしげている。


 


うちの窓は何だか変なサイズなので市販のブラインドだと合わないので全部まとめてオーダーメード。覚悟していたよりは安くついたが全部で300ポンド近くかかった。チーン。


最近ソファのカバーを買ったりカラのベッドを新調したりで出費が重なっているのに何でこのタイミングでブラインドを取り付けることにしたのか自分でも良くわからない。最近テレビの調子が悪いのでそろそろ買い換える予定だし、そのついでにテレビ台も新調して、来年の春あたりには家の一部を改築する予定もあるのにこんなにお金を使っていていいのだろうか、とちょっと不安にならないでもない。これもみんなあんたのせいだよカラ姉さん。このままじゃ犬貧乏になってしまう。実は去年まで犬家計簿をつけていたのだが今年は怠けてつけていなかった。ちゃんとつけてたらブラインド代も犬の出費で計上だな。


それに比べたらジャックの悪戯なんてベッドから綿を引きずり出す程度だ。カラに比べるとジャックは本当に扱いやすい性格で助かるわあ。


 


こんなんまだ可愛いほうだ。
引きずり出した綿の上で
得意げにポーズのジャック。


 


これくらいなら別にいくらやってくれても結構ですよ。綿を拾って隙間からまた押し込むだけだから。引きずり出されないようにちゃんとつくろいなさいよという声も聞こえないことはないんだけども。ほら最近いろいろ忙しいから。冬休みに入ったらやります。たぶん。


 


 


カラも一緒になってやってるけど。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ




| 23:49:37 | Trackbacks(0) | Comments(0)
カバー。

新しいソファのカバーを買いました。
高かった。
おニューだよ。


 


この2シーターは主にお客様とジャックしか座らないのだが、たまにカラがおやつを隠そうとして掘ったりしているうちにだんだんみずぼらしくなってきた。なので最近はずっとベッドカバーをかけてごまかしていたのだけれど革の上にコットンのカバーをかけただけではすぐにずれてしまうし生地を通して乾いた土がソファーの表面に届いてしまいざらざら。どうにもこうにも我慢が出来なくなってきていた時期にこちらのお店からカタログがやってきた。


リンクから見ていただければわかるけれどかなりおしゃれで高級感あふれる犬グッズ満載のお店なのだ。ベッドもたくさんあってどれもものすごく気持ちよさそうなのでジャックとカラにもぜひ、と行きたいところだが何せお高い。犬用ベッドに200ポンド(3万円)も出せませんよ家のローンもあるのに。というわけでいつもはため息をつきながらカタログを眺めるだけだったのだが、このソファカバーはキルティングであったかそうだしマイクロファイバーで泥や水もはじくし毛も付きにくいし、裏には滑り止めも付いていて犬が寝やすいようにボルスター(抱き枕)も付いているし、何よりもうベッドカバーでは我慢の限界、というわけで意を決してご購入。ちょっとサイズは大きかったがベッドカバーよりはずっとしっくり来る。


 


というわけで早速ジャックとカラにもお試しいただきました。
はいポーズ。
カラ姉さんすでにうとうとしております。
ジャックはちょっと緊張気味。


 


仔犬時代に長時間屋外で過ごしているせいか、体の密着が嫌いなジャック。カラはくっついて寝るのが好きなのでたまにジャックにもたれようとするけれどジャックがいつも逃げてしまう。飼い主の私ですらつい最近まで寝ている上に覆いかぶさるといつも逃げられていた。最近ちょっとましになってきたのでこういう写真も撮りやすくなったけれどあんまりリラックスは出来ないらしい。というわけですぐに退散。


 


ジャック退散。
あらもう行っちゃうの?とちょっと物足りなさそうなカラ姉さん。
いじめっ子のくせに結構甘えん坊。


 


独り占め。
でも独り占めはやっぱりいいらしい。
早速ボルスターにあごを載せてすやすやとお昼寝。


 


実際人間が寝ても結構気持ちいい。出費は痛いが値段だけの価値はあるのでまあよしとしよう。「次は低反発マットのベッドをぜひ」とカラの目が訴えるがしばらくは無理です。イギリスは普通はボーナスがないので宝くじに当たるくらいしか臨時収入は無いのよね。


 


お金は無くても楽しめるのがきれいな夕焼け。
秋の夕暮れ。
まあこれも晴れの日が少ないバクストンでは
かなり貴重な景色なのだけれど。


 


もうかなり日が短くなってきて、夏至の頃は夜10時過ぎまで明るかったのに最近は6時過ぎには暗くなる。もうすぐサマータイムが終わって時計が一時間戻るので一気に日暮れが早くなり、12月には夕方4時にはほぼ真っ暗ですよ。そんな天気も憂鬱だがおかげで光熱費が跳ね上がるのがもっと憂鬱な季節でもある。


 



じっと我慢の冬はすぐそこ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 23:32:56 | Trackbacks(0) | Comments(0)
週末。

なにやら忙しくて週1回の更新がやっとの今日この頃。たぶん年末までこのペースだと思われます。


最近すっかり秋の気配だが、秋が来たら春に備えるのがガーデニングらしい。通販のガーデニングの店からちょっと前に春咲きの花の案内が届いた。来年の話をすると鬼が笑いますよ、とか思いながらもちょこっと注文しておいたのが先週届いたので週末に前庭に植えた。


 


球根100個。
これはクロッカスの球根。
100個入っていたので100個とも植えてみた。
全部咲いたらえらいことになりそうだ。


 


この他にはスズランとSnowdropsSiberian Squills、(スズラン以外は日本語の名前を知らないので失礼)、まあつまり寒さに強くて手間のかからない野性の花を植えてみた。無事に咲くかしら。


その後いい天気だったのでジャックとカラを連れて街までぶらぶら。


 


秋ですねえ。
すっかり秋模様のパビリオン・ガーデン。
池で泳ぐ鴨を狙うカラ。
鳥は飛んで逃げると学習したので追いかけはしないんだけど。


 


そんな土曜とは打って変わって日曜日は午前中いっぱい大雨だったので家でまったり。本当は掃除なんかもしないといけないんですが。


 


ジャックのアホ面。
ジャックをおちょくって遊んでみたり。
それにしても頭悪そう。


 


午後は雨が上がっていい天気だったので夕焼けが見られるかなーとちょっと期待しつつソロモンズ・テンプルまで行ってみる事にした。


 


秋の日はつるべ落とし。
秋分の日を境に毎日3分くらいのペースで
日暮れが早まっているバクストン。
長くて暗い冬はもうすぐそこだ。


 


新種のキノコ?
キノコもあちこちに生えている。
その後ろで枝を咥えて上を向くジャック。
新種のキノコかお前は。


 


途中でちょっと休憩、というかフセマテの練習。
実はものすごい強風。
最近は5分くらいは余裕で出来るようになった。


 


本当は1匹ずつ別々に練習しないといけないんだけど片方がやってるともう一方もマテの態勢になってしまうのだ。まあこいつらはほぼ24時間一緒だし、ケンネル・クラブのテストでもみんな同時にフセマテをやるし、まあいいか。


 


もう一上りしてソロモンズ・テンプルに到着した頃にはもう暗くなりかけていた。
いつもの場所。
夕焼けはいまいちだったな。


 


丘のてっぺんはものすごい風で突風が来ると息をするのも一苦労。とっとと降りましたよ。


土日両日ともたくさん歩いたのでかなり満足したらしく本日月曜はとっても静かなジャックとカラ。飼い主はガーデニングで立ったりしゃがんだりした上に丘を上ったので太ももの内側が筋肉痛。年には勝てませんねえ。


 


 


犬は筋肉痛にはならないのかしら。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 12:15:31 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Next page