■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ベッド

ちょっと前の話だが私がスイスに行ってる間にカラが自分のベッドのクッションを破壊した。
それ以来毛布を敷いてしのいでいたのだがクッションが残っているほうのベッドを
さり気なく取り合い(要は早い者勝ち)、負けた方は明け方まで我慢してから私達のベッドの
わずかな空きスペースに忍び込む、という日が続いている。安眠妨害。


安眠を確保すべく、試しに昼寝用のベッドを置いてみたら結構すやすやと寝ていたので、
やっぱりクッションがいるなあというわけで今日また新たに作った。
1メートルあたり6ポンドのボアの生地と65ペンスのファスナーでカバーを作り、
中身はシングルの掛け布団。その方が洗濯の後早く乾きそうだし。
布団代9ポンド、しめて15ポンドなり。三千円かあ。
ペットショップでこのサイズの犬用クッションを飼うとこの倍はするのでまあ安くついたと見るべきだろう。


夕食後に生地を二つ折りにしてファスナーをつけてだーっとミシンで縫うだけという
なんともアバウトな方法でカバーを作り、掛け布団を四つ折りにして押し込んで15分ほどで完成。
寝心地はどうでしょうかジャックさん?


ヘソ天。
良いらしいです。


そうこうする間にさり気なくカラがベッドを奪い、
寝心地よさそう。
これまた寝心地よさそうです。


何もかも適当に作ったベッドだけれど、気に入っていただいて何よりでございます。



ジャック&カラ | 23:58:36 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ホリデー終了。

昨日でホリデー終了。
いろいろたまっていた仕事を片付けるつもりだったのに(ホリデーなのに?という質問はなし)
何も片付かないまままた日常生活に戻ってしまった。


土曜はダービーのレニーの実家にお出かけ。前日から胃の調子がよくないなあとは思っていたのだが、
帰宅してから妙に寒く感じると思ったら熱が出た。「なんか今日寒くない?」とレニーにきいたところで
彼は真冬でも屋内なら半袖一枚で平気なイギリス人。あてにならんわな。
そうかーあれは悪寒だったのかー。


日曜の朝には熱はほぼ下がっていたし気分も悪くなかったけれど、大事をとって
今日はのんびりさせてもらおうとベッドでのらりくらりしていた矢先、犬の散歩から戻ったレニーが
「ヒーター入れたの?」と。入れてないけど、そういえばボイラーがお湯を沸かす音がしている。
あれ?と思いながらバスルームに行くと、お湯を張る水道とは別に壁に取り付けられている
シャワーの根元の部分から水が漏れている。え~、もしかして壁の中で水漏れ?


レニーによるとこういう時はまず保険会社に連絡して、そこから修理の手配をしてくれて
事が収まるという手順らしいけれど、それよりも水の元栓閉めるほうが先じゃないかなあ。
レニーは電話に忙しそうなのでとりあえず下に降りる(バスルームは2階)と、
キッチンの天井から水がぽたぽた落ちている。あちゃー。
そこにレニーがやって来て、ぶつぶつ言いながら新聞紙を敷いてみたが水の勢いはどんどん増す。
新聞紙より鍋釜だろうこれは。


「水の元栓は普通どこら辺にあるの?」ときくと、ああそうだねとシンクの下をごそごそして
「普通はこの辺にあるんだけど見当たらない」とな。じゃあお隣さんにきいてこいとレニーを送り出し、
私もパジャマから着替えてとりあえず写真撮影。ジャックもキッチンの入り口で不思議そうに
滴り落ちる水を眺めていた。飲むなよそれ。汚そうだから。






レニーが帰ってきたと思ったらお隣さんのアンドリューもついて来た。
とっても親切でいい人なんだけどよく喋るんだこいつが。とりあえず元栓の位置を教えてくれて、
その後ひとしきり彼自身の家のトラブル体験談を喋り倒して帰っていった。


換気扇や天井のスポットライトからも水が滴っているので、修理屋が来るのを待つ間に
電気屋にも電話して電源を入れる前に漏電してないかチェックに来てもらう手配をした。
やめときゃいいのにレニーはついでに実家にも電話してかくかくしかじかこういうわけで、と説明すると
「キッチンが水浸し」という一言で気が動転したお母さんが「今からご飯作って持ってくから!」とな。
大した事ないから来なくていいと言っても聞く訳がないイタリア人。


その後は修理屋がやって来てとりあえずシャワーに水が回らないように応急処置、
彼が帰った後はキッチンの床を掃除(タイルでよかった)、そうこうする間に電気屋が来て、
彼が帰った後で家中掃除機をかけようと思った矢先にレニーとお母さんとお兄さんがやって来て、
2人が帰った後で掃除を続行、終了したらあらもう夕食時だよ。私のホリデー終了。
ロンドンマラソン?そんなもの気付きもしなかった、素敵なホリデー最終日でした。



生活 | 23:12:15 | Trackbacks(0) | Comments(0)
スパに行って来ました(2)

という訳で結構体育会系のスパ。そろそろお腹が空いてきたなあと思ったが、
セレイルの予約の時間になったのでトリートメントエリアに。
待ち構えていたスタッフに専用の部屋に連れて行かれ、説明を受ける。
基本的には裸になり(抵抗のある人には紙パンツも用意してあるが、
はっきり言ってその方が気恥ずかしい。だって紙パンツですよ)、
用意してある紙粘土のような泥を体中に塗りたくり、
用意が整ったらボタンを押すと部屋がスチームで満たされる。
室温42度。暑い。
脚に水をかけてごまかしながら耐えること15分、スチームが止まったら
後はシャワーで泥をきれいに洗い流して完了。確かに肌が潤っているような。
でも暑かったよう。


セレイルの写真を探してみた。
セレイル。


こんな感じ。実際にはかなり暗いし、この女性は私よりもはるかに見栄えがするけれども。
中央のテーブルみたいな所は水道になっていて、
暑さに耐えられなくなったらここか画面左側にある水道(ホースがついている)から
冷たい水を手足にかける。蒸気が止まったらシャワーのボタンを押すと、
女性が腰掛けている部分の側壁と頭上から温水が噴出す仕組み。
なので実際には上品にタオルを頭に巻いたりしているとえらいことになる。


体の芯まで蒸されたような気分でふらふらとトリートメントエリアを後にし、
ランチにベーグルサンドイッチをいただく。イギリスでは非常に珍しいものすごくあっさりした味付けで、
体にいいように作ってあるのはわかるがちょっと味気ない。
毎日こんなのは食べられないかなあ。イギリスでヘルシーな食生活を送るって難しそうだ。


デザートにチーズケーキまで食べてしまい、お腹がいっぱいになったので
リラクゼーションエリアでぼーっとする。が、あまりぼーっとしていると熟睡してしまいそうだったので
ちょこちょこっとサウナに入り、シャワーで汗を流して退散。や~、なんだか健康になった気がするわ~。


帰宅して夕飯を食べるとものすごく眠くなって、いつになく10時ごろに沈没。
やっぱりかなり体力を消耗してたのね。でも肌の調子はよくなったし、
汗いっぱいかいて結構気持ちよかった。今度は自分でお金を出してまた来ようかなあ。



生活 | 11:14:56 | Trackbacks(0) | Comments(0)
スパに行って来ました(1)

うちの学部には International Spa Management というスパ経営コースがあって、
スパの事なんかほとんど知らない私も2科目ほど教えている。
今学期の始めに一日講師としてやってきた、ヨーロッパのスパ業界では有名な方に
「え、スパ行ったことないの?じゃ手配してあげる」とさらっと言われて、
イースターマンデーの昨日行って来た。
場所はロビンフッドの森、Sherwood Forest にある
Center Parcsというホリデービレッジにある Aqua Sana なるスパ。


日本ではスパと言うといろんなタイプの温泉入り放題、みたいなイメージがある(私だけかなあ)が、
ヨーロッパのスパはサウナっぽいものが多い。
水かスチームをふんだんに使って体内の循環をよくする、というのがメインらしい。こういうのはセラピーと呼ばれ、
顔とか体のマッサージとかパックとかその他もろもろはトリートメントと呼ばれる
(と解釈しているけれど、違うかもしれない)。


そんな基本的知識はあるものの、実際にどういうシステムなのか全くわからないまま、
とりあえず水着だけ持って約束の時間に到着。
フロントではちゃんと予約が入っていて、チェンジングルームで水着に着替え
バスローブをはおってバスタオル片手にスパエリアへ。
スタッフが待ち構えていて、ウェルカムドリンクがついてくるけど何がいい?というので
とりあえずお茶を一杯。スパで紅茶てあんた、とは思ったけれども。


その後スパをぐるっと一周案内してもらい、「ランチもついてるから好きなものを食べてねー」と。
おお全部タダですか。
ちょっとずうずうしいかなあと思いつつも「なんかトリートメントも受けられるかなあ?」と言ってみたら
セレイルなるものは空いていると。じゃあそれでお願いします。


という訳でその後数時間いろんなサウナやらプールやらシャワーやらを渡り歩く。
基本的にインパクトのあるものは全部サウナで、
スチームとハーブを組み合わせていろんな効果があるということらしい。
ジャパニーズソルトバスなるものもやっぱりサウナだったが、
ミネラルをたっぷり含んだスチームという事でほんのり磯の香りがした。
トルコのはユーカリたっぷりで、鼻づまりもすっきりしそうだ(鼻詰まってなかったけどさ)。
他の人は気にしないでゆったりリラックスしてね、というのがスパの目的の一つなので
セラピールームはみんな暗く、他の人はよく見えない。
なので自分の世界に入ってぼーっとしてればいいんだけれど、目が慣れてきた頃にふと他の人を見ると
みんな汗をだらだら流しながらひたすら耐えているという状況。スパって結構体育会系。


ちょっと長くなってきたので今日はこの辺で。続きはまた明日。



生活 | 23:28:38 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ダイソン

月曜にオーダーした掃除機が、うぉううぉう吠えるカラとジャックの首輪を掴む私に
「犬離すなよ!」とへっぴり腰で訴えるおっちゃんの手で昨日届いた。
カラは縄張り意識が強いのか、外で会う人や犬には無関心のくせに訪問者には吠えるんだよな。
ジャックも一緒になって吠えるし、犬が苦手な人にはちょっとつらい状況だよなあ。ごめんねおっちゃん。


で、掃除機。やっぱり犬の毛をしっかり取ってもらわないと、という事で
掃除機の中でもかなり高級ブランドの部類に入るダイソン Dyson の、
その名も DC08 Animal というのを大枚はたいてご購入。220ポンド(4万円ちょい?)もした。
もっと安いペット用の掃除機もあるのだが、せっかく買うんだから効果が確かなものを、と太っ腹になってみた。


Dyson DC08 Animal



デザインもちょっと変わってるのよねここのは。


早速箱から出して説明書を見ながら組み立ててみる。見た目ほど重くもないねえ。
組み立てが終わればやっぱり試してみないとねえ、と言うわけで
リビングのラグをブイーンとひと撫で。おお、すごいよジャックの毛がどんどん取れてくよ!
前の掃除機は体重をかけてごしごしやっても
何となくまだ残ってるよなあ、という感じだったのだがこれは力を入れる必要全くなし。
何となく黒ずんでいたラグの色が新品に近いものになっていく。
すごいすごい!と言っているとダストビンにごみが溜まり始めた。
こんなに取れてるのね~というのがわかるところがバッグレスの利点。
以前の掃除機は静かなのが売り、という事だったのだがこの掃除機はそれより静か。
私が掃除してる横でジャックもカラも寝てるし。邪魔だからどいて。


そんな調子で家中ぶんぶんやって、終了後のダストビンを見て、
「こんなに汚いとこに住んでたのか・・・」とレニー。


こんなに・・・。


という訳で奥さん、ペット飼ってない人には
もうちょっと安いモデルでいいだろうけどダイソンお奨めですよ!

とここまで書いてふと日本でダイソンって売ってるのか?と調べてみたら、
あるけどイギリスで買うよりかなりお高いことが判明。まあイギリスの会社だしな。



生活 | 09:09:05 | Trackbacks(0) | Comments(0)
またやってくれました

夜中の2時半ごろ猛烈な臭いがして目が覚めた。
レニーも目が覚めたらしく原因を突き止めに
部屋を出て3秒後、「オーノー!」という声がした。
いつの間にやらベッドの私の足元に寝そべっていたカラとジャックは
その声を聞いてもその場を動かず、パタパタと尻尾を振って私を見つめている。
こいつらは悪い事をしたときはやたら尻尾振るんだよな。
私も様子を見に行くと、バスルームの床(イギリスの家はバスルームが2階にあるのが一般的)に
ごっついンコが。このサイズはどう見てもカラである。


とりあえずブツを片付けて消臭スプレーを撒き散らし、
犬二匹はベッドルームから放り出してベッドに戻った。
別にお腹を壊しているわけでもないし、
午後の散歩でもいつもどおりトイレしてたのに、
何でこんな時間に?という疑問を残したまま眠りに落ちた。


そして朝になり、朝食は昨日ダービーのポーランドショップで買ってきた
パンをトーストで、と言っていたのだが肝心のパンが見当たらない。
どこに置いたの?と聞くとキッチンのカウンターの上だと。
まさかねえ、と言いながらレニーがリビングの昼寝用ベッドをチェックすると、
ビニール袋と少量のパンくずを発見。
食いやがったな。


ちなみにこのパン、直径30cmはあろうかと言う大きさでまだ半分以上残っていた。
二匹ともパン好きなので普段は戸棚にしまうのだが、
昨日に限って油断した。どうりで夜中にあんなでかいのするわけだ。
謎が解けてすっきりしたと言えばそうかもしれないが、おかげで朝食食いっぱぐれたよ。
ほんまいろいろやってくれますわ。



カラ | 23:33:44 | Trackbacks(0) | Comments(0)
休暇中。

実は月曜から2週間の有休中。
3年生は卒論の仕上げの時期なのでメールでの卒論指導はするが、
それ以外はのんびりしようと決めている。
なので少し前に買っておいたフリースの生地と私の使い古しのドゥベ(掛け布団)で
ジャックとカラに昼寝用ベッド(と余った生地でおまけの枕)を作ってみた。
片面ずつ違うパターンなのでどっちを上にして置くかで
おそろいだったり柄違いだったり、という仕掛け(って言うほどでもないけれど)。


もう動いてもいいですか?
ジャックには無理やりポーズをとってもらったのでこんな顔。


ぐっすり。
カラは疲れていたのか熟睡中でポーズをとってもらい様がなかった。


月曜は雪だったのに昨日はびっくりするほどいい天気だったので、
これまた有休中のレニーと2人でDIY。
ヒートガンというものを使ってドアのペンキをはがしてみた。


ヒートガン。


写真にはほとんど写っていないけれど、
要は小さなドライヤーのようなもので塗装面をあぶると
ペンキがぶすぶすと水ぶくれのように浮いてくるので、
そこをヘラでこそげ取るだけ。
結構簡単に落ちるので最初は面白がってやっていたがだんだん飽きてくる。腕も痛いし。
という訳で片面だけやって終わらせた。
続きはまた今度ね、と言ったはいいが次に晴れるのはいつの事やら。
ちなみに今朝は雪混じりのみぞれ。
寒かったよ。


今日はダービーでお買い物、
明日はいよいよ念願のダイソンの掃除機が届くので、一日中家で配達を待つ予定。
追加料金を払わないと指定の時間帯には届けてもらえない上に
指定の時間帯と言っても「午前中」「午後」という大雑把さなのでお金を払うのがもったいない。
と言うわけで「朝8時から夕方5時の間」という更に大雑把なスタンダード配送で勝負。
朝8時過ぎにさっくり来てくれる時もあるが、夕方まで来ない時もあるし、
おちおちトイレにも行けやしないのよね。
まあ明日はレニーもいるから大丈夫でしょう。
本当に明日配達されるのか、という不安も若干残る(何しろここはイギリス)けれど、
気にしない気にしない。



手作り犬グッズ | 23:37:54 | Trackbacks(0) | Comments(0)
都合よく。

昨日の日記でや~スイスにはまだまだ雪が残ってました~とか言っていたら、


 


4月の雪。
今朝起きたらこんなだった。4月ですよ?


夜中には雪が降ったらしいが日中はずっと霰が降ったりやんだり。何度も言うけど4月ですよ?


話は変わるが、ジャックがやってきてからはまめに掃除をやるようになった。ジャックの毛は大半が黒くてちょっと長く、我が家のカーペットは主にベージュ。どうしても毛が目立つのよね。そんなわけで週に1回掃除機をかければいい方だった私がジャックが来てからは週に2、3回のペースでぶんぶんやっている。でもカーペットに絡みついた毛はなかなか取れないんだよなー、ペット用の掃除機が欲しいなー、でも高いんだよなー、とずっとレニーに訴えていた。本命のやつは安い店で4万円ほど、高い店だと6万円ほどする。掃除機にそんな金かけられるのか?というところでいつも行き詰るんだよな。


今日も午後の散歩の後に掃除機をかけながら、やっぱり高い掃除機は性能いいからこんなにごしごしやらなくてもきれいになるんだろうな~とか考えていたら突然バン!と音がして掃除機が止まった。ん?コンセントは隣の部屋で挿してあったのだが抜けてはいない。もしやと思ってコードを手繰り寄せてみると、途中で中のワイヤーが剥き出しになっていた。


うちの犬たちはどっちも掃除機をあまり怖がらない。今日も掃除機をかける私の周りをうろうろしていたのだが、ジャックはコードをかじった事はない。もしかしてカラ、あんたコードかじった?と訊いてみたところでカラはいつもすまなさそうな顔をしているのでわからない。でもその後しばらくはベッドで妙におとなしくしていたので、やっぱりコードをかじったか引っ掛けたかしてちょっとビリッと来たんだろうという結論に達した。その後は元気になってたし、ご飯もちゃんと食べたから大丈夫だろうけど。


という訳で掃除機は使い物にならなくなり、緊急に新しいのを買わねばならなくなった。ここ2、3日ずっとそ~じき~、そ~じき~、と言っていた私にレニーは「都合がいいねえ」と言うが、別に仕組んだわけじゃないですよ。そういえば年末辺りにも「そろそろ新しいデジカメが欲しいなあ」と言っていたらジャックにかじられて新しいのを買わざるを得なくなったんだっけ。それも別に仕組んだわけではなく。でも確かに都合はいいよな。まあとりあえずカラも無事だった事だし、グッジョブ!という事で。


 



カラ | 23:56:15 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ただいま。

よ~ろれ~い~ひ~。
行ってきますと言いませんでしたが実はちょこっとスイスに行ってました。


といっても遊びではなくお仕事で。滞在先はフランス語圏のレザン Leysin というまあそこそこメジャーなスキーリゾート。インターナショナルスクールやホテルスクールも多く、公文のインターナショナルスクールもある様子。ロゴ入りの車を見かけた。その中の一つである某ホテルスクールに滞在しておりました。この学校は私の母校でもあるんだけれど、レザンのキャンパスは1年半前にオープンしたばかりなので私は初訪問。私がいたキャンパスよりもずっとモダンで、お店が徒歩圏にあっていいなあと思った。私のいたところは1時間に一本しかない電車で30分かけて山を降りないと買い物が出来なかったのよね。郵便局は隣にあったけど。


イギリスも寒いと思っていたがさすがに標高1200m、まだまだ雪もたくさん残っておりました。夜はみんなで近所のバーに繰り出したりしていたのだけれど、道が凍っていて滑りそうになった。氷点下かよ。


無事に任務を完了し、フリーの最終日にスーパーでスイスのチーズやらサラミやらを買い込んで帰英。ずーっと上司と一緒という状態で結構気疲れした。おかげで帰英後2日目の今日もなんだか気分が冴えなくて、犬の散歩もレニーにお任せ状態。明日からはぜひとも復活したいと思っているのだけれど。



お仕事 | 23:53:35 | Trackbacks(0) | Comments(0)