■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

欧風と和風。

ホームページのほうでアルバムを1年4ヶ月ぶりに更新しました。見てね。


ホリデー3週目に突入。あと1週間で終わるのかー。いつまでもこうやってだらだらしてたいわあ。


レニーも仕事がまだ決まっていないので退屈らしくせっせとご飯を作ってくれる。彼はイタリア人の
(つまり食べることが人生で一番大切な)お母さんに強く影響されているし、本人もしばらく
イタリアでコックとして働いていたことがあるので料理するのは好きだし、結構手の込んだものも
ちゃちゃっと作ってくれる。ありがたいわあ。ただし彼の作るものは結構ヘビーな事が多い
(と言うか量が多い)ので、たまにあっさりした和食が恋しくなったら私の出番。
レニーも和食大好きなので文句は言わない。


そんなわけで今日は先週スーパーで見つけた南瓜を煮たものと揚げ出し豆腐を作った。
私が料理するときもいつもレニーが手伝ってくれる、と言うか最後には私が指示を出して
彼が全部やってくれることが多い(だって彼のほうが手際がいいし)のだが、その度に
欧風と和風の料理の概念の違いを実感させられる。


私が大阪出身で薄味に慣れているせいかも知れないけれど、和食は素材の味を生かすために
ちょこっと味付けをする、つまり味付けは材料の風味をサポートするためにすると私は解釈している。
間違っているかも知れないけど。それに反して欧風はスパイスやハーブやソースを重ね合うことで
うまくブレンドされた味を出す事に重きを置いているような。


たとえば今日の揚げ出し豆腐。私はいつも豆腐の水気を切ったら片栗粉、溶き卵、鰹節の順に
まぶして油で揚げ、つゆをかけて(大根が手に入れば大根おろしも)いただくのだが、
この結構シンプルな手順の中で出てきたレニーの質問は次のとおり。


「片栗粉に塩と胡椒混ぜる?」
「溶き卵にちょこっと醤油とか入れる?」
(つゆをかけた後で)「醤油かける?」
「チリソースとかは?」と。


まあチリソースはお好みで七味をかけてもいいとは思うけど、それ以外はまったく欧風料理の概念で、
それをそのまま和食に当てはめるとこんなにも(私の感覚では)うるさくなってしまう、
それほど和食ってシンプルなんだ、と実感する。私は和食に関しては結構保守的(めったに
食べられないのでチャンスがある時くらいは普通の和食が食べたい)だとは思うけれど、
レニーの発想には時々引いてしまう。少し前にありあわせでかやくご飯を作って残りを冷蔵庫に
入れておいたのだが、レニーが次の日に「あの残り今日のランチに食べたよ。
バルサミコ酢と醤油をかけて。うまかったー」と。えっかやくご飯にお酢ですか?しかもバルサミコ?
そして冷たいままで?と疑問だらけだが、そのさらに前にはかやくご飯の残りにカレーかけて
食べたって言ってたような気もする。それもおいしかったらしい。
まあ十人十色だし、おいしければいいんだけど日本でそれやらないでね、とつぶやく今日この頃。



食べ物 | 23:38:29 | Trackbacks(0) | Comments(0)
お散歩バッグ。

散歩に出る時は結構いろいろ持っていくものがある。ありますよね皆さん?
うちの場合は家の鍵、携帯、おもちゃ(ボールかフリスビー)x2、リード(公道を歩かないので
いらないんだけど念のため)x2、おやつ、そしてボールやフリスビーを投げる時に手がよだれと土で
どろどろぬるぬるにならないように手袋、天気がいい時はデジカメ、最近は暑いので犬用の水筒。
原っぱと林の中しか歩かないため糞の始末はしないのでビニール袋等はなし。
馬糞がごろ<ごろしているような所で犬の糞を拾ったってあまり意味ないしねえ。と言うわけで
糞の始末グッズはないものの結構な荷物である。


冬の間はアウトドア用(つまりポケットがたくさんある)の大きなジャケットを着ていたので
全部ポケットに押し込んで何とかなったのだが、夏は軽装なのでポケットに収まりきらない。
そんなわけでネットのペットショップで犬の散歩用のウエストポーチを買ったのだが、ポケットに
おやつを入れたまま玄関に置いて出かけたらカラ(ジャックはあまり食べ物に執着しないので
必然的にカラに容疑が集中)にポケット部分を食いちぎられた。
しょうがないのでバッグの専門店でそれなりにポケットのついた安いショルダーバッグを購入。
使わないときは玄関のコートハンガーにかけていたのだが、結構高いところに
吊ってあるし大丈夫だろうと油断していたらこのざま。


びりびり。
やっぱりおやつをポケットに入れっぱなしにしていたのがまずかったらしい。
コートハンガーにかかっていたはずなのにバッグは床に落ちていて、どうやって?と思ったら、


あっ!
コートハンガーのフックが折られていた。
ちなみにこれ、結構頑丈な金属製。
カラが力任せに引っ張ったらしい。すげー。


ある意味感心してしまうが感心したってバッグは戻ってこない。また買いに行くの?お金ないよ。
と言うわけでそろそろチャリティーショップに寄付しようと思っていた古いジーンズをリサイクルした。


完成。
完成品。
ファスナーや肩紐は全部破られたバッグから
縫い目をほどいてリサイクルしたので材料費ゼロ。
昔こんなバッグちょっと流行らなかったっけ?


サイズはほぼ私のお尻のサイズなので散歩グッズ全部入れても余裕余裕(苦笑)。
ジーンズなのでポケットがたくさんあって便利そうだ。見た目はいまいちだけどどうせ原っぱと林の中を
うろうろするだけの散歩なので人目につくこともほとんどないし、いいのよ。
とりあえず明日から使ってみよう。今度からは留守中はカラの手の届かない所に隠す事にします。



ジャック&カラ | 23:36:03 | Trackbacks(0) | Comments(0)
実家対策。

例年に無く夏らしい夏を迎え、半そで焼けが日に日にくっきりしてくる今日この頃。
今日は天気予報では午後から雨だったのだが、やー、たぶん降らんやろう、と思わせられる空の下
レニーの実家に行って来た。レニーのお母さんははイギリスに40年以上住んではいるが正統派の
イタリア人で、2週間ほど連絡を入れないと「何かあったの?」と心配して電話してきて、必ず
「今週末はご飯食べに来なさい」と約束させられる。行ったら行ったで食べきれない量を出されて
「もっと食べろ」攻撃にあうのだが、お腹いっぱいになったら頑として受け入れない事にしている。
「もういらない」と言うと、
「何で?これ嫌いなの?」
「ちょっとだけでも食べなさい」
「太る心配なんてしなくてもいいんだから」
とかなり強引だったのだが、一度本当に胃の調子が悪いときにお邪魔して食後に胃痙攣を起こしてから
あまりうるさく言わなくなった。自分のせいだと思ったらしい。そんな事は無いんですよ。


そんなわけでかなり手加減してくれるようにはなったものの、次から次へと
「ケーキ食べる?」
「フルーツは?」
「もういっぱいお茶入れようか?」
「チョコレートもあるよ」
「晩御飯も食べていけば?」
と矢継ぎ早にオファーされるとこっちもいちいち断るのに罪悪感を感じるので、彼女の気をそらすために
最近はもっぱらジャックとカラを連れて行く。彼女は犬のことは全くと言っていいほど知らないのだが
ジャックとカラを見てからは興味津々なので話題にも事欠かないし、こいつらがいれば
「暗くなる前に散歩に連れて行かないと」とか何とか言って長居しなくて済むという利点もあるのだ。


今日も作戦はまんまと成功し、昼過ぎに「雨が降り出す前にこいつらを散歩させないと」と言い放ち
山のように土産(食べ物がほとんど)を持たされつつ実家を後にしていつものダーリーパークに向かった。
この前はW杯のイングランド戦の日だったので当然のごとくがらがらだったが、今日も予想に反して
がらがら。おかげでボール投げ放題、走り放題。


走る!
ボールを追って走る走る。


前回泳いだのを覚えていたらしく、ジャックは嬉しげに土手を駆け下りては泳いでいたのだが、
一度えらい勢いでザブーンと音がした。それを聞いたカラが土手を駆け下りた直後にまたザブーンと。
あれ?カラは泳がないのに?と様子を見に行くと、急な斜面で勢いがついて止まれなかった上に
すぐ下の流れが結構深かったらしく、2匹とも前足は岸にかかるものの上がってこられない状態。
しょうがないので私が半分滑り落ちるように岸に下りて首輪をつかんで引っ張り上げた。
あーびっくりした。無鉄砲にもほどがあるよ君たち。



生活 | 23:31:49 | Trackbacks(0) | Comments(0)
再び泳ぎ放題。

昨日は朝早く起きてロンドンまで滞在ビザの延長の申請に行くはずだったのだが、途中の乗換駅で
待ち時間に書類を確認していたら必要なはずの給料明細を忘れてきたことに気付き、パニくりながらも
あらゆるオプションを検討した結果出直すことにした。バクストンに戻ってきたのが9時半。


実はレニーは6月いっぱいで仕事の契約が切れ現在職探し中なのだが、再びうちの大学で
めぼしい仕事があったので応募して昨日が面接日。面接時間が9時半だったので、私も駅から
そのまま大学に向かい面接終了後落ち合った。他のメンバーに手ごわい相手がいたらしく、
「ちょっと無理かもしれない」と。むむう。


結果は夕方までに電話で連絡との事なので、このまま一日家でぼーっとしていても
レニーは結果待ちでもやもやするだけだし、私も書類の不備でロンドンに行けなかったことで
もやもやしていたので、よっしゃどっか出かけるか!という事になり、ジャックとカラを連れて
先週に引き続き Rudyard Lake に行って来た。この辺には他にも貯水池や湖はたくさんあるんだけど、
犬を遊ばせられるスペースのあるところは少ないので、ここは貴重な遊び場なのだ。


リードから離すとご機嫌で駆け回り、水際に下りると迷わず水に飛び込むジャック。
(曇っていたので画像がちょっと暗いです。)



泳ぐ速度がどんどん速くなっているような。
カラは相変わらず泳げないので水辺で待機。


今回は湖畔を結構歩いたので最後には飼い主が疲れてきてベンチで休憩。朝早かったしさ。
そんな飼い主を横目に泳ぎ続けるジャック。こちらを確認しつつも結構遠くまで泳いだりしていた。
泳げないカラは岸辺でやきもきしている様子。





ジャック怒られております。


カラは群れ意識が強いのか、ジャックが散歩中に勝手にどっかに行ってしまうと
いつも呼び戻しに行くか、そうでなければジャックが戻ってきたときに喝を入れるのだ。
彼女は行動が非常におかんで面白い。

さてそろそろ帰ろうかと駐車場に向かっている時にレニーに連絡が入り、面接の結果は
今回はご縁が無かったと言うことで、との事。残念。と言うわけでレニーの職探しは続く。
最後に残念なニュースが入ったけれど、気晴らしはできたな。がんばれレニー。



生活 | 23:00:16 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ニンテンドー。

ちょっと前にレニーの姪っ子(19歳)が泊りがけで遊びに来たのだが、彼女がニンテンドーDSを
持ってきていて、ちょこっとスーパーマリオを遊ばせてもらって以来レニーの購買意欲が高まった。
ちょうどいいタイミングでDS Lite が出たばかり(こっちでは6月23日発売)で、買い物のたびに
ふらーっと立ち寄るゲームショップの店員さんたちも熱心に売り込んでくる。
おかげでますます高まるレニーの購買意欲。おっそう言えばだいぶ前にもらったトイザラスの
ギフト券があるじゃない!というわけで昨日いそいそとトイザラスに出かけてご購入。


あいにくマリオは売り切れだったのだがセットで付いてきた'Dr, Kawashima's Brain Training -
How Old Is Your Brain?
' なるソフトと、私の希望でニンテンドッグのダルメシアンバージョンと、
レニーは自分用にカーレースのソフトをお買い上げ。ドクターカワシマのゲームは最近テレビの
コマーシャルでよく見るのだが、なぜにカワシマ?と思っていたら日本にも同じソフトがあるのね。
英語版に劣らず長い名前で。


帰宅してまずニンテンドッグのセッティングを済ませ、ゴールデンレトリーバーのメスの子犬に
キティと名前をつけた。レニーに変な顔をされたが、いいじゃない別に。実際昔うちの従姉が飼っていた
ゴールデンレトリーバーの名前がキティだったのだ。とりあえずお座りだけ教えてすぐに
ドクターカワシマの脳のトレーニングにチャレンジ。脳年齢を測るためにいろんなテストをするのだが、
何しろ全部英語なのでハンデがあるよね。おかげで私の脳年齢は50歳代と診断された。
でも2桁までの暗算だけでテストすると21歳と出る。ほら、本当は若いのよ私の脳。
ちなみにレニーは英語はノーハンデにもかかわらず脳年齢は50代。かなりショックを受けていた。
がんばりたまへ。


ニンテンドッグのキティのほうは私の年齢のせいかすでに生身の犬が二匹いるせいか、
昼間はほとんどかまっていない状態。このままだと行儀の悪い犬に育ちそうだ。
所詮はゲームなんだけど、動きが結構リアルだったりして妙な義務感を感じてしまう。
生身の犬ならテレビ見たり用事を片付けながらでも遊んでやれるけど、キティはゲームなので
それなりに集中しないといけないのよね。今はホリデーだから時間があるけど、
仕事が忙しくなったらたぶんほったらかしだな。代わりにレニーに世話してもらおう。



生活 | 23:52:15 | Trackbacks(0) | Comments(0)
お風呂。

我が家ではジャックとカラはだいたい2週間に1度のペースでシャンプーしている。
冬は雨とか雪が多いので泥だらけになる確立も高く、必然的にきっちり二週に一度
シャンプーしていたが最近は原っぱの小川もすっかり干上がって、濡れることもなくなったので
ずっと放ってあった。が先日の水泳大会で淡水の臭いが着いてしまったので昨日シャンプー決行。


うちに来た時はジャックはシャンプーに慣れていなくて、つい最近まではジャックのために
風呂の用意を始めるだけで逃げ回っていた(シャンプーの匂いでわかるらしい)のだが
ここ2ヶ月ほどで突然態度が変わり、今は押さえつけなくても逃げることも無く余裕の表情。
何が起こったの?


風呂あがり。
こうやってタオルドライが終わるまでおとなしくしている。ちなみに目線の先には
ご機嫌取りのおやつが並んでいる。ジャックのシャンプー中はカラは見学。


 


それくれるの?!
シャンプーが済むと恒例の豚の耳。
このときにしかもらえない貴重なおやつなので、すごく嬉しそう。
こういう時って目の大きさが変わるよね。
もしかしてこれのおかげでシャンプー嫌いじゃなくなったのか?


 


いやですう~。
ジャックが終われば次はカラの番。
ジャックとは逆で、うちに来た直後はおとなしくしていたくせに
最近抵抗するようになった。バスタブの縁で踏ん張っております。
しょうがないのでレニーが抱き上げてバスタブに入れる。


 


私にもください。
カラの毛は短いのでシャンプーもすぐに済む。
ジャックと同じく豚の耳進呈。


カラは毛が短いからドライヤーは要らないし、ジャックは機械類が苦手でドライヤーは無理。
なので夏でも冬でも自然乾燥。この後飼い主はひたすら後始末に励むのだ。
毛を拾って、びしゃびしゃになった床拭いて、びしゃびしゃになった服を着替え、
犬用のタオルやらマットやらを洗濯してと忙しい。結構体力が要るのよね。疲れたわあ。



生活 | 23:44:47 | Trackbacks(0) | Comments(0)
泳ぎ放題。

本当は5月末が締め切り、自分としては先週末までには終わらせたかった一件がようやく
火曜の夜中3時にひとまず終了。2日遅れでホリデーが始まった。ずっと頭脳労働が続いていたので
水曜の朝は体は疲れているんだけれど頭が冴えて眠れないので、「暑いから(ここんとこイギリスは
記録的な暑さで、連日30度を超えているのだ。日本に比べれば湿度は低いから何とかなるものの
やっぱりきつい)ジャックとカラを泳がせよう!」と言い張り、ここから車で30分ほどのところにある
Rudyard Lake という貯水池に行ってきた。


マイナーな湖なので子供がグループでカヌー教室をやっていたり年寄りがのんびりしている他は
至って静か。ジャックはさっさと水際に降りて水に飛び込んだ。というわけでウォーターコング登場。


やる気まんまん。
カラやる気まんまん。ジャックはいつもちょっと先で待ち受ける。
結構要領いいのよね。


 


飛び込むのはジャック。
コングを投げると水に飛び込むのはジャックの仕事。
カラは泳ぎは苦手なので足の着かないところには行かない。


 


カラは水際で待ち構える。
カラは水際でじっと待ち構えて・・・


 


ごくろうさんっ!
ジャックが戻ってきたらあっさりと奪い取る。
そんなんありかいとは思ったけど
ジャックも意外にあっさりあきらめる。


 


そしてカラが得意気にコングを持ってきて、投げて、ジャックが飛び込み、カラが水際で奪い、
というリレーがしばらく続いた。途中でカラも泳がざるを得ない状態になり初泳ぎ。どぼんどぼんと
もがいているという方がぴったり来るような状態だったけど一応前には進んでいた。よくがんばりました。
休憩を挟んで夕方までこんな事をやっていたので帰る頃には2匹とも結構お疲れ。
夜は爆睡していた。そんな2匹の寝顔を見て、さあ私も寝ようかな、それにしても2匹とも
毛がきれいになったねえと思った瞬間とっても微妙な川の臭いが鼻についたので
今日はお風呂に入れられましたとさ。



ジャック&カラ | 23:34:50 | Trackbacks(0) | Comments(0)
間抜け顔。

本当なら今日の時点でわーいこれから3週間お休みだよ!と浮かれているはずなのだが、
どうしてもホリデー前に終わらせたかった用件が終わらなかったのでちょっとげんなり。
週末がんばって、何とか月曜には自由の身になろうと目論んでいるのだが、さてどうでしょう。
またレニーにすねられるなあ。


話は変わって、ジャックは階段の上り口がお気に入りのスポット。ここだと1階と2階の両方の様子が
つかみやすいんだろうと勝手に思っている。最近はみんなが1階のリビングにいてもここで一人で
まったりしていたりする。大人になったの?それともカラに親分風を吹かれていじけてるのか?


まったり。
ちょっといじけてる?と思えないこともないけれども。


 


気持ちよさそう。
でも正面から見るとうとうとしてて気持ちよさそう。半目だけど。


 


ぶさいくー。
でも下から見るとかなり不細工で
いつも笑わせて頂いている。


 


ジャックの間抜け顔。
ボール咥えたままだとさらに間抜け顔。
隣のカラの脱力感がなんとも。



お仕事 | 23:42:05 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ツボ。

来週から3週間のホリデー。どこも行かないけど。そしてその前にどうしても仕上げておきたい
お仕事が一件あり、ずっとがんばってはいるのだけれどなかなか進まない。
そんなわけで今日は一日家にこもって地味に仕事をしていた。日中あまりはかどらなかったので
夕食後も引き続きちまちまやっていたのだが、ちょっと小腹が空いたのでポップコーンを作った。


最近ポップコーンって食べてなかったけど、先日私が留守にしている間にレニーが食べたらしく、
「カラはポップコーン大好きらしい」とは聞いていたが、案の定作っている最中から側を離れない。
別に飛びつくわけでもくんくん言うわけでもなく、ただそこに座ってじーっと見つめるのだ。
無言のプレッシャーをひしひしと感じながら仕事部屋に戻ってお仕事再開。


ほしい。


カラは私の椅子の肘掛にあごを乗せ、ひたすら私を見つめている。カラの瞳って茶色が濃いせいか、
いつも潤んで見えるのよね。いっそ騒いでくれたら叱ることもできるのに、ひたすら行儀よく辛抱強く、
潤んだ瞳で私を見つめる(どっちかといえば見つめているのは私の口に入るポップコーンなのだけれど)。


結局プレッシャーに負けて2、3個あげてしまった私。人間の食べ物は極力与えたくないのだが、
今日ばっかりは勝てなかった。カラも最近「おねがい♪」のツボがわかってきた模様。
負けちゃいけないんだけど、カラのこんな顔には弱い。飼い主完全に負けてるよな。



カラ | 23:31:20 | Trackbacks(0) | Comments(0)
序列争いのその後。

ジャックが我が家に来てからもうすぐ9ヶ月、カラがやって来てからは4ヶ月。
カラはもともと肝の据わった性格らしくジャックがそばにいてもいなくても変わりはなかった
(後から来たということもあるかもしれない)が、ジャックは取っ組み合いをして遊ぶことはあっても、
ソファでまったりしている時にカラが近くに来ると慌てて飛びのいたりしていた。へたれですから。


が、ここ2週間ほどの間にそんな関係に変化の兆しが。ジャックがカラの存在にびびらなくなったのだ。
つい先日もふと気がつくと


仲良しなのか?
ジャックがカラにぴったりと寄り添ってヘソ天。
今までではありえなかった事である。
まあなんて平和な構図なんでしょう、と思ってしばらく見ていたら、


カラ明らかに迷惑そう。
ジャックががうがうやりだした。カラは明らかに迷惑している。


ジャックやられました。
カラはうっとおしそうにしながらも売られたけんかは買う主義なので、
結局いつものようにジャックが組み敷かれてお終い。
ジャックの顔、ホラー映画みたい。


ジャックは何度負けても挑み続け、延々1時間くらいばたばたやっている時もある。
全体的に見るとやっぱりカラが上位に立っている様子なんだけど、ジャックも負けずに
おもむろにマウンティングしてみたりカラの前足に噛み付いたり(優位を主張する行為らしい)していて、
カラは応戦はするもののそんなに攻撃的ではないのよね。
この二匹の関係はいまだに微妙な状態を保っている模様。案外このままずっとはっきりしないのかも。
まあ飼い主の立場としては、仲良く遊んでくれていればそれでいいのだけれど。



ジャック&カラ | 23:03:31 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ただいま。

月曜から2泊3日で、ポークパイで有名な Melton Mowbray(このサイトは日本語のはずなのに
全部英語ってどうよ)という街の近くにある Stapleford Park Hotelという素敵なホテルに滞在。
大学の Staff development、まあ要はスタッフもがんばって勉強しなさい、という制度の一環として
「じゃあちょっと現場を見てきます」と言い放ち、大学の経費でホテル満喫してまいりました。


本当は各部署のマネージャーに半日ほどついて回って現場の様子を勉強するという予定だったのだが
あちらの都合でホテル内の見学と人事部長とお話しするだけになってしまった。
まあいろいろやる事が用意されているホテルなので退屈はしなかったけども。
部屋も快適、ご飯は絶品、サービスもかなりよかったし。一人っきりというのがちょっとネックだったけど
一人旅はわりと平気だし、最近仕事関係で一人であちこち行くことが多いのでもう慣れた。


また詳しい話はホームページのほうにでもまとめようと目論んでいるけれど、さあいつになるのでしょう。
写真はいっぱいあるのよ。とりあえずお部屋の一部を公開。


ちらり。
素敵なお部屋でした。
後で知ったけどこの部屋のタリフ(正規料金)は350ポンド也。約7万円。
私はその半額くらいで泊まってたけど、どっちにしても自腹では泊まれません。



お仕事 | 23:43:12 | Trackbacks(0) | Comments(0)
草むしり。

予想通り暑かった今日は炎天下で汗をだらだらかきながら前庭の雑草抜き。
除草剤をまくだけにしようかと思ったのだがずっと草ぼうぼうだったお隣さんの庭がいつの間にやら
きれいになっていたのでその気になった(いや、ライバル意識とかではなくなんとなく)。
レニーは最近いろいろあってお疲れで昼寝中だったので、ジャックとカラをお供に
ご近所さんが大音響でかけているクイーンの音楽を聴きながら一人で黙々と草抜き。
引っ張るだけじゃ根が残るので掘り返していたのだが、なかなかしぶとかった。
そのうちレニーが起きてきて、私も疲れたので今日はこの辺にしといたろかと家に入った途端
曇り空。あんなに暑かったのに。


風も出てきていかにも降りそうな空の下散歩に出たらやっぱり雷が鳴り出した。
いつものごとくノーリードだったので、ジャックとカラが雷におびえてパニックに陥ったらどうしようと
一瞬心配したが2匹ともまるで耳に入っていない様子で、しきりにフリスビー投げろーと催促。
ジャックは打ち上げ花火はだめなんだけど雷は大丈夫なのね。カラは花火どうかなあ。
11月のガイ・フォークス・デイが近づくと判明する予定。


明日から水曜まで留守にします。お仕事の一環として素敵なホテルに2泊の予定。うふふ。
これから荷造りします。


茂りすぎ?
一月ほど前に植えたは順調に育っております。
堆肥しか入ってないからなあこの鉢。
育ちすぎという意見もあり。



| 23:28:46 | Trackbacks(0) | Comments(0)
似てるの?
7月ですねえ。
今日は本格的に暑い。今日はたぶん20度台後半で、明日は30度とな。来週ずっとこんな感じとか。
クーラーはおろかまともな扇風機さえない生活ではこの暑さはちょっときついねえ。
まあ夜は20度以下まで下がるから寝苦しいということはないんだけれど。


そんな暑さの中ワールドカップイングランド戦には無関心の私たちは
ジャックとカラを連れてダービーのレニーの実家にお出かけ。
帰りにダーリーパークという大きな公園で散歩させた。
この公園は週末ともなれば家族連れや犬の散歩の人たちで結構賑わうのだが、
今日に限ってはほとんど人がいない。みんな家かパブでサッカー観てるらしい。
途中ですれ違ったマルチーズ3匹を散歩させていたおばちゃんも
「今日は空いてて快適だわー」とご機嫌で言っていた。


公園の脇にはそれなりの川が流れていて、ジャックは迷わず飛び込む。
小枝を投げるとジャックはすいすい泳いで取ってくるが、カラは一度だけ試してみて
後は岸辺でジャックが戻ってくるのを待ち構え、上がってきた途端追い回す作戦に出た。
それなりに泳いでたんだけどなあ。カラはリスクは負わない主義らしく、何をするにも慎重派。





カメラ持って行くの忘れたので携帯で撮影。
いまいち画質がよくないねえやっぱり。次は忘れないようにしよう。


この公園は昔住んでいたフラットのすぐそばなので昔のご近所さんのオリバー家に挨拶に行ったら、
オリバー夫人がいつもの調子で「ジャック君、Middy先生にそっくりですねえ~」と。そうなの?
確かに犬は飼い主に似るとは言うけれども。


似てるの?
こんな顔してるらしいですよ私。


私信:オリバー夫人、お豆腐とこんにゃくありがとうございました。



生活 | 23:37:15 | Trackbacks(0) | Comments(0)
欧風と和風。

ホームページのほうでアルバムを1年4ヶ月ぶりに更新しました。見てね。


ホリデー3週目に突入。あと1週間で終わるのかー。いつまでもこうやってだらだらしてたいわあ。


レニーも仕事がまだ決まっていないので退屈らしくせっせとご飯を作ってくれる。彼はイタリア人の
(つまり食べることが人生で一番大切な)お母さんに強く影響されているし、本人もしばらく
イタリアでコックとして働いていたことがあるので料理するのは好きだし、結構手の込んだものも
ちゃちゃっと作ってくれる。ありがたいわあ。ただし彼の作るものは結構ヘビーな事が多い
(と言うか量が多い)ので、たまにあっさりした和食が恋しくなったら私の出番。
レニーも和食大好きなので文句は言わない。


そんなわけで今日は先週スーパーで見つけた南瓜を煮たものと揚げ出し豆腐を作った。
私が料理するときもいつもレニーが手伝ってくれる、と言うか最後には私が指示を出して
彼が全部やってくれることが多い(だって彼のほうが手際がいいし)のだが、その度に
欧風と和風の料理の概念の違いを実感させられる。


私が大阪出身で薄味に慣れているせいかも知れないけれど、和食は素材の味を生かすために
ちょこっと味付けをする、つまり味付けは材料の風味をサポートするためにすると私は解釈している。
間違っているかも知れないけど。それに反して欧風はスパイスやハーブやソースを重ね合うことで
うまくブレンドされた味を出す事に重きを置いているような。


たとえば今日の揚げ出し豆腐。私はいつも豆腐の水気を切ったら片栗粉、溶き卵、鰹節の順に
まぶして油で揚げ、つゆをかけて(大根が手に入れば大根おろしも)いただくのだが、
この結構シンプルな手順の中で出てきたレニーの質問は次のとおり。


「片栗粉に塩と胡椒混ぜる?」
「溶き卵にちょこっと醤油とか入れる?」
(つゆをかけた後で)「醤油かける?」
「チリソースとかは?」と。


まあチリソースはお好みで七味をかけてもいいとは思うけど、それ以外はまったく欧風料理の概念で、
それをそのまま和食に当てはめるとこんなにも(私の感覚では)うるさくなってしまう、
それほど和食ってシンプルなんだ、と実感する。私は和食に関しては結構保守的(めったに
食べられないのでチャンスがある時くらいは普通の和食が食べたい)だとは思うけれど、
レニーの発想には時々引いてしまう。少し前にありあわせでかやくご飯を作って残りを冷蔵庫に
入れておいたのだが、レニーが次の日に「あの残り今日のランチに食べたよ。
バルサミコ酢と醤油をかけて。うまかったー」と。えっかやくご飯にお酢ですか?しかもバルサミコ?
そして冷たいままで?と疑問だらけだが、そのさらに前にはかやくご飯の残りにカレーかけて
食べたって言ってたような気もする。それもおいしかったらしい。
まあ十人十色だし、おいしければいいんだけど日本でそれやらないでね、とつぶやく今日この頃。



食べ物 | 23:36:39 | Trackbacks(0) | Comments(0)