■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

暴れん坊再び。

今日は久々に一日中雨が降り続いた。夏は終わったなあ。ついでに私の夏休みも
今日でおしまい。明日から新年度なので新学期の準備に追われる日が続く。
前年度の仕事もまだきっちり片付いてないんだけどさ。


昨日は朝からノッティンガムにお出かけ。ちょこちょこっと買い物をして、お昼を食べて
後はぶらぶらして、夕方5時ごろ帰宅。ジャックとカラは留守番にはそれなりに慣れているものの
ちょっと隙を見せると悪さをするので、出かけるときはキッチンのゴミ箱はいつも閉めている
ドアの向こうに移動し、バスルームのゴミ箱はバスタブの中へ、そして仕事部屋のドアは
きっちり閉めて悪さ防止。そしておやつをきっちり詰めてなかなか出てこないようにしたコングを
与えて出かける。リビングとベッドルームは自由に出入りできるが今までたいした被害は受けていない。


だいたい何かしでかした日は私たちが帰宅すると妙に愛想がいいんだ。昨日もえらい
熱烈歓迎だったのだが、リビングもキッチンも荒らされていないし、まあ久しぶりに長時間
家を空けたからだろうと思ったのだが、階段を上った時点で「あーっ!」と声を上げた私。


あっカーテンが!
階段上がり口のカーテンが取り外されております。


これは実は2回目。いつもこの窓からカラが外を見張っているのだが、たぶん郵便配達の
おっちゃんか誰かに大興奮して引きおろしたのだと思われる。フックはプラスチックで意外と
簡単に折れてしまうのだ。ちなみに床の様子はちょっとお見せできません。バスルームの
ゴミ箱はバスタブの中に移しておいたのに、どうやったのか中身が床一面に散乱。
トイレットペーパーの芯とかは細かくちぎられていた。おそらくかなり時間が経っているし、
ここで怒ってもしょうがないので、あーあ、またやられたなあと苦笑いしながらベッドルームに入ると、


えっここも?!
こちらもカーテンが一枚引き下ろされておりました。


このカーテンはフックではなく、このループが直接縫い付けられているタイプ。引きちぎるには
かなりの力が必要だと思われる。少なくとも反対側は無傷だなあと思いつつ見上げると、


まじですか・・・。
カーテンポールが外されていた。
マジですか。


ちなみに最近買ったばかりのベッドカバーも床に引きずりおろされ、大きな穴が開いていた。
あーあーあー、と言いつつも私はのんびり構えていたがレニーはすっかりお冠。彼は時間が
経ってから怒ってもしょうがないのはわかっていても、こういう時は「お前らこっち来い!」と
呼び寄せてひとしきり説教したくなるらしい。でも怒っている雰囲気がありありと伝わるので
ジャックもカラもレニーには近寄らない。私にぴったりとくっついて、お座りの姿勢で
もじもじしながらひたすらレニーに尻尾を振り続ける。その姿に結局レニーの頬も緩んで
しまうというわけ。こいつらツボを心得てるねえ。


階段のカーテンはスペアのフックがあるのでその場で戻し、ベッドルームはカーテン一枚だけで
一晩過ごし(外は原っぱなので夜は人通り皆無)、今日になって私がカーテンを繕って
レニーがカーテンポールを取り付け直した。それにしても今回は派手にやってくれたなあ。
出かける前にカラと遊んで興奮させてしまったのがまずかったのかも知れない。気をつけなくては。



| 23:31:26 | Trackbacks(0) | Comments(0)
とうもろこし。

去年のクリスマスプレゼントにジャックにあげた Humunga Tongue がここ1ヶ月ほど見当たらない。
カラが来て以来地道にかじられて、もとの半分ほどの長さにはなっていたのだが、犬達しか
触らないし、そうそう簡単に見失うような大きさでもないはずなんだけど。まさかあんた達
食べてないよねえ?とにかくいくら探しても出てこないので新しいおもちゃを
2週間ほど前に買ってあげた。


壊れないらしいです。
名前はなんと言うのか忘れたが、
'Virtually indestractible'
とパッケージに書いてあった。


直訳すると「ほとんど破壊不可能」。「ほとんど」ってとこがちょっと弱気だねえ。でもそれなりに
丈夫そうだし、いぼいぼがついてて歯にもよさそうだと思ってご購入。7ポンドちょいだったと思う。
家に帰って袋から出したら二匹とも大興奮。新しいおもちゃはわかるんだよななぜか。
早速取り合いを始め、5分後には中に入っていた鈴をつぶしたようなものが出てきた。


それ以来どちらかと言うとジャックのほうがお気に入りのようだが、彼の目的はこれをカラに
見せびらかして挑発し、引っ張り合って遊ぶことらしい。よくふがふが言いながらカラの
口元に押し付けている。売られたケンカは必ず買うカラなので毎日きっちり朝食後に一回、
そして昼過ぎにもう一度バトルを繰り広げている。


取りあって~。
リビングだろうが寝室のベッドの上だろうがお構いなし。


まだまだ取りあって~。
たまにこうやってほっぺをぴったりくっつけたり。
二匹ともしっかりカメラ目線でアピール(何を?)。


こうやって二匹が取りあって遊ぶたびにいぼいぼがどんどん取れて、ちょっと掃除をサボると
あちこちに散らばっている。本体のほうは今でも無事だが購入後2週間でこの状態。


壊れないらしい・・・です。
引っ張り合う時に歯のあたる部分だけいぼいぼが取れて、
食べかけのとうもろこしみたいになっている。
きっとそのうち全部取れるんだろう。「ほとんど」の意味はここにあったのか。


 



ジャック&カラ | 23:01:53 | Trackbacks(0) | Comments(0)
マナー。

タクシー運転手と乗客の会話。


タクシー運転手。
「やー今日はいい天気ですねお客さん。
私なんて毛が黒いんで暑さも人(?)一倍ですよ。」


タクシーの客。
「毛が黒い方ってお天気のいい日は大変でしょうねえ。
あ、そこ右にお願いします。」


てな会話も出そうなほど今日のダービーはいい天気でした。バクストンは雨だったのに。
そして今も大雨が降っているのに。そんな好天の下いつものごとくレニーの実家でお昼をご馳走になり、
いつものごとく帰り道のダーリーパークで散歩。公園の近くに住むオリバー一家が偶然にも
外で遊んでいたのでしばらく立ち話をして、ついでにオリバー夫人手作りのお味噌まで
頂きました。ありがとうございました。


ダーリーパークでは最近オフリードの犬が子供を追い掛け回して飛び掛っても笑って見ている
飼い主が時々いるらしく、オリバー家の子供達も被害者。飛び掛られて派手に転んだらしい。
おかげでジャックとカラにも怖くて近寄れないのよね。そういう飼い主本人達はたぶん
「あらあらうちの子が子供と遊んでるわ♪」って感じなんだろうけど、飛び掛られた方はたまらんよな。
というわけで「あそこはマナーの悪い飼い主が時々いるから気をつけてくださいねえ~」
というオリバー夫人のアドバイスを受けたが、そういう人には会わなかった。って言うか
カラが最近他の犬に攻撃的なので他のオフリードの犬が近づいてきたらすぐにリードに
つないでいたので他の犬や飼い主のマナーを伺うチャンスが無かったのよね。
カラの注意を他の犬に向けまいと必死でボール投げてたし。


そんな事情でかなり走り回らされていたジャックとカラ。でもダーリーパークには川があるので
ジャックは走り回って暑くなったら一泳ぎしてクールダウンしていた。が、あるポイントで
川岸の茂みに入って行ったのでまた泳ぎに行ったな、と思ったらばちゃばちゃと音がして
すぐに戻ってきた。えっなんか足の白い部分が真っ黒になってるんですけど。どうやら油っぽい。
何でこんなところで?と思いつつもとりあえず水のきれいなポイントに誘導してしばらく泳がせたら
汚れは落ちた。でもまたなんとなく毛並みが油っぽいのでやっぱり帰ったらシャンプーだなあと
思っていたけれど、毛が乾いたら結構すっきりしていたし臭くもないので延期。
犬たちも疲れているが飼い主はもっと疲れているのだよ。今夜は犬も飼い主も熟睡だな。



ジャック&カラ | 23:18:28 | Trackbacks(0) | Comments(0)
丘の上のテンプル。

ここんとこずっと雨が降ったり止んだりして寒い日が続いていたのだが、今日は突然
何の前触れもなしに快晴。天気予報で雨って言ってなかったっけ?という疑問は置いといて、
仕事に行ってもまだみんなホリデー中で私がオフィスにいようがいまいが関係ない状態なので
今日は早めに切り上げて近所のSolomon's Temple という所に散歩に行ってきた。


うちから車で5分位のところに駐車場があり、そこから林の中をひたすら上っていくと突然視界が開け、
丘のてっぺんにぽつんとそびえたつこの建物。


Solomon's Temple
ソロモンズ・テンプル。
テンプルって言うけど、実際は高さ6mほどで
中は空っぽのしょぼい塔。てっぺんには上れるけどね。


ちょっと調べてみたらこの塔は1890年代にソロモンさんという人の設計で建てられたとか。
建てた理由というのが「地元の無職の人たちに仕事を与えるために募金して建てた」と。
いかにもイギリスらしい話ではある。そんなよくわからない所以のある塔だが、眺めがいいので
地元の人はよく散歩に来るらしい。「犬飼ってる」と言うと「ソロモンズテンプルとか散歩にいいよねー、
行ったことある?」とよく言われる。うちの場合裏の原っぱも犬の散歩には最適の場所なので
別にここまで来なくても、という気がしないでもないが、やっぱり気分が変わっていい感じ。


どこに行ってもやるこた同じ~。
どこに行ってもやる事は同じなんだけどさ(ボール投げ)。
でも眺めは確かに良い。


この後さてそろそろ帰るか、とボールを取り上げたとたんカラが近くで草を食んでいた牛に突撃。
足元でワンワン吠えられてびびった牛に体当たりされかけて戻ってきた。お願いだからそういう事は
や ー め ー て ー く ー れ ー。


単に疲れてるだけ。
そんなカラを尻目に、のんびりジャックはお花をバックにおすましポーズ。


ではなく、単に疲れてへたり込んでいるだけなのですが。やっぱり黒いと晴れの日は暑いのかねえ。
最高気温は20度くらいなんだけどな。


さてこの晴天、いつまで続くのでしょう。明日大雨でもびっくりしないから。



生活 | 23:45:30 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ビザ。

なんだかぼーっとしていてしばらくブログをサボっていたけれど、ぼーっとしつつも
やらねばならない事はぼちぼちやっている。そりゃそうだ社会人なんだから。というわけで先週は
近郊のクロイドンにあるホームオフィス(英国内務省)にビザの延長に行って参りました。


私のビザは Further Leave to Remain (IED) という、ワークパーミットを持っている人のビザ。
この仕事に就いた時は1年分しかワークパーミットが下りなかった(たぶん試用期間が1年のため)
の時はFLRの申請は必要なかった。2年前に大学がワークパーミットの延長許可を無事に取ってくれて、
ルールが変わって雇用者がワークパーミット、それが下りたら本人がビザを申請しなくては
なったと知らされた。この時は郵送で申請したのだが、パスポートと書類を送ったのが8月末
貼り付けたパスポートが戻ってきたのが12月半ば。パスポートなくされたと思ったよ。


今年は年末に日本に里帰りするのでパスポートが戻ってこないと非常に困る。という訳で
プレミアムサービスを利用することにした。自分でホームオフィスに出向いて申請すると
何も問題が無ければ当日発行なのだ。事前に電話でアポを取って、早朝の電車でいざクロイドンへ。
途中乗り換え2回、約4時間かかってクロイドンに到着。


都会だー。
おー、都会だー。


ひっそりした街を想像していたのだが、大きなショッピングセンターが二つもあってかなり大きな
街だった。早めに着いたのでショッピングセンターで時間をつぶし、時間きっちりに入り口へ向かう。
手荷物検査を受けてまず列に並び、順番が来たら指定されたカウンターに行って書類を提出。
チェックして返してくれた書類を持って2階に行きお金を払い、そこから3階に上って番号を
呼ばれるのを待つ。呼ばれたらまた指定の窓口に行って書類を再び提出、係の人がチェックして、
「じゃあ一年分のビザを出すから1時間半後に戻ってきて」と。結局1時半のアポでビザを貼り付けた
パスポートが戻ってきたのが4時過ぎ。思ったよりスムースだった。って言うかスムースに
行ってくれないとプレミアムサービスの意味が無い。ちなみにいくら払ったと思います皆さん?


正解は500ポンド。約10万円ですよ10万円。ワークパーミットが1年しか下りなかった時点でビザも
1年分とわかっていたので、たった1年分のビザにこの値段はなあ、とかなり悩んだのだけれど、
クリスマスまでにパスポートが戻ってこなければせっかく買ったフライトチケットが無駄になるどころか
年末年始が台無しになるので、背に腹は代えられなかった。ちなみに郵送で申請しても335ポンド。
2年前はもうちょっと安かったのに、英国内務省も悪徳商人ばりの今日この頃。値段を吊り上げて
申請を諦めさせようとしてるのか?まあそれでもビルの中はきれいだったし、人数を制限している
おかげで混み合うことも無く快適だったし、ビザもすんなり下りたのでよしとしよう。


500ポンドの一部だけでもいいから大学がもってくれないかなあと淡い期待を抱いてみたのだが
「こっちはワークパーミットの費用払ってるからそこまではできません」とつれない返事を頂いたので
全額自己負担。ただ電車代(これまたびっくりの246ポンド)は出してくれた。


もうひとつ痛いのが、以前はワークパーミットで4年働けば永住権の申請ができたのに今年の4月から
5年になった。ってことは来年もう一度335ポンドなり500ポンドなり払ってビザを延長して、
再来年に永住権。婚約中なので籍を入れてしまえばワークパーミットの心配は要らなくなるんだけど、
また配偶者ビザの申請でお金がかかる。私はワークパーミットが下りているだけラッキーなのだが、
それでも外国人としての生活は楽じゃないなあと思う今日この頃。財布が泣いてるよ。



生活 | 23:00:20 | Trackbacks(0) | Comments(0)
木苺狩り。

寒いっすよイギリス。今日の最高気温は19度、でも風がきつくて体感温度はそれより低め。
さっきチラッとバクストンの現在の気温を調べたら11時過ぎで11.8度だって。パジャマの上から
カーデガンを羽織ればヒーター無しでも何とかなるかな、という感じ。もうここまでくると
日本の皆様に申し訳ないというよりは暑い夏を迎えていらっしゃる皆さんがうらやましい。
暑さには強いのよ私。


というわけでもう夏は終わったのかなあという雰囲気なのだけれど、最近いつもの散歩ルートの
林の中ででちらほらと赤いものを目にするようになった。


ぽつぽつと赤いものが・・・。


 


お?と近くで見てみると、
ラズベリー。
ラズベリーでした。


そういえば以前にこの林の中でお互い犬の散歩中に出会ってちょっと話をしたおばあさんが
「ここら辺にはラズベリーがいっぱいあるのよ」って言ってたなあとか思いながら
ひとつふたつ摘んでジャックとカラにあげてみたら、これがカラのツボにはまったらしい。
2、3日でどこにラズベリーがあるのかを覚えて、自分で摘んで食べようとするようになった。


きいちご狩り?
枝が細くてわさわさ動くのでなかなかうまくいかないみたいだけど。
ジャックはあげれば食べるけどそんなに興味は無いらしく、
そこら辺の茂みの探検に忙しい。


ジャック種まみれ。
おかげで最近は毎日種まみれ。


家に戻るまでに半分くらいは落ちるのだが、それでもブラシに種がぎっしり詰まる。
結構簡単に落ちるけど、毎日のブラッシングは面倒くさいからやめてほしいなあ。



カラ | 23:50:49 | Trackbacks(0) | Comments(0)
攻防戦。

月曜から仕事に出ているのだが何せまだみんなホリデー中で出勤したところでだーれもいない。
あんまりオフィスにいる意味も無いので今日は家で仕事したよ。


私が机に向かっているとジャックとカラは私の周りで取っ組み合って遊んでいるか、でなければ
そこら辺で寝ていたりするのだが昼の2時ごろになるとジャックが外に出たがってそわそわし始める。
こういう時は牛皮を(節約のために一枚を半分に切って)与えて気を紛らわせたりするのだが、
ちょっと目を離すとカラがジャックのを横取りしたりする(私の前ではやらない)。そんな感じで
いつもいじめられているジャックだが今日は隙を見てカラの牛皮をくすねるという勇気ある行動に出た。
カラは隙をうかがっているのか至近距離で見つめるだけ。無言のプレッシャーをかけるが
ジャックも結構頑張った。頑張ったけど。
詳しくは動画でどうぞ↓。ちなみに唸り声はすべてジャックのもの。カラはひたすら無言。





やっぱりちょっとへたれだったな。



ジャック&カラ | 23:28:47 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ホリデー終了。

本日で3週間のホリデーも終了。明日から仕事だよー行きたくないよーもっとだらだらしてたいよー。
でも8月の末にまた1週間休みを取っているのだ。ふふふ。


ホリデー最後の週末はレニーの姪っ子(19歳)が新しい彼氏と一緒に泊まりに来ていた。
彼女は一ヶ月ほど前にも泊まりに来ていたのだが、その時は「マイキー(彼氏)とうまくいってない」
という相談がらみだった。ちょっと落ち込んでいたので気晴らしになれば、といろんなところに
連れて行ったりしたのだが、それで気をよくしたのかその後
「二人で話し合って仲直りしたから、今度はマイキーと一緒に遊びに行っていい?」と。
えーと、それは君のお父さんには内緒にしておいたほうがいいんだよね多分?という雰囲気で
OKしたのだが、しばらくして「マイキーじゃなくてジョニーと一緒に行くから」と連絡が入った。
えっマイキーとは別れたって?で、ジョニーと付き合ってるの?


二人ともいい子なんだけれどもやっぱりいろいろと世話を焼かねばならないわけで、やっぱり疲れた。
このくらいの年齢っていうのは子供じゃないんだけど大人のつもりで接しているとやっぱりまだ
子供なんだよなあと思わせられたりする。「お世話になってるからお皿くらい洗わせて」とか
言えないかなあとか、寝るんなら「おやすみ」ってひとこと言えないかなあとか、他人様の家に
泊まってるんだからもうちょっと早く起きてきてもいいんじゃないかなあ(昼前まで部屋から
出てこなかった)とか思ってしまう私はおばはんなんだろうなきっと。レニーも「うちに泊まりに
来たって言うよりは二人で週末を過ごすためのホテル代わりにされたみたいだなあ」とぼやいていた。
まあ付き合い始めたばかりなのでお互いしか眼中に無いんだろうなあ。若いっていいよね、
とは思うけれどもやっぱり疲れたよ。


さーて明日から仕事仕事。しばらくはメールの返信に追われるんだろうなきっと。


 



生活 | 22:14:28 | Trackbacks(0) | Comments(0)
逆立つ毛。

のんびり。
これ、カラの首。結構長い。
そして頭が小さいので時々首輪がすぽっと抜けたりする。
これは風呂に入れた後なので首輪をしていないのだが、
なんだか裸っぽくてなまめかしい。


びびびっ
そんななまめかしいうなじだが、
緊張すると毛がびびびっと逆立つ。
これは毎日恒例の
「郵便配達のおじさんに二階の窓から吠えまくる」儀式。
この辺の郵便配達は徒歩なのだが、5件くらい先にいる時点で気配を察知して
こうやって窓辺にしがみつき、うちに近づくにしたがってものすごい勢いで吠え始める。


「郵便配達のおじさんに吠える」という行為は犬にとっては
「おじさんが我が家に接近」→「吠えて威嚇する」→「おじさん遠ざかる」→「やったー、威嚇が効いて
おじさん逃げてった!」と達成感を与えてしまうのでなかなか止めないんだそうな。
うちは叱ったりなだめたり他の部屋に隔離したりして最近少し治まってきたが、飼い主が
二人とも仕事に出ているときは吠え放題なわけで完全には止めさせられないんだろうなあ。
郵便物も攻撃するので今は外にポストを付けているが、すごい勢いで吠えるので
犬嫌いだと結構なストレスだと思う。おじさんごめんね。



カラ | 22:32:09 | Trackbacks(0) | Comments(0)
カラの闘魂。

暑い暑いと言っていたら昨夜から本格的に雨が降り出し、昨日は我慢したけど今日はついに
暖房を入れた。本日の最高気温は17度。これで夏は終わるのか。来週はちょっと持ち直すとか
言ってるけど本当かなあ。と言うわけで今日はフリースのトレーナーの上からさらに
フリースインナーのついたアウトドアジャケットと防水のズボン、そして帽子という重装備で
激しい雨の中散歩に出た。ジャックとカラもレインコート装着。


途中で夏になってからよく原っぱで会うようになったジャーマンシェパードに遭遇。もう何度も会ってるし、
いつもカラもジャックもにおいを嗅ぐ程度であまり興味を示さないのでのんびり構えていたら、
カラがいきなりシェパードにがががががーっと襲い掛かった。すぐにストーップ!と叫びながら
追いつこうとしたが、足場が悪いところでもつれ合っているのでなかなか追いつけない。
シェパードの飼い主のおじさんも最初は妙に落ち着いて眺めていたがこれはちょっとやばいと
思ったのか突然慌てだしてカラを引き離してくれた。いったん離れるとカラはけろっとしている。


カラが一方的に馬乗りになって相手の首の辺りを攻撃していたのだが、おじさんがチェックしたところ
「怪我もしてないし大丈夫」との事。カラも威嚇だけで本当に攻撃はしていなかった様子。よかったー。
一瞬のことだったのでどちらが始めた喧嘩なのかわからなかったがとりあえず謝って、
カラをリードにつないでその場を離れた。少し移動してからカラに説教し、カラも神妙に聞いていたが
やっぱりその場で叱らないとだめだろうなあ。気が動転してて忘れたよ。相手の犬の事が気になったし。


カラは相手の犬によっては仲良く一緒に走り回ってはしゃいだりするけど、同じ犬でもその時によって
機嫌よく遊んだり無関心だったり威嚇したりするので結構難しいのよね。ボクサーもマスチフも
もともと闘犬なので売られた喧嘩は必ず買う気性だし、お互い様子を見ている時に相手の犬が
急な動きをして驚くと本能的に威嚇に出るらしい。なので緊張気味の犬と臭いを嗅ぎあっている時は
すぐに呼び戻す事にしているのだが、今日は油断した。これからもっと気を付けよう。


ちなみにカラがシェパードを襲っている間ジャックは傍観。彼は他の犬に襲われても
(何度か経験あり)とりあえず逃げるタイプなのである意味助かる。カラみたいな犬は
強そう(と言うか本当に強い)できりっとしててかっこいいなあと思うけれど、
ジャックのようにちょっとへたれなくらいが飼い主は楽だなあやっぱり。


はい?
お気楽犬。



カラ | 23:42:11 | Trackbacks(0) | Comments(0)