■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

寒さ対策①

気が付いたら10月も終わりですねえ。アメリカが本家のハロウィンだがイギリスでもちらほらと
便乗者がいて、うちにも何組か子供たちがやってきた。カラ吠えまくり。基本的にレニーが出るのだが、
みんなが 'Trick or Treat!' と言っている中で一人 だけ'Merry Chirstmas!' と言ってしまった子に
「まだ早いよ」と突っ込んでみたり、次にやってきた子供たちに「えっもうハロウィンなの?」と
ぼけてみて「こいつ馬鹿じゃなーい?」みたいな突っ込みを入れられてみたり、結構楽しんでいた模様。
ちなみにチョコレートの類を切らしていたので去年の夏に日本で買ってそのまま忘れていた
抹茶飴とビタミンのど飴(両方とも期限切れ)で対応。今頃子供たちなんて言ってるんだろう。


今年は妙に暖かいよなあとみんなが言えば、天気予報でも記録的な暖秋です!と嬉しげだったが
それも昨日で終わったらしい。今夜から冷えるらしいですよ。明日の予想最高気温10度、
最低気温はなんと-2度。ついに霜が下りるのねえ。


ジャックは寒さには強いがカラは寒がりである。おまけに冷え性らしく、最近は耳と足の先が
いつも冷たい。毎晩私たちが寝る前に毛布をかけてやるのだが、どうしても動くので朝にはくしゃくしゃの
毛布の上で寒そうに丸まっている。そら飼い主のベッドに入りたくもなるわなあ。
というわけで寒さ対策①を本日決行。


暖かいらしいです。
もう何年も使っていない寝袋を再利用して
カラ専用の寝袋を作ってみた。


フードの部分と足元で閉じてある部分を切り離しファスナーも外して、はぎれを縫い付けて
半分だけ袋状に。残りの部分は動きやすいように閉じないでそのまま。いつものベッドを中に
入れてはい出来上がり。制作費0ポンド、かかった時間約1時間。真っ黒(実は中はまっ黄色)で
見た目はいまいちだけれど、カラも気に入ってくれたようで何よりです。ちょっと羨ましそうなので、
ジャックにも作ってあげようかなあ。



生活 | 23:39:04 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ウォーキング。

今日午前3時に時計を1時間戻して、今日からグリニッジ標準時のイギリス。これで日本との
時差は9時間となります。今日は1時間余分に寝ていられるありがたい日なのだ。


時計が1時間戻ろうが戻らなかろうが1日中でも寝ていたい私は10時過ぎまでだらだらしていたが、
起きてみるとえらい天気がいいのでジャックとカラも連れてどっか行こう!と提案。
じゃあウォーキングでも、ということになり Tissington Trailを歩いてきた。昔は鉄道が通っていた
跡をウォーキングコースにしてあって、田舎の散歩が大好きなイギリスではこういうウォーキング用の
ルートが結構充実しているのだ。うちから車で10分くらいのところが出発地点。
駐車場に車を停めてレッツゴー。


秋晴れ!
こういうのんびりした場所をひたすら歩く。
レンタサイクルもあるので自転車も結構多い。
農家の人は今日もお仕事中。お勤めご苦労様です。


やっぱりここでもボール投げ。
どこに行ってもボール投げ。


もともと鉄道路なので道は平らで起伏もほとんど無くて歩きやすい。ジャックとカラが勝手に
どこかに行ったりしないようにボールを投げて注意を引き付ける。
とりあえずボールさえ持ってれば私達から離れないのだ。


家を出る前にネットでルートを確認して、ついでに地図もプリントして持って行ったのだが
何しろ延々と続く田園風景の中を歩くのでよくわからなくなってしまい、ここら辺で引き返さないと
日暮れに間に合わないかもよ、という所まで歩きもと来た道をそのまま引き返した。


夕やーけこやけえのお♪
今日から日暮れも1時間早くなるので5時ごろでこんな感じ。
結構暗いです。これからどんどん日が短くなるのよね。
夕焼けはきれいだったな。


3時間半かけて歩いた距離は約7マイル。11kmちょい?結構歩いたなあ。最初は調子よく
走り回っていたジャックとカラもかなり疲れたらしい。帰宅後ご飯を食べて落ち着いたらそのまま爆睡。


爆睡中。
疲れた犬はいい犬だ。
飼い主二人も結構お疲れ。足がね・・・。
今夜は足をマッサージしてから寝よう。



生活 | 23:19:17 | Trackbacks(0) | Comments(0)
すやすや。

昨夜真夜中過ぎまで仕事して今朝ちょっと早く起きたら、夕方ごろから頭ががんがんして辛い。
無理ができない歳になったねえ。


話は変わるがカラはベッドが大好き。自分のベッドも好きだが人間様のベッドは
もっと好きらしい。最近は自分で寝床を作るようにもなった↓


気持ちよさそう。
すやすや。


うまい具合にベッドカバーを引っぺがし、2個ある枕のひとつだけをひっくり返してうまいこと
収まっている。こうやって気持ちよさそうに寝ていても「ダウン」と声をかけるとよっこらしょと
起き上がって自分のベッドに行ってくれるので、私たちが寝るまではベッドは解禁。
面倒見切れなくなってシェルターに引き渡したとは言え、こんな聞き分けのいい子に
育ててくれた前の飼い主さんに感謝。


そしてそのまま朝まで自分のベッドで眠るカラだが、朝になるとまたベッドの私の側に
やって来て無言で催促する。ちょっと掛け布団を持ち上げてやるといそいそと中に入ってきて
これまたすやすやと眠る。そしてレニーが散歩に出る準備を始めるとまたよっこらしょと
布団から出てきて嬉しげに出かけていくのだ。布団の圧迫感とかそういうものは平気なのね。


たまに昼寝でも布団の中に入ろうとする時があって、自分ではできないのがわかっているので
私が側に居合わせると布団の端をちょいちょいと鼻でつついてアピールする。
まあいいかと布団の中に入れてやり、しばらくしてから寝室に戻るとこんなことになっていた↓


盗賊の首領。
ジプシーの占いしか盗賊の首領ってとこか。それでもまだまだ熟睡中。
写真撮っても起きないし。いつもながら笑わせてくれるわあ。



カラ | 22:44:48 | Trackbacks(0) | Comments(0)
卒業式。

今日はうちの学部の卒業式。今までは1月にダービーでやっていたのだが、この夏で学部の
引越しが完了したのでうちの学部だけ先に自分たちでやっちゃおうということになったらしい。
でも今年の卒業生はダービーのキャンパスで勉強してた学生も多いのでそちらはまた1月に
ダービーで他の学部と同じ日程で行われる卒業式に出るらしい。ややこしいねえ。


イギリスの大学の卒業式は結構仰々しい。講師陣はそれぞれ自分の最終学位の
アカデミック・ガウンを来て整列し、卒業生とその父兄が全員起立で見守る中をパイプオルガンの
BGMで静々と入場し、ステージの上に設けられた席に座る。んだけども今回からはステージが
小さくなったので、副学部長以上はステージに、それ以下はフロアで着席。と言うわけで
今回はこんなことをする余裕もあった。


色とりどり。
式の途中でパチリ。


ちなみに会場はうちのキャンパスの本館。ドームになっているのだ。ダービーでの式は
市民会館でやるので、照明の当らない客席は薄暗くて仰々しさに輪をかけるのだがこのドームは
自然光が入るので明るいし、1階(日本で言う2階)から式の様子を眺める関係者(掃除の
おばちゃんとか)もちらほらいてちょっとくだけた雰囲気だった。まあそれはそれでかまわないし、
卒業生の数も少ないので進行が速くていい感じの卒業式でした。


式の前に整列して入場待ちをする間は「そのガウンどこの大学?」という会話がお約束なのだが、
一通りみんなの出身大学が判明してネタがつきると必ず誰かが「昔みたいにこのガウン着て
講義やってみたいねえ」と言い出す。そして必ず誰かがそれに応えて「そうそう、魔法の杖とか
持ってさ」とハリー・ポッターネタを持ち出すのもこれまたお約束。もうかれこれ3年くらいは
やっているような気がする。もうハリポタはいいですから、と言ってみたところで他にネタも
ないので、3年前と同じように黙って笑う私であった。



お仕事 | 23:05:45 | Trackbacks(0) | Comments(0)
原っぱのお友達(?)

新年度が始まって一月、そろそろみんな疲れが出てくるころだ。かく言う私も疲れが溜まったのか
今週はずっと胃の調子が悪くて、ジャックとカラの散歩もずっとレニーに行ってもらっていたのだが
大分回復してきたので今日は張り切って出かけた。


いったん原っぱに出た直後に雨がぽつぽつ降ってきたのでまた家に戻りレインコートを
着せたのだが、ジャックはボールを追いかけているうちにすっかり暑くなったらしい。
夏にはすっかり干上がっていたのだが最近の雨で復活した小川にレインコートを着たまま
飛び込んでのんびり泳ぎ始めた。何のためにレインコート着せたんだか。


セークシーィ♪
ひと泳ぎしてご満悦のジャック。
前がはだけて妙にセクシーなことになっている。


すっかり意味がなくなってしまったのでその場で脱がせ、それを置きにまた家に戻った。
雨もそんなに降ってないしね。


相変わらず原っぱにはたくさん馬がいるのだが、会うと必ず寄って来るのがこいつ。
ジャックとカラに投げているボールが気になるらしい。もしかして食べ物だと思ってる?


うま。


この馬はそんなに大きくないし、まあ人懐こい性格なんだろうとこっちも鼻を撫でてやったり
しているけれど、正面に立つと私よりははるかに背が高い。驚かせて蹴られたりしないように
いつも最初に両手を開いて見せて「なんにも持ってないよー」と話しかけるのだが、私の手袋
(手がボールについたジャックとカラのよだれでべとべとになるのを防ぐために着けている)が
気になるらしい。と言うわけでいつも


噛むなよおい。
噛まれる。


草食動物は前歯も臼歯なので怪我はしないけれど結構な力ではむっ!とやられるのでやっぱり
ちょっと痛い。この直後手を引っ込めたら手袋が脱げてしまい馬の口からぶら下がっていた。
食べられなくてよかった。


私がこうやって馬とたわむれている間ジャックとカラは「はやくボール投げて♪」ビーム全開で
私を待つのだが、今日はこの馬、何を思ったかいきなりジャックとカラに駆け寄り前足をどんどんと
地面に叩きつけて威嚇に入った。私がどっかに食べ物隠してると思ったのかなあ。カラは
最低限の距離を飛びのいただけだがへたれジャックは20mくらい逃げていった。そら怖いわなあ。
私もちょっと怖かったよ。カラが吠えたり跳びかかったりしなくてよかった。



生活 | 22:49:55 | Trackbacks(0) | Comments(0)
車酔い

日曜はまたまたダービーのレニーの実家にお出かけ。ジャックとカラも連れて行った。
ジャックはうちに来たときから車に乗るのは問題なし。そこそこの速度で走っている時は
まったりくつろいで、スピードが落ちると「着いたの?」と言うかのように起き上がる。
行儀よくしているので要らないような気もするのだけれどやっぱり万が一に備えて犬用の
シートベルトを着けている。ハーネスにちょっと長めのループが付いていて、そこにシートベルトを
通して固定するタイプ。


それに対してカラは最初は結構大変だった。前の飼い主とは車に乗ったことないのかもねーと
思うほど興味しんしんで、RSPCAで引き取って初めてうちにつれて来た時は前に出てこない
ようにするだけで一苦労。車酔いしそうになったよ。今は結構慣れてきたが当然のごとく
犬用のシートベルト着用。カラのシートベルトはハーネスに50cmくらいのベルトをクリップで留めて、
反対側はそのままシートベルトのバックルにカチッと装着できるようになっている。
なのでジャックよりも身動きが取れるのだ。


カラはいつも助手席の後ろに陣取り、助手席の窓から鼻先を突き出してふんふん言っている。
でも最近ちょっと寒いしなーと窓を開けたり閉めたりしているうちにあきらめたのか後部座席で
横になった。おっ今日は行儀がいいねえと言っていたら口の周りをぺろぺろ舐めだし、
あっこれやばいかも、と思ったとたんふやけたドッグフードが大量に出てきた。
しかもジャックの鼻先で。ジャック大パニック。


カラが戻すのはこれが初めてではないので、戻してもまた自分で全部食べてきれいに
してくれるのはわかっているんだけれど、目の前で戻されてうろたえたのがジャック。
シートベルトを着けているのも忘れて座席の反対側に行こうともがいている。もがけば
もがくほど絡まるシートベルト。そして動けば動くほどそこら中に散乱するふやけたドッグフード。
かまわず食べ続けるカラ。


えらいことになってしまったが狭い田舎道なので車を停めることもできず、とりあえず私が
身を乗り出してジャックのシートベルトを外し、カラが戻したフードを再び胃に収めるのを見守った。
臭かったよ。後部座席には犬用のカバーをかけてあるのだがジャックがあまりにもがいたので
一部めくれて座席そのものもちょっと汚れた。


まあそんなハプニングはあったものの無事に(?)ダービーにたどり着き、いつものごとく
お昼をご馳走になっていつものごとくダーリーパークで遊んで帰った。調子に乗ってボールを
投げまくっていたら二匹ともかなり疲れたらしい。カラは足が速いので華麗なジャンピングキャッチを
見せてくれるが、ジャックはなかなかボールに追いつけない。


↓私の変な声は無視してください。嫌いなんだ自分の声。



おかげで帰宅後はジャックもカラもぐっすり。静かな夜でした。
でももう暗かったので汚れた車のシート掃除してないんだよな。
明日車に乗るのがちょっと恐ろしくもある。



ジャック&カラ | 22:40:23 | Trackbacks(0) | Comments(0)
裸で脱出。

週末の話の続き。昨日の日曜日に夕方の散歩に出ようと思ったら結構曇ってきたので
念のためジャックとカラにレインコートを着せて出かけた。実は最近ジャックに新しい
レインコートを買ったのだ。


おニュー。
こんなやつ。


雨の度に泥はねで胸とおなかがどろどろになって、それなりに毛の長いのジャックの
後始末が大変なのだったので、胸からお尻にかけてカバーできるスタイルのものを買ってみた。
これでもXLなんだけど、ちょーっと小さそう。でも本人は気にせずに走り回っているので
大丈夫らしい。カラには いつものレインコートを着せていざ出動。


最近カラは林の中に行くといるのかいないのかわからないリスを探してそこらじゅうを駆け回る。
気が狂ったようにあちこち走り回って、姿が見えなくなることもしばしば。まあ車が通るわけでも
ないしそんなに遠くには行かないので、時々声をかけながらジャックと歩いていると近くに姿を
見せたり消えたりしつつも結構すぐ戻ってくるのだが、時々ちょっと心配になるくらい長時間
(と言っても2、3分だけど)戻ってこない時がある。2、3日前にもそういうことがあったのだが、
戻ってきたと思ったらレインコートを着ていなかった。えー、失くしたのあんた?


と言うわけで今日のカラのレインコートはもともとジャックが着ていたもの。ワンサイズ
小さいけれどわりと大丈夫そう。そしてそのコートを着てまた林に消えるカラ。
しばらく戻ってこなかったのでまさかまた裸で帰ってこないだろうなあと思ったら案の定。
まじですか。


こんなハイペースでレインコート失くされたらこっちが破産しかねないので、探しに行った。
戻ってきた方角に向かいうろうろしていると、私有地との境界線らしい鉄条網に引っかかった
コートを発見。結構がっちり引っかかっていて、後ろ足を通すループが根元からちぎれていた。
かなりの力で引っ張って脱出したらしい。あんた怪我しなくてよかったね、と思いつつ
何とか外し、もう1着もこの辺で引っかかってないかなーと思いつつうろうろしていたら目の前で
いきなりジャックが鉄条網にコートを引っ掛けてじたばたしだした。


ああああっ!動くなっ!と走り寄る間もなくバリバリバリッとマジックテープの外れる
音がしてジャックも裸で脱出。怪我もなさそうでとりあえずよかったが、レインコートが
破れたよ。この辺の原っぱや林には鉄条網が多いのよね。乗馬スクールの馬とか
農家の牛が放牧されてるせいだと思うけれど、こっちとしてはちょっとどきどきする。
まあカラをトレーニングしてその辺に近寄らせなければいい話なんだけれども、小動物を
追いかける本能っていうのはよっぽどトレーニング入れないと難しそうだしなあ。
どうせリスなんて捕まえられないんだし、いい加減あきらめて追いかけるのやめて欲しいんだけど
無理だろうねえ。むむう。



ジャック&カラ | 23:52:50 | Trackbacks(0) | Comments(0)
写真技術。

先週は一週間ほとんど毎日雨。でも私がジャックとカラを散歩に連れて行く時間には
都合よく上っている日が多くてラッキーだったよ。この週末はそこそこの天気だったので、
土曜はちょっと気分を変えようと近所だけどソロモンズ・テンプルに出動。


どよ~ん
木々になんとなーく色がついて来た様な。
空もどよーんとしていかにも秋。
イギリスではこれから雨が多くなるのだ。


そしていつものごとくボール投げ。いつもはボールを投げて戻ってくるところを写真に
撮るばかりだが、今日はレニーも一緒なのでいっちょ格好よくキャッチしているところを撮ってみようと
思いついた。レニーに「私の近くでキャッチするように投げてみてー」とお願いしてがんばってみたが、
やっぱり普通のデジカメでは難しいよなー。


こえー。
こんなのとか、


あらよっ!
こんなので精一杯でした。


曇っていたのでシャッター速度を上げすぎると暗くなるし。今度は晴れの日に挑戦してみよう
とは思うけれどいつのことやら。それにしても丘の頂上は風が強くて耳がちぎれるかと思った。
ちなみにここ数日は最高気温15度ちょい、夜は寒い日は一ケタ。冬はすぐそこだ。はー。



ジャック&カラ | 23:14:56 | Trackbacks(0) | Comments(0)
広島ドッグパークの件

いろんなサイトで取り上げられているのでもう皆さんご存知かとは思いますが、
広島ドッグパークの件、こちらからもリンクを貼っておきます。


アークエンジェルズ


物資のほうは保管場所が限界に達するほど届いたようですが、すべての犬が快適に
暮らせるようになるまでの道のりはまだまだ遠そうです。私は遠い異国の地にいるため物資を
送るのは難しいので小額ですが寄付しました。インターネット銀行に口座があり、非常用に
少し残してあるのが役に立ちました。







数年前に犬と遊べるドッグパークの存在を知った時は単純に「おー、犬と遊べるのかー」と
ちょっとわくわくしたけれど、それと同時にふと「犬にはしんどいかもよ?」とも思った。
犬は好きだけど飼えない人(つまりあまり犬の扱い方を知らない)や、犬のことは
理解していても見ず知らずの人におもちゃのように扱われるわけだから。経営者が
本当の犬好きで犬が必要なものをきちんと与えられる環境を作ってあげられるのなら
ともかく(と言うかそういう人はこういう施設を作らないかも)、広島の場合は開園当初から
結構ひどい扱いをしてたらしいし、経営が破綻したとたんろくにケアもせずほったらかし。
この経営者にとっては犬はモノでしかなかったんだろうなあ。


歴史的にみても日本ではイヌはイヌでありヒトに仕えはしても家族の一員ではない、という
見方があるような気がする。そういう根本的な部分がペットショップのショーケースの中で
疲れた顔をしている仔犬やドッグパークでこき使われている犬たちという形で現れている
のではないかと。動物愛護の本場とも言うべきイギリスでも動物虐待は絶えないけれど、
ドッグパークのような形でイヌを商売道具にするビジネスというのは聞いたことない。


この件に関してはいろいろと考えさせられることが多いけれど、まだ考えがまとまらないので
この辺でやめときます。



生活 | 23:47:11 | Trackbacks(0) | Comments(0)
秒殺。

10月ですねえ。


昨日買い物に行ったついでにペットショップに立ち寄って、どうかなあとは思ったけれど
ピーピーと音のするボールを買ってみた。最近は散歩ではもっぱらボール投げなのだが、
今使っているボール(ジャックが藪の中から見つけてきたもの)がかなり痛んできたので
いろいろ試しているのだ。一個99ペンスで、ジャックとカラに一個ずつ買ってあげた。
家に帰って早速袋から出すと、新しいおもちゃには目のない二匹はすっかり興奮状態。
予測はしていたのだがやっぱりうるさかった。





が、案の定カラのボールはすぐに音がしなくなった。


そしてその3分後、ちょっと目を放した隙にこのざま↓


10分かかりませんでした。
袋から出した瞬間からここまで10分以内。やっぱりあかんかったな。



カラ | 23:35:21 | Trackbacks(0) | Comments(0)