■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

招待状。

胃の調子が思わしくなくて今日は仕事を休んで一日寝ていた。そんなに疲れていたつもりは
なかったのに、本当に丸一日熟睡。やっぱり疲れていたらしい。


話は変わって数日前に、あるメールが大学のメールに届いた。件名は「ご招待:12月6日、
ウェストミンスターセントラル・ホール」と。最近スパムメールが多いのでその口かと思いつつも
念のためと思い開けてみると、「生涯学習・高等教育担当閣外大臣主催の、中等学校(14-19歳)の
制度改革が大学に及ぼす影響について語るパーティー」なるもののお誘いとな。
なんですかそれ?


他の宛先を見ると、結構いろんな大学の人が招かれているようだが私自身も含めて一大学につき
一人だけ。えええっ、私大学代表ですか?!どこでどうやって私の名前を見つけたのか謎だが
(たぶん大学のウェブサイトだとは思うけれど)、どう考えても私ごときがまともに太刀打ちできる
イベントではなさそうなのでとりあえず上司のジョンに転送。後でジョンも「何で君にこのメールが
来たの?」と首をかしげていた。


ジョンは当日別件でロンドンに行くのでこのパーティーにも出るらしいが、大臣主催の
パーティーってどんな感じなのかなあ。どう考えても間違って私に届いたとしか思えないメール
だけど、受け取った本人としてはちょっと行ってみたい気もする。
なんだか怖いから行かないけどさ。



お仕事 | 23:07:48 | Trackbacks(0) | Comments(0)
寒さ対策完了。

この週末はミシンを使ってました。まずはこれまでベッド一つにつき一枚しかなかったベッドカバー
(犬の話ね、念のため)をお揃いで。夏の間は洗ってもすぐに乾くし、暑さのせいでジャックもカラも
昼はベッドで寝ないのでその間は裸の掛け布団が床に転がっている状態でも何とかなったが、
寒くなってからはベッドで丸くなる時間が増えているのでそうもいかなくなってきたのだ。


 


冬モデル。
せっかくなので冬らしい模様のフリースで作ってみた。
クッションカバーを作るには生地が足りずに今回はベッドのみ。
はぎれをマフラーにして巻いてみたり。



 


ほっかむり犬。
ジャックにはほっかむり。
普段は被り物が苦手なジャックだが
寝ぼけまなこだったせいか無反応。


 


そして今日は先日カラに作った寝袋をジャックにも作ってあげた。寝袋は店頭カタログ販売という
ちょっと不思議なスタイル(でも安い)の全国チェーン Argos で6ポンド99ペンス。
できあがったのをジャックのベッドにかけながら、今夜はカラがここで寝たがるかもなあと
思っていたら予感的中。



 


新物好き?
一度は自分のベッドで寝始めたが、
ジャックがどっか行ったのを見計らって侵入。
新しいものはいつもまず自分の物にしようとするのよね。



 


別にどっちのベッドでも~。
しばらくして戻ってきたジャックは
自分のベッドにいるカラに気付いて
ちょっと困惑したが結局カラのベッドへ。
ジャックは時々カラのベッドに横になることがあって、
別にどっちでもいいらしい。


 


寝袋を改造する過程であまった部分もリサイクルした。この話はまた後日。
これでひとまずジャックもカラも寒さ対策はばっちりだな。飼い主は肩がこったよ。



ジャック&カラ | 23:09:46 | Trackbacks(0) | Comments(0)
即席長靴。

暦の上ではまだ秋らしいけれど私の中ではすっかり冬。


この冬の初雪。
そして今朝初雪が降った。
かなり湿った雪で雨になったり
雪になったりして積もらなかったけど。


夕方は昨日のカラの治療のフォローアップのために再び獣医へ。
晴れてゴム手袋から開放された。
ちょっとすっきり。


そもそも傷があるのか無いのかはっきりしない状態だし、別に問題はなさそうだけど念のために
一週間くらいは包帯をして爪先を保護するようにとの事。え~、一週間も走れないのかあ。
ボール投げができないねえ。走らないで遊べる方法を考えなくては。


とか考えていたら獣医さん(昨日とは違う人)が「外に出るときは、えーと・・・」ときょろきょろして
(ここの獣医では恒例らしい)「あっこれこれ、これが丈夫で役に立つのよね」とくれたのがこれ。


長靴?
空になった点滴の袋。


これにちょいちょいと切り目を入れて包帯を通してはい出来上がり。これを足にかぶせて
包帯を結べば立派な長靴という訳。まあただですから文句は言えませんけど、点滴って。
がばがばで歩きにくそうだし、犬用の靴を買うべきかなあ。



生活 | 23:51:01 | Trackbacks(0) | Comments(0)
負傷者一名。

カラが我が家にやって来た時に「えらい爪短く切られたねえ」と思った。誰がやったのか、
爪によってはクイック(神経と血管がある部分)がほぼむき出し。それが原因なのかもともと
そういう体質なのか、それ以来カラの爪はほとんど伸びない。ちょっと伸びると割れるのだ。
場合によっちゃ爪よりクイックのほうが長い状態になったりするので過去に2回ほど獣医に
診てもらって、ヨーチンをつけたり爪を強くするためにビタミンとミネラルのサプリメントを飲ませたり
しているのだがあまり効果が見られない。サプリのおかげで毛づやはものすごくよくなったけれど。


普段は爪が割れていてもそんなに気にしないカラだが、昨日から右足の先を舐めだして
びっこまで引き出した。散歩に出てボール投げたりとか、そういう都合のいい時には元気なんだけど、
やっぱり痛そうなので獣医に連れて行った。いろいろチェックした結果やっぱり爪が割れてるのが
原因だろうということ。しっかり消毒してもらって、薬をつけた上から包帯でぐるぐる巻きにされた。
そして最後に獣医さんが「外に出るときは、えーと」とあたりを見回し、「あっこれでいいんじゃない?」
とためらい無く包帯の上からかぶせてテープで固定してくれたのは使い捨てのビニール手袋。


手袋犬。
明日の夜まではこの状態で安静にするようにと。
なんか変なんですけど。


カラ本人は最初はちょっと抵抗して振り払おうとしていた(その様子が手をひらひらしている
みたいで笑えた)が、すぐに慣れたらしく無関心。嫌がって噛みちぎるかなあと思っていたので一安心。
帰ってから私たちがカラばっかりかまうのでちょっとやきもちを焼いていたジャックもカラの具合が
悪いのはなんとなくわかるのか、ソファの隣に陣取ってこの表情。


姉ちゃんは僕が守る!
姉ちゃんは僕が守る!とでも言いたげな。


そんなジャックもカラの診察の後で爪を切られてケンネルコフの予防注射までされてしまい
えらい目にあったのだ。ケンネルコフは年末から正月にかけて実家に帰る間ケンネルに預ける
ためなのだが、針のない注射器のようなもので鼻に薬を入れられて、傍から見てもつらそうだったが
予想に反しておとなしくしていた。実際の誕生日は不明ながらも10月で2歳になったジャック、
やっぱり少し落ち着いてきた気がする。贅沢を言えばもうちょっと落ち着いて毎朝定刻に
起こしに来るのはやめて頂きたいんですけど。



ジャック&カラ | 23:44:10 | Trackbacks(0) | Comments(0)
大地主。

ここんとこずっと胃の調子が悪くて火曜に医者で胃酸を抑える薬を処方してもらったのだが
飲み始めてからのほうが調子が悪い。木曜はどうしても外せない用件があったのでがんばったが
金曜についにダウン。講義もキャンセルして丸一日寝ておりました。ベッドから出たの夕方6時。


おかげでかなり回復したので今日はまたまたウォーキング。Lathkil Dale という所を歩いてきた。
今回は軽く3kmほど。ずっと森の中を歩くのだが途中でぱっと視界が開けて、調子に乗って
「あそこまで登ってみようぜ!」と張り切ってえらい目にあった。斜面が急すぎて登りも大変だが
下りも一苦労。


四つ足はええのお。
かなり急な斜面なのわかるかなあ。
ジャックとカラはご機嫌で駆け回っていた。
ええのお四つ足は。


てっぺんまで登ったら目の前は柵。覗いてみたらちょっと先に農家風の大きな家があった。
こんなところに住んでる人いるのねえとか言いつつ冷や汗もんでやっと下まで降りたらどこから
とも無く子連れの女性がやって来て、「この辺は犬はオフリードにしちゃいけないの知ってる?」と。
あっそうなの?ごめんなさーいとすぐにジャックとカラをリードにつなぐ。
「この辺一帯は私の土地なの。うちの息子が犬を怖がるから悪いけどつないどいてね」とな。
どうやら大地主らしい。


パブリック・フット・パスは私有地内も平気で通っている。これは Right of Way つまり「歩く権利」は
誰にも妨げることはできないという基本理念に基づいたものらしい。まあそれはそれで一般人には
ありがたいし、こういうパスを歩く人たちはマナーもいいんだけれどやっぱり土地の所有者としては
うっとおしんだろうねえ。お金持ちにはお金持ちの悩みがあるのよね。
貧乏人の私には一生関係ない話だけれども。



生活 | 23:24:41 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ウォーキング第2弾。

先日のウォーキングですっかり調子に乗った私達、今日は Milldaleという小さな村を出発点に
ちょっと軽め(3マイル=5km弱)のウォーキングに行ってまいりました。こういうウォーキングは
基本的に Public Foodpathをたどって行くのだが、このフットパスが結構くせものでたまに
「えっここが?」という道(他所様の裏庭とか)がある。今日もしかり、標識は出ているものの獣道にしか
見えないような上り坂を登ったり、農家の軒先を通っったり。


こんにちは。
その農家の飼い犬がお出迎え。


私たちが敷地から出るまでずっとついて来た。始めは遠くで吠えていたので無愛想な
番犬かと思ったらとてもおとなしくて人懐こい犬だった。ボーダーコリーxラブラドールの
ミックスかなあ。ちょっとジャックに似てるかも。ちなみにジャックはボーダーコリーxイングリッシュ・
スプリンガー・スパニエル(名前が長くて面倒くさい)。


どろどろ。
この農家の敷地を出るために
かなりのぬかるみを歩く羽目になってこのざま。


この靴はこの程度では中に水が入らない構造になっているので助かったが、農家の泥って
ことは泥だけじゃなくて牛の落し物もたんまり混ざっているわけでちょっと微妙な気分。
まあこれも田舎体験ってことか。ちなみにこのぬかるみの直前で犬がついてこなくなった。
わかってるらしい。


ジャックもどろどろ。
当然のようにジャックとカラも足がどろどろ。
あくびしてる場合ちゃうで君。


 


ええ眺めやねえ。
後半はきれいな景色を堪能した。
写真じゃ見えないがものすごい強風ではあったけれど。


 


ここも他所様の農場の敷地なのであちこちに牛やら羊やらの落し物があり、その臭いが
ジャックにはたまらない魅力だったらしく、いきなりひっくり返って背中を擦り付けた。
やーめーてーくーれー。


ジャックちょっと臭います。
というわけで足どろどろ、背中ぷんぷんのジャック。
笑ってる場合ちゃうでほんま。
カラも顔をしかめております。


 


コッカーも乱入。
出発点の村には川が流れているので、
戻ってきた時点ですぐに行水していただいた。


ジャックにはかなり気合を入れて川の中を走ってもらい、背中の汚れもかなり落ちた。
途中でどこからかコッカーも乱入。飼い主に呼ばれても知らん振りを決め込んで一緒に遊んでいたが
最後にカラにちょっかいをかけて、礼儀作法にはうるさいカラに吠えられて逃げていった。


てな訳で今日は飼い主も犬も良い感じにお疲れ。明日はごろごろしよう。おやすみなさい。



生活 | 23:24:37 | Trackbacks(0) | Comments(0)
花火

お、もしかして昨日より暖かい?と日中は思っていたのだが日が暮れるともうびっくりするくらい
寒くて、飼い主も掛け布団を真冬用の羽毛布団(安物だけど)に替えた。こっちが必死に
カバーをかけている様子をのんびりとベッドに横たわって眺めるジャック。そのまま布団を
かけたらこの状態。


邪魔しないでよね。
ちょと暗かったのでぼけてますが、
いい感じに布団に収まっている。
「何か用?」とでも言いたげな反抗的な眼つき。


い、いぬのくびが・・・。
そしてこの状態。
犬の生首が載っているようで
ちょっと不気味な構図だな。


ちなみに今週末はガイ・フォークス・デーで、あちこちで打ち上げ花火をあげるのでドッグ・オーナーには
頭の痛い週末である。うちも隣の隣の家が毎年かなりの量(そしてかなりのサイズ)の花火を
家のすぐ外の原っぱで上げるので、去年は音と光にびびってワンワン吠えるジャックをなだめるのに
一苦労した。今年はどうかなあと構えていたが、最初はジャックもカラも動揺して家の中を
うろうろしながら吠えていたがカラはすぐに落ち着いて、窓の外の花火を眺める余裕を見せた。
そんなカラを見たジャックも大した事ないと悟ったのか、時々う~っと唸るもののすぐに静かになった。
カラの影響は大きかったらしい。偉いぞカラ!



生活 | 23:37:30 | Trackbacks(0) | Comments(0)
寒さ対策②

11月に入ったとたんいきなり夜は氷点下。明日からはちょっと落ち着くみたいだけど、それでも
最高気温は10度前後、最低は5度前後。暖房を入れる時間がだんだん長くなっていく
今日この頃、ジャックとカラもやたらと私たちに寄り添いたがる。寒いのかねえやっぱり。


というわけで寒さ対策その②。
スナグルセーフ。
Snuggle Safeという名のヒートパッド。


右が中身で、これを電子レンジで暖めると45度位の温度を10時間以上保つので、
一晩中ぬっくぬく。左がカバーをかけた状態。


ぬっくぬく♪
写真を撮っているとジャックがじっと見つめていたので
目の前に置いてやったらこうなった。
暖かいらしいです。


ちょいと失礼。
すでに寝袋に入っていたカラにもちょいと失礼して。
カバーに入れても結構熱いのでクッションの下に入れる。


とりあえずこれで犬の寒さ対策は完璧。飼い主も今夜あたり真冬用の掛け布団に替えよう。
こうやって長い長い冬が始まるのね。



ジャック&カラ | 22:30:23 | Trackbacks(0) | Comments(0)