■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

カントリー・フェアーでご満悦。

毎年恒例のチャッツワースのカントリー・フェアーに行ってきた。
今年も行ってきました。
去年は行けなかったので2年ぶり。


 


内容は盛りだくさんのフェアーなので一日中うろうろするのだが、メインリングではほぼ1日中何かしらやっているのでチラッと見ては他所をぶらぶらの繰り返し。


 


興味津々。
チーム対抗のポニーのレース中。
何故かカラがえらい興味しんしんで見ていた。
馬には慣れてるのに。


 


射撃。
ライフル(モデルガンですが)射撃に挑戦中。
カラが後ろで見守ってます。


 


なかなかの結果。
結果。
照準を合わせるのにものすごく時間をかけたおかげでなかなかの好成績。
銃が重くて翌日肩と腕が筋肉痛になったよ。


 


マーチングバンド。
またメインリングに戻るとなにやらマーチングバンドが行進中。


 


おとなしく聴いてます。
カラ姉さんくつろいでます。


 


知らないおじさんにもたれるジャック。
ジャックはいつの間にか隣のおじさんに甘えていた。
完全にもたれてます。


 


マーチングバンドは順調にブンチャカブンチャカ更新していたのだがジャックはその音楽がいまいち気に食わないらしく落ち着かない。クンクン言ったり時々吠えたりしていたら前に座っていたおばさんがなだめてくれた。


 


知らないおばさんに甘えてます。
すっかり甘えてます。


 


この後も何度も吠えたので退散。買い物したりおやつ食べたりしながらぶらぶらして、隣のリングでアジリティーをやっていたのでしばらく観戦。ふと気がつくと↓


 


ここでも甘えてます。
知らないおじさんに甘えていた。


 


いろんな人に撫でてもらってすっかりご満悦の一日でした。


 


 


甘えん坊にもほどがある。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



出かけた | 23:21:46 | Trackbacks(0) | Comments(0)
子供の群れ。

実は今週ずっとこの夏最後のホリデーだったのだけれどずっと抱えている仕事があったので普段よりたくさん働いていた。体が3つあったら2つに仕事をしてもらってもうひとつの体で普通のホリデーを楽しみたいなあとかぼんやり考えながら一日中パソコンに向かう日々。なんで私が会計学の教材を書いているのかわからないんですが。


今週はそれほど寒くはないのだけれど冷え性の私はパソコンに向かう時は足元でヒーターをつけたり消したり。そしたらカラがやって来てこの状態↓


 


今からこれ?
私の机の下にもぐりこんでヒーターに当たっていた。
今からこれじゃ冬はどうなるのよ。


 


そんな感じでずっと缶詰状態の飼い主ですが、ジャックとカラは毎日きっちり決まった時間に散歩に連れてけと騒ぐので外の空気は吸っている。今日も夕方にフリスビーを持って原っぱに出たら下は3歳くらい、上は10歳くらいかなあという感じの子供の群れを発見。10人以上でわいわい遊んでいたのでまさに群れって感じだった。


その中の一人が走ってきて「フリスビー投げさせて!」と。カラは子供相手だといつもの暴君ぶりはどこへやら、妙に従順になるので思い投げさせてあげた。一人が成功したらみんな我先にと寄ってきてあっという間に子供に囲まれるジャックとカラと飼い主。一人がカラを指差して「男の子?女の子?」と言うので「女の子だよー」。「名前は?」「カラ」


「カラー!」「カラー!」「カラー!」「カラー!」「カラー!」「カラー!」


別の子がジャックを指差して「この子は?」


「男の子だよ。名前はジャック」


「ジャック!」「ジャック!」「ジャック!」「ジャック!」「ジャック!」「ジャック!」


もう大騒ぎ。ジャックは気の向いた時しかフリスビーを放さない(と言うか子供相手だと全然放さない)のだがカラは毎回きっちり誰かの前に持ってきて投げさせるので大人気。まあ子供なのでそんなに距離は飛ばないし、3歳くらいの子だと目の前にぼろっと落として終わりなので走る距離は大した事ないが、さすがのカラ姉さんも子供10人にはかなわない。しばらくすると疲れが見えてきて、ちょっとトイレ、としゃがんでも咥えているフリスビーを奪おうとするので最後には逃げ出した。それでも追う子供。


そろそろ止めさせないとなーと思っていたらちょうどいいタイミングで親分格の男の子が「そろそろ行かなきゃ!」と言ったので私も「ジャックとカラも休憩しなくちゃいけないからまたねー」とその場を立ち去った。別れ際に「最後のフリスビー投げるのは誰?」ときくとみんな一斉に「レイチェル!」と声をそろえて指差したのは一番小さな女の子だった。たぶん3歳くらい。この辺ってどちらかと言えば貧乏人が多い地域で子供たちもあまり賢そうには見えないのだが、明るいうちはいつも外で遊んでいるし、年上の子供達がちゃんと年下の面倒を見ている光景もよく見かける。感心感心。


そんな事を思いつつ川のほうに移動。「バアーイ、ジャック!」「バアーイ、カラー!」と口々に叫ぶ子供の声を背に一目散に川に飛び込むジャックとカラ。お疲れさんでした。そんなわけで今夜はジャックもカラもぐっすり。子供ってやっぱり勢いあるよなー。特に団体になると。


 


ジャックお疲れ気味。
ジャックは最近クレートで過ごす時間が増えてきた。
やっと慣れたらしい。


 


カラ姉さん専用ベッド。
カラはもっぱらここ。
何だか妙に人間臭い寝相だ。


 


このソファベッドは確かに気持ちいい。おまけに掛け布団がのっているのでふかふかでカラ姉さん病み付き。最近カラは昼間でもここで寝ていることが多い。でも冬になったらヒートパッドはクレートにしか入れないからね。


 


冬はすぐそこ。いやまじで。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



ジャック&カラ | 23:34:35 | Trackbacks(0) | Comments(0)
子供の群れ。

実は今週ずっとこの夏最後のホリデーだったのだけれどずっと抱えている仕事があったので普段よりたくさん働いていた。体が3つあったら2つに仕事をしてもらってもうひとつの体で普通のホリデーを楽しみたいなあとかぼんやり考えながら一日中パソコンに向かう日々。なんで私が会計学の教材を書いているのかわからないんですが。


今週はそれほど寒くはないのだけれど冷え性の私はパソコンに向かう時は足元でヒーターをつけたり消したり。そしたらカラがやって来てこの状態↓


 


今からこれ?
私の机の下にもぐりこんでヒーターに当たっていた。
今からこれじゃ冬はどうなるのよ。


 


そんな感じでずっと缶詰状態の飼い主ですが、ジャックとカラは毎日きっちり決まった時間に散歩に連れてけと騒ぐので外の空気は吸っている。今日も夕方にフリスビーを持って原っぱに出たら下は3歳くらい、上は10歳くらいかなあという感じの子供の群れを発見。10人以上でわいわい遊んでいたのでまさに群れって感じだった。


その中の一人が走ってきて「フリスビー投げさせて!」と。カラは子供相手だといつもの暴君ぶりはどこへやら、妙に従順になるので思い投げさせてあげた。一人が成功したらみんな我先にと寄ってきてあっという間に子供に囲まれるジャックとカラと飼い主。一人がカラを指差して「男の子?女の子?」と言うので「女の子だよー」。「名前は?」「カラ」


「カラー!」「カラー!」「カラー!」「カラー!」「カラー!」「カラー!」


別の子がジャックを指差して「この子は?」


「男の子だよ。名前はジャック」


「ジャック!」「ジャック!」「ジャック!」「ジャック!」「ジャック!」「ジャック!」


もう大騒ぎ。ジャックは気の向いた時しかフリスビーを放さない(と言うか子供相手だと全然放さない)のだがカラは毎回きっちり誰かの前に持ってきて投げさせるので大人気。まあ子供なのでそんなに距離は飛ばないし、3歳くらいの子だと目の前にぼろっと落として終わりなので走る距離は大した事ないが、さすがのカラ姉さんも子供10人にはかなわない。しばらくすると疲れが見えてきて、ちょっと休憩、とトイレをしても咥えたフリスビーを奪おうとするので最後には逃げ出した。


ちょうどいいタイミングで親分格の男の子が「そろそろ行かなきゃ!」と言ったので私も「ジャックとカラも休憩しなくちゃいけないからまたねー」とその場を立ち去った。別れ際に「最後のフリスビー投げるのは誰?」ときくとみんな一斉に「レイチェル!」と声をそろえて指差したのは一番小さな女の子だった。たぶん3歳くらい。この辺ってどちらかと言えば貧乏人が多い地域なのだが、子供たちはいつも外で遊んでいるし、年上の子供達がちゃんと年下の面倒を見ている光景もよく見かける。感心感心。


そんな事を思いつつ川のほうに移動。「バアーイ、ジャック!」「バアーイ、カラー!」と口々に叫ぶ子供の声を背に一目散に川に飛び込むジャックとカラ。お疲れさんでした。そんなわけで今夜はジャックもカラもぐっすり。子供ってやっぱり勢いあるよなー。特に団体になると。


 


ジャックお疲れ気味。
ジャックは最近クレートで過ごす時間が増えてきた。
やっと慣れたらしい。


 


カラ姉さん専用ベッド。
カラはもっぱらここ。
何だか妙に人間臭い寝相だ。


 


このソファベッドは確かに気持ちいい。おまけに掛け布団がのっているのでふかふかでカラ姉さん病み付き。最近カラは昼間でもここで寝ていることが多い。でも冬になったらヒートパッドはクレートにしか入れないからね。


 


冬はすぐそこ。いやまじで。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



ジャック&カラ | 23:34:31 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ついに。

ここ数日ほぼ毎日バケツをひっくり返したような激しいにわか雨が夕方に降って、さらに追い討ちをかけるように夜中にも降っているので原っぱがかなりゆるい。まだ草がびっしり生えているのでどろどろにはならないけど。


 


水たまりが巨大化しております。
水たまりも順調に大きくなっております。
小型犬なら余裕で泳げる深さ。


 


まだ8月だと言うのに長袖のシャツに薄手のセーターを重ねさらに皮のジャケットを着てご出勤の今日この頃。最高気温は18度とかそんな感じでまあまあ過ごしやすいのだが、最低気温が下手すると一ケタまで下がるので夜は寒い。いやあねえと文句を垂れる飼い主をよそにすごぶる元気なのはジャックとカラ。最高気温が20度を超えていた時期にはかなり落ちていた食欲も完全復帰。散歩中もよく走るようになった。特にジャック。


 


ジャック真剣。
遊んでも遊んでもまだ遊び足りない。
散歩から帰ってきても家に入る前に庭でひと遊びしないとご不満な様子。
飼い主が構えるフリスビーを狙っております。


 


カラのマズルに傷が。
カラも真剣。
ところでカラのマズルのてっぺんに
斜めに引っかき傷があるのがわかるかしら。


 


実は大きな声では言えませんが


 


カラは先日ジャックの協力を得てついにリスをしとめました。


 


リスはすぐ樹に登るし絶対捕まらないから大丈夫大丈夫、と高を括っていたら何故か原っぱのど真ん中を走るリスを発見。私が最初に気付いて何とかカラの注意を逸らそうとしたのだけれどあえなく見つかってしまい、走る速さではカラに勝てるはずも無く捕まった。かなり抵抗したのでカラも捕まえては放し(と言うか引っかかれるので放すしかない)を繰り返し、そのうちジャックも参加。ジャックは捕らえどころがまずかったのかかなり手ひどく引っかかれた(噛まれたのかもしれない)らしくポーンと放り投げてその後は手を出さなかった。


私も何とか止めさせたかったのだが何しろかなりの急斜面で捕まえたのでそこまで行けない。ジャックが放り投げてようやく手の届くところまで降りてきたのだが、その時点ではもうほとんど動かなくなっていた。動かないと手を出さないので拾い上げて樹の根元に寝かせて、とりあえず私にできる事と言えば手を合わせてからジャックとカラがこれ以上手を出さないようにその場を離れるだけだった。ごめんなさんごめんなさいごめんなさい。


その後帰路に着いたのだがジャックもカラもまだまだかなりご機嫌で2匹でガウガウプロレスごっこ。まあそれはいいんですけど、2匹とも鼻の辺りから血が出ていて、ジャックに至ってはマズルではなく鼻の部分からかなりの血が出ていた。痛くないの?と言うのもあるけれどそんな顔の犬2匹が取っ組み合う姿は知らない人が見たらかなりびびるだろうなあという光景だった。


おやじキラーなだけだったはずのカラもこれで実質的なキラーに認定。実はジャックはちょっと前にほぼ偶然のように仔ウサギをしとめている(いきなり目の前に出てきて、パクッと咥えた瞬間レニーに怒鳴られて放したけれど遅かった)ので前科2犯。まあなあ、猫だってスズメとかトカゲをなぶり殺したりするし、こればっかりはどうしようもないかなあ、と言い訳する飼い主。実際犬を「小動物を見つけたら飼い主のところに戻ってくる」ように訓練するのは可能らしいのだけれど。難しいよなあ。


 


 


飼い主の根気の問題。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



生活 | 22:25:58 | Trackbacks(0) | Comments(0)
夏の終わり?

ホリデーが終わった途端何かと忙しくてちょっとご無沙汰しておりました。日本はお盆だったのねえ。


 


カラの陰からこんにちは。
カラの陰からこんにちは。


 


ホリデー終了と同時に気温が20度を超える日がほぼ皆無となり、最低気温は日によっては一ケタ。雨もよく降るようになった。夏は終わったなー。


 


干上がってます。
昨日の午後の散歩で上の写真の橋の上からパチリ。
ここは川なんだけど夏には干上がるのだ。


 


でも昨夜かなりの大雨が降って今日の午後は↓
一晩で復活。
川がすっかり復活していた。
これもまた夏の終わりの印だな。


 


いつもの原っぱの馬たちは7月からまた引っ込んでいたのだが、2,3日前からまた放牧が始まった。去年と一昨年は4月から11月初めまでずっと出っ放しだったのだが、実は7、8月は放牧禁止だったらしい。でもまだ8月終わってないですけど?草がかなり育ってきたので別にいいんですけど。


 


ちょっとヒッピーみたい。
そんな中ヒッピーみたいな飾りをつけたお馬さん発見。
これってただの飾りなのかなあ。


 


馬のくちびるはふかふかしていて触ると気持ちいいという事に最近気が付いたので事あるごとに触っている私。馬の方は「なんかくれるの?」と寄ってくるので私にとっては都合がいいのだけれど馬にしてみれば無駄骨で、「何も無いのかよ」と悔し紛れに手を軽く噛まれたりする。


 


ちなみにこうやって私が馬と遊んでいる間ジャックとカラはどうしているのかと言うと、


終わった~?
離れた所で待っている。


 


何度か気の荒い奴に追いかけられているのでちょっと怖いらしいのだが、普段は放っておくと勝手にいろんな所に行ってしまうのに、私が馬と向き合っていると心配なのかこうやって一緒に待っている事が多い。や、あんたたちに心配されなくても私は大丈夫ですから。


 


 


あんた達ほどへたれじゃないわよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ


 


 




生活 | 23:05:37 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ええ仕事しまっせ。

こんな写真が撮れました。


Mr & Mrs.
シニア向け通販ファッションカタログに使えるかしら。
どちらかと言えば健康食品の広告っぽいかも。
レニーに言わせると'Mr. & Mrs.' らしい。


 


つまり夫婦の記念写真って事ですね。当然ミスターはカラ、ミセスはジャックなわけで。まあ仲良くて何よりなのですがここからぐぐっとカメラを引くと↓


 


実はこんな状態。
こんな状態なのですよ。


 


ずっと以前にカラに大穴を開けられた掛け布団、使えないにもかかわらず「何かに使えるかも」としまいこんであったのだが、今回ビルダーのおっちゃんが来る前にいろいろ整理した一環で「さすがにもういらんやろ」とごみに出すべくそこら辺に置いておいたらおもちゃにされた。まあどうせ捨てるつもりだったし、なんだか楽しそうなのでまあいいか、と散らばった綿を片付けるだけで布団(の残骸)はまだ出しっぱなし。 これは一昨日撮った写真だが、今日も朝から頑張っていたジャックとカラ。


 





カラはええ仕事しまっせ~と頑張ってます。
ジャックはどっちかと言うとカラと引張りっこして遊びたいだけらしい。


 


一仕事終えた女の顔。
一仕事終えて満足顔のカラ。
ジャックは早々に飽きて横で見ていた。
後ろのビニール袋は昨日引っ張り出した中綿。


 


ばらばらにしてくれるおかげでかさが減り、ごみに出しやすくなってある意味ありがたい。確かにええ仕事してもらいました。この後達成感を噛みしめるように満足気に綿の上に寝そべっていたカラは当然飼い主に遊ばれるわけで。


 


当然こうやって遊ばれるわけです。
アフロなんだか泡風呂なんだかリーゼントなんだかよくわからないけど。


 


あんまり嬉しくなさそうだけど、これくらいは我慢してもらいますよ。


 


そろそろゴミに出すか。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



壊した | 22:52:24 | Trackbacks(0) | Comments(0)
お疲れ様。

今週はビルダー(大工さん?)が来ていた。


こんなのが、
ここが、


 


こうなって、
こうなって、


 


こうなりました。
こうなりました。


 


予定では2日で終わるはずだったんだけど2人でやってきたビルダーの片割れが1日目に足をくじいて、2日目の作業がはかどらなかったので3日かかった。かかった時間で料金を請求するビルダーも多いイギリスだが、1日延びてもちょっとしたハプニングで予想外の作業をする事になっても 料金は最初の見積もりどおりだった。良心的ね、というか本来はこうあるべきなのかも知れない。


誰でも大歓迎のジャックとは対照的に最初は人見知りしがちなカラだが、このビルダーのおっちゃんたちとは馬が合うらしく見積もりに来た時から尻尾を振って飛びついて顔を舐めようとしたりしておやじキラーぶりを発揮していた。おっちゃんめろめろ。おっちゃんは2人ともスキンヘッドなのだが、一人がかがんで作業をしているところに歩み寄り、頭のにおいをくんくんとかいだと思ったらおもむろに舐め出したというハプニングもあり。私はその場にいなかったのだが目撃者のレニーによると一同大爆笑だったらしい。見たかったなー。


 


進み具合を点検中。
作業の進行具合を点検中。


 


休憩中。
働いたわけでもないのに疲れた顔して休憩中。


 


おっちゃん大好きとは言え本能には勝てず、漆喰を混ぜに庭に出たり道具を取りに車に戻ったりして家に入ってくる度にわんわん吠えて大忙しのカラ。ジャックはリビングで(ホリデー中にもかかわらず)ちまちまパソコンで仕事をしていた私の横でボーっとしていたがやっぱり気疲れはしたらしい。最終日おっちゃんが帰った後はずっと寝ていた。


 


あ~疲れた。
ジャックのこのポーズはいつもの事なんですけどね。
白目むいてるのも。


 


爆睡中。
カラがお腹出して寝るのは珍しい。
よっぽど疲れたのね。


 


作業が終わっておっちゃんが帰った後は埃だらけになった家の掃除に忙しい飼い主。今日は朝からDIYショップやIKEAを回って棚やらたんすやらをご購入。漆喰が乾いたらペンキを塗らないといけないし、まだまだやる事はたくさんある。ペンキ塗りたての壁にジャックが突撃、とかいうのはぜひとも避けたいシナリオだけど、それはそれで話のネタになって面白いかも、と思ってしまう大阪人。


 


レニーが怒るからやらないでね。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 23:02:44 | Trackbacks(0) | Comments(0)