■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

豪華ホテル見学。

ロンドンの4日間は有意義ではあったけれどとにかく疲れた。土曜は天気が良かったので庭の芝刈りやらを頑張ったのだが日曜はご飯も食べずにずーっと寝てた。気がついたら夕方の4時だったよ。おかげでかなり回復しました。


さて今回の出張中にちょっとしたコネで高級ホテル見学をさせて頂きました。まずは古きよき英国の格調を守り続ける The Ritz へ。


一泊5千ポンド前後。
これはスイートルームの一室。
一泊5千ポンドくらいらしいです。100万円超。
税(驚愕の17.5%)・サービス料(5%)抜きでね。


 


次はライバルのClaridges へ。
こちらは一泊4千ポンド前後。
案内してくれた男の子によると
「春に日本の天皇陛下もお泊りになりましたよ」とな。
こちらのスイートは一泊4千ポンドくらいだそうな。


右に写っているグランドピアノはフランク・シナトラも弾いたピアノだそうですよ。ちなみにこの部屋は昔亡命中だった旧ユーゴスラビア王夫妻が滞在していた部屋で、臨月だった女王が産気付いたのでチャーチル首相が急いでユーゴスラビア大使館から土を取り寄せてベッドの下に置き、BBCのラジオで「クラリッジスの212号室は今日一日だけユーゴスラビア領とする」と宣言したと言う逸話があるのだとか。その部屋で生まれたアレクサンダー王子は「母国の領土で生まれた」ということで正式な王位継承権を受けたのだそうな。ふ~ん。今はセルビアの皇太子なんだそうです。セルビアは共和国なんだけど皇太子らしい。


そんな話を聞きながらたくさん写真を撮り、最後に「よかったらバーで飲み物でもどう?ここのバーは最近『世界のトップ5』に選ばれたんだよ」とのお誘いを受けたのだがバクストンに帰る電車の時間が迫っていたので断腸の思いで(いやまじで)お断りして家路に着いたのでした。ちっ。


 


ちなみに私が泊まっていたホテルは
一泊45ポンドの私の部屋(涙)。
一泊45ポンドなり。
ロンドンなので覚悟していたとは言えかなり狭かった。


 


ホスピタリティ・マネージメントをやっているとこういう普通に生活してたら絶対に見られないものを見る機会があるのである意味役得だが、貧富の差をいやと言うほど見せ付けられる機会でもある。昔日本で働いてた時もこんなスイートに近い豪華な部屋はあったけれど1、2室程度。それがリッツとかクラリッジスではそこそこの数があり、泊まっていくお客さんもわりといるらしいですよ。不景気とか言うけどお金持ってる人は持ってるのよねえ。


 


 


宝くじさえ当たってくれれば。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



お仕事 | 23:52:30 | Trackbacks(0) | Comments(0)
出張中。

ロンドンに来ています。
ユニクロ。
ホテルの近くでユニクロ発見。
もう閉まってたけど。

バクストンを12時過ぎに出て電車に揺られること約5時間。日曜の夕方だというのにさすがロンドン、人が多いです。お店も日曜でも6時まで開いてるし。バクストンだと日曜は4時に閉まりますから。都会はいいねえレストランもいろいろあるし。夕食はラーメン食べました。麺はいまいちだったけどスープがうまかった。バクストンにも中華屋はあるけれどラーメンはやってないのよね。

そんなこんなのロンドンですが残念ながら遊びに来たわけではなく、明日から木曜まで仕事。大学は今週新入生のインダクションがあるのに。今年度からプログラム・リーダーではなくなったので私一人ぐらい抜けてもどうって事無いんだろうけどさ。私の留守中はジャックとカラの散歩を一任されているレニーも金曜から風邪ひきさんでダウン寸前だし。こんなタイミングで私の出張を決めたのは誰ですか。

明日は朝早いのでもう寝よう。



明日からバス通勤。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



お仕事 | 22:36:17 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ロープ新調。

横綱ロープがまた巨大な糸くずになってしまったので新しいのを買ってきた。大体半年に一本のペースで糸くずにされている。まあそんなもんか。


 


ニュー横綱ロープ。
カラ姉さんすっかり夢中。


 


糸くずは糸くずなりに楽しいらしいが、やっぱり新しいのは噛み甲斐があるらしい。うっとりしながらかみかみかみかみ。飼い主がソファでくつろいでいるとロープをずるずる引きずって来て足元にボトッと落とし、「あそぼー」と催促したりもする。結び目を目の前でぶるぶる振ると楽しそうに捕まえてまたかみかみかみかみ。


 


ちぎったらペッ!と吐き出します。
時々噛み千切るけれど全部ペッと吐き出します。
食い意地は張ってても糸くずはいらないらしい。


 


そんな様子を見たジャックも途中参加。
ジャックと半分こ。
仲良く端っこを噛んでます。
以前なら絶対取り合いになってたのに、
ジャックも大人になったのねえ。


 


そんな様子を動画でどうぞ。ロープを噛み始める前に一暴れしたのでジャックの息が上がってます。カラが糸くずを吐き出す様子はレニーに言わせると「合わない入れ歯で食事してる年寄りみたいだ」とな。まあ確かに年寄りくさい顔してるしな。


 





 


今度はいつまで持つのかしら。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



おもちゃ | 23:51:44 | Trackbacks(0) | Comments(0)
びしゃびしゃ。

7月末はこんなだったのに、
こんなにスカッと晴れてたのに。
すっきり。


 


どよ~ん。
ここんとこ雨が多くて今はこんな感じ。


 


同じ場所から反対側を見ても、
7月末はこんなんでした。
夏の間はボール投げのポイントだった場所が、


 


今はびしゃびしゃ。
今はこんな状態。
ボール投げてもベシャッ!って落ちるだけで弾まない。


 


それでもジャックとカラはそれなりに楽しいらしいけど。


 





 


遠征先の原っぱの隅っこにある水たまりも拡大中。
水たまり拡大中。
どどーん。


 


前に「小型犬が泳げる深さ」と言ったけれど今は場所によってはジャックも泳げます。歩いたり泳いだりして水の中を行ったり来たりしてご機嫌なジャック。通りがかりの人に笑われてたよあんた。


 


秋の訪れ。
こちらはすっかり秋の気配。


夏は終わったなーとは大分前から言ってたけれど、連日の雨でついにとどめを刺された感がある今日この頃。大学の方も来週は留学生のインダクション(オリエンテーション)、再来週は残りの学生もやって来てその次の週から講義が始まる。これからクリスマスまでノンストップで(祭日も何もなし)怒涛の12週間が始まるのだ。は~。


 


 


1年で一番しんどい時期だ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



生活 | 23:54:54 | Trackbacks(0) | Comments(0)
カントリーフェアーお買い物編。

一雨ごとに寒くなる今日この頃。そして毎日のように雨が降る。ってことは毎日どんどん寒くなってるって事だ。今夜はついにラウンジの暖房つけました。


そんな現実から逃避するようにまだまだ引きずるカントリーフェアーのネタ。今回はお買い物編です。


このフェアーはかなり広大な敷地(全部デボンシャー候の私有地)で開かれるのでお店も相当な数が出ている。ここにリストが載っているので興味のある方はどうぞ。


お店もたくさん。
その一角。


 


肉屋の前で。
ゲーム(野鳥や野生の鹿とかの肉)屋さんの前で。
ジャック何だか嬉しそうです。
期待を裏切るようだけど何も買わないよ。


 


長靴買いました。
カントリー用の靴や服を売るお店の前で。
冬の散歩の必須アイテム、長靴買いました。
この後持ち歩くのがちょっと大変だった。


 


ジャック少々お疲れ気味。
ここはちょっとおしゃれな東屋の販促中。


広い庭のあるお金持ち対象なのだろうが、座って商談を進めている人もいた。飼い主はこの右側にあるはしご屋さん(そんなものも出ているのです)を見ている間ジャックは看板犬になりすましていた。本当は疲れてるだけなんですけどね。


ペットショップもたくさんあるので何軒か周ったのだが、その中の一軒で店番のおばちゃんがジャックを見て「この子ボーダーコリーとスプリンガーのクロスよね?」とズバリ賞。いつも純血のコリーだと思われるのによくわかったねーと言うと、「昔うちにもいたから」とな。やっぱりわかる人にはわかるのねえ。


今回はお昼ご飯は猪肉とリンゴのソーセージ(こういう取り合わせはイギリスではわりとポピュラー)のホットドッグ、別のお店でむきエビにレモンをかけただけのもの(イギリスにしてはにおいが少なくておいしかった)も買い、それとおやつにクレープ。おいしかったけど高いのよね。まあお祭りだしな。


帰りにはチャッツワースのファームショップに寄った。ここでは自家製の野菜とか肉とかを売っているのだが、ラム肉を見るたびに「これがあそこの芝生でメーメー言ってた奴らかー」とちょっと微妙な気持ちになる。食物連鎖。


 


ウズラの卵。
イギリスではほとんど見ないウズラの卵も売っていた。
買わなかったけど。


 


スリップリード。
スリップリードも買いました。


散歩の時以外は首輪は外しているので、トイレのために原っぱにちょっと出るだけなのにいちいち首輪するのも面倒くさいし、でも相性の悪い犬と会ったらカラはリードが必要だし、スリップリードがひとつあったら便利だなあと思ってたのよね。このリードはかなり太いし素材が柔らかいのでちょっとくらい引っ張っても大丈夫そうだし。あと首輪もかなりくたびれていたので新調した。前と同じタイプでカラはこげ茶、ジャックは緑色になりました。


確か家を出た時には財布には現金で50ポンドあったはずなのに帰ってきたら3ポンドぐらいしか残ってなかった。そんなに使った覚えは無いのになあ。レニーも同じくらい使ったらしい。たぶん何千人もの人が同じ事を言ってるんだろう。


 


ええ金儲けやのう。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ


 


 



出かけた | 23:19:39 | Trackbacks(0) | Comments(0)
カントリー・フェアー(犬編)。

カントリー・フェアーのネタが続きます。


イギリスの夏と言えばカントリー・フェアー、カントリー・フェアーと言えば犬、と勝手に私は思っている。犬関連のイベントもたくさんあるし、フードとか一般のペット用品とか犬のベッド専門店とか猟犬のコートと靴の専門店とかお店もたくさん出ている。そのせいか人ごみが大丈夫な犬を飼ってる人はみんな連れてきてるんだろうと思うほど犬が多いし、いろんなお店が出ている地区にはあちこちに水道が引いてあって犬の給水のために小さなバケツに水を入れて置いてあるし、お店の前にも水入れを置いているところも多い。2年前にオーストラリアから旅行中だという人に「みんな犬を連れてきてるみたいだけど、メジャーなドッグショーでもあるの?」と聞かれた。オーストラリアでもカントリー・フェアーみたいなのはあるがあまり犬は連れて行かないんだそうな。イギリスの犬は幸せもんだねえ。


そんなわけで今日は犬特集。まずはアジリティーから。


ブルーのボダコ。
アジリティーといえばボーダーコリーが定番。
ブルーのボーダーコリー君頑張ってます。


 


スタンプーも頑張ってます。
ちょっと珍しいスタンダード・プードル。
なかなかの成績でした。


 


ちょいと失礼。
ボダコがみんな優秀なわけでもなくこんな場面も。
後ろのギャラリーもみんな笑ってます。


 


行くでっ!
場所を移動してガンドッグのトライアルを観戦。
こちらではスプリンガー・スパニエルが断然強い。


 


ハイパーラブちゃん。
次に多いのがラブラドール。
このラブはまだ若いらしく、ちょっと注意力散漫。
そこら辺をぴょんぴょん飛び跳ねて脱走もしていた。
戻ってきたけど。


 


この犬なんだっけ。
この犬なんていう犬種だったかどうしても思い出せない。
ドイツの犬だっけ?


 


ジャックと似てるかなあ。
トライアル観戦中に隣にいたスプリンガー。
やっぱり顔つきがジャックと似てると思えなくも無いが
やっぱりこの子の方が賢そうだ。


 


ノーリードでも完璧。
ここにもスプリンガー。
この2匹はかなりの人混みの中で完全ノーリード。
でも絶対飼い主さんの側を離れない。
うちの2匹にも見習っていただきたい。
っていうか訓練の問題なんですが。


 


鼻が短い。
アジリティを観戦中のカップルの足元で
熟睡中のブルドッグとその相棒のボクサー。
鼻の短い犬種が好きな家庭らしい。


 


鼻が長い。
こちらはマズル長めのフラット・コーテッド・レトリーバー。
そんなに見る犬種ではないのに今日はやたらあちこちで見かけた。


 


このほかにもラーチャーのレースとかテリアのレースとかハウンド・ドッグのパレードとかいろんなイベントがあったのだが見逃してしまったよ。犬を飼ってる人にとってはイベントに参加したり犬グッズを買い込んだりできて飼い主にも犬にも嬉しいカントリー・フェアーだが、犬を飼っていない犬好きさんたちにとってもたくさん犬を見られて嬉しいイベントだろうと思う。もし私が犬を飼ってなかったらよだれを流しながら写真撮りまくるな。


 


怪しい東洋人だ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



出かけた | 21:04:43 | Trackbacks(0) | Comments(0)