■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

合格。

ここ1週間ほど天気がぐずついていたのだが今日は昼から見事に晴れた。


たんぽぽが花盛り。
タンポポも花盛り。


 


獣医さんでもらった炎症止めとグルコサミンが効いたらしく、おかげさまでカラ姉さんもすっかり元気になりました。まだちょっと足取りが硬い時があるけど。


 


カラ姉さん元気です。
おかげさまで元気です。


 


こんなことだってやっちゃいます。
こんなことだってやっちゃいます。
調子に乗るとまた痛めるぞ。


 


運動量は控えているのだけれどかなり体力が余っている様子でやたら元気なカラ姉さん。びっこを引き出す前より勢いがあるような気がする。かなり前から調子悪かったのね。まあ薬が効いて何よりです。


 


そんなカラ姉さんと相変わらずマイペースのジャック、実はここ2ヶ月ほど週一回トレーニング教室に通っていた。今回はいつもと違うトレーナーさんで、ケンネル・クラブの Good Citizen Dog Scheme (優良家庭犬指導要項っていうらしいです)に沿ってのトレーニング。イギリスではなんやかんやと議論を巻き起こし今年のクラフツ(ケンネル・クラブ主催の世界最大のドッグショー)はぺディグリーがスポンサーから降りたりBBCが中継を取りやめてしまうという顛末もあったりしたケンネル・クラブだがやっぱり腐っても鯛、というわけでジャックとカラも挑戦することにした。


詳しく書くと長くなるのでまた別項にアップするけれど(英語でよければこちらへどうぞ)、要はこのテストに合格すると「(それなりに)お行儀のいい犬」というお墨付きがもらえるわけだ。犬と飼い主の名前もちゃんとケンネル・クラブに登録されるし。本当はブロンズにまず合格してからシルバー、そしてゴールドとステップアップするのだが、トレーナーさんが「この調子ならシルバーも一緒に行けるかも」と言ったのでみんながんばってトレーニングを積み、結論から言うとジャックもカラも、同じクラスのあと3頭もみんなシルバーに合格。そんなに難しくはないのだけれどシルバーはちょっとやばいかも、と思っていたのでとりあえずほっとした。ジャックはとりあえず注意力散漫でリコールがぼろぼろだったのに、本番ではきちっと決めてくれましたよ。本番に強い男らしいです。


 


めでたく合格。
というわけでロゼットをいただきました。
証書は後から郵送らしい。


 


 


いやいやかよ。
早速記念撮影、と思ったら二匹ともなぜか表情が硬い。
入学式の会場入り口で無理やり写真撮らされてる子供みたいだ。


 


 


じゃあ一人ずついきましょうか。


ジャック得意げ。
なぜかいきなり得意げな表情のジャック。


 


 


カラ姉さん満面の笑顔。
カラ姉さんほとんど爆笑顔。


 


そんなに一緒に写真に納まるのがいやなのかいあんたたちは。まあとにかくお疲れ様でした。次はゴールドのクラスが夏の終わりごろに始まるかも知れないとの事なのでそれまでは地道に自宅で基本のトレーニングを続ける予定。続くかなー。


 


 


飼い主の根気の問題。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



痛めた | 23:43:56 | Trackbacks(0) | Comments(0)
若いもんには。

その後ぼちぼちのカラ姉さん。本日から肝油に加えてグルコサミンの投与開始。関節にいいらしいです。


 


ごくらくごくらく。
写真奥のチェストの上に置いてあった
布団を引き摺り下ろしてくつろぐカラ姉さん。


 


外に干して取り入れた後なのでふかふかで気持ちいいらしい。すぐにどかされて不満顔だったがしょうがない。足が痛いからって容赦はしませんよ。


しばらく運動は禁止のカラ姉さんだが本人は結構やる気満々。気分が乗ればこんな感じだ。


 





 


気の乗らないジャックを無理やり追い掛け回し、それを見て興奮したお隣のアルフィーまで巻き込んで大はしゃぎ。でも調子に乗った後はやっぱりちょっと辛いらしい。


 





 


もう年なんだからちょっとは分別つけて調子の悪い時はおとなしくしててくれないかしらねえ。


 


 


若いもんには負けないそうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



痛めた | 23:08:31 | Trackbacks(0) | Comments(0)
すっきり。

最近やたらいい天気で、遅ればせながらもあちこちで春本番の気配。


 


キンボウゲが咲きました。
キンポウゲも咲きました。
これから爆発的に増えていくと思われる。


 


冬の間はサボってもどうってことないフロンとラインだが最近ジャックがかゆそうにしているのでシャンプーした。


 


ジャック無表情になってます。
逃げはしないが無表情炸裂のジャック。


 


 


お次はカラ姉さんですよー。
ボクサーだけに。
おとなしくしているが尻尾が心境を物語ってますね。
なんか戦意を亡くしたボクサーがセカンドに励まされてるみたいだ。
カラ姉さん半分でもボクサーだけに。


 


 


毛だらけ。
ジャックを洗った後はいつもこんな感じ。
抜け毛の量に満足感を覚える。


 


 


気晴らし中。
シャンプー後の気晴らし。


 


 


こんな感じで元気なカラ姉さんだが実はかなり不調なのだ。最近右後ろ足の太ももやつま先をよく舐めてるなーとか、時々散歩に出てもいつもの勢いがないなーとか思っていたのだがついに昨日足を引きずり出した。実はちょっと前から痛かったらしいです。


しばらく歩くと楽になるみたいで、散歩中は気分が乗ると相変わらずジャックを追い掛け回したりしているが、しばらくじっとしているとすぐに歩くのは辛いらしく器用に3本足で階段を下りたりしている。なので昨日からフリスビーは禁止、ボール投げもちょっとだけにしてカラの散歩は20分で終了。今日の夕方獣医さんに診せたら「筋を違えただけかもしれないけど、1週間くらい様子を見てまだこのままだったら Arthritis (関節炎?リュウマチ?)かもねー」と。とりあえず炎症止めだけもらって帰ってきた。


まあカラ姉さんももう6歳超えたし、フリスビーや何やらでかなり激しい運動が多かったし、そろそろそういうお年頃かなーという気はしてたのよね。ちょっと前から肝油(関節に良い)をフードに混ぜたり最近保険も1年更新から障害保障に変えたり(じゃないと前年と同じ怪我や病気では保険がきかなくなる)してはいたのだ。まあまだリュウマチと決まったわけでもないし、しばらく運動は控えて様子見。早くよくなれよー。


 


ストレスで家破壊するなよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



生活 | 23:07:26 | Trackbacks(0) | Comments(0)
春の庭。

イギリスは現在イースター(復活祭)。昨日がGood Friday (受難日=キリストが十字架にかけられた日)、日曜がEaster Sunday (キリストが復活した日)で、月曜も祭日。うちの大学はそれに加えて火曜日まで閉まっているので5連休だ。学生諸君は3週間の春休み中なのであんまり関係ないけど。


イングランドで一番寒い街とかいうバクストンもイースターともなればすっかり春めく。うちの庭にも春の気配。


 


ライラック。
ライラックのつぼみ。
花が咲くといい匂いがする。


 


ラッパ水仙。
ラッパ水仙もそろそろ。
他所ではすでに花盛りだが
ここは日当たりが悪いのでまだ。


 


それにしてもこのラッパ水仙、3年位前に通販で花の苗を買ったらおまけで付いてきたのだが適当に植えてほったらかしておいても毎年ちゃんと花が咲くのでありがたい。


 


これは何でしょう。
これは何でしょう。
ここに引っ越してきた時にすでにあったんだけど
花には詳しくないので名前知らないのだ。
ご存知の方教えてください。


 


 


ウインクしてます。
前庭の真ん中にはラベンダー。
カエルがえらそうに座ってます。


 


このカエルはかれこれ2年ほどここに座っている(風の強い日は落ちている)のだけれど、この冬の大雪に埋もれて雪解けで出てきたら色がはげてみずぼらしくなっていた。ちなみにこの写真を撮るまでウインクしてるって知らなかった。後ろのラベンダーはお隣さんが「どんどん増えてきりが無いから」とおすそ分けしてくれたもの。これもほっといても毎年ちゃんと生えてきて花が咲く。こういう手がかからない強い花はありがたい。


 


 


枯れてきた。
ラベンダーと一緒に植えていた草(名前忘れた)が枯れてきた。
これも常緑だし手間要らずだし重宝していたのだが
そろそろ限界だったらしい。


 


 


植え替えました。
というわけで今度はローズマリーを植えました。
ちゃんと育ってくれたら料理にも使えるぞ。


 


 


ミニ温室も登場。
裏庭ではレニーがお兄さんにもらったミニ温室を組み立てた。
気が付くとうちの庭はもらい物だらけだ。
やる気の無さが出てますね。


 


 


ほんとに育つのか?
アジサイの苗などを植えてみました。
これはちゃんとお金を出して買った。
それにしてもこんな貧弱な状態から
無事に育つんだろうか。


 


そうやって飼い主が忙しくしている間ジャックとカラは仲良く自分たちで遊ぶ、わけはなくて、ボールを持ってきては「投げて~」と催促。


 


あっそぼ~。
あそんで~。


 


 


私が手が放せなくて無視していると2匹そろっていそいそとレニーのところに行き催促、そっちでも無視されるとまた私のところに来て催促、と前庭と裏庭を行ったり来たり。なんだかんだで3時間ほど外にいたので午後の散歩は短めに切り上げたのだがそれでも現在爆酔中のご両人。明日はダービーに行くからまた夜はぐっすりだな。


 


 


疲れた犬は良い犬だ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 23:19:46 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ポテチいろいろ。

イギリス在住の日本人ブロガーはみんな一度は話題にしているだろうと思われるネタをひとつ。


ポテトチップスはイギリスでは crisps クリスプス。ちなみに chips はいわゆるフライドポテト(アメリカでは French Fries)なので慣れるまでは紛らわしかったりする。そのクリスプス(たぶん)最大手のメーカーが Walkersウォーカーズ。この会社、いろんな味付けのクリスプスを売っていて、話のネタにと実家に帰った時に買っていった Salt & Vinegar (イギリスではchipsに塩とお酢をかけて食べるのが一般的)が小学生の姪っ子の好みにヒットしたらしくそれ以来「帰国時にはあのすっぱいポテチを」とリクエストが出るようになったりもしている。


その Walkers、身内では味付けのネタが尽きたらしく一般人からアイディアを募集。その中から吟味に吟味を重ねた(のかどうかは知らないが)6種類を現在販売中。これまた一般人に食べてもらって人気投票を行い、見事1位に輝いたアイディアを出した人は賞金5万ポンド(本日のレートで約750万円)と市販後の売り上げの1%を獲得するとか。賞金の話は知らなかったので最近になってから「応募すればよかったー」と後悔する私たち。や、別にすばらしいアイディアがあったわけではありませんが。


さて前置きが長くなったが、要はこの前スーパーで3種類ずつ入ったマルチパック(小さめの袋の詰め合わせ)を売っていたので2パックとも買ってきた。試食してやろうじゃありませんか。


と言うわけでいつものようにジャックさんにモデルになっていただきました。


 


慣れたもんです。
6種類そろいましたよ。


 


実はこの直前にいきなりゲロってちょっとへこみ気味のジャック。なので何でもされ放題。カラにもモデルになってもらおうとがんばってみたが袋がカサカサ言うのが気味が悪いらしくて逃げようとしたりして体の上には乗せられなかった。


 


いやいや。
カラ姉さんこれが精一杯。
嫌々のオーラがにじみ出てます。


 


じゃあちょっとづつ試食しましょうかね。


リス?
最初に試してみたのがこれ。
ケイジャン風味のリス。
昔しとめたもんねえ。


 


なぜにリス?と思ったら提案者は「いつもリスに嫌がらせされてるから」とか。ケイジャンは「外国料理が好きだから」だってよ。こわごわ食べてみたがいまいちいただけなかった。くせのある肉の味にぼやーっとスパイスっぽい味が重なっているような感じ。これはいらんなあ。


 


ダック?
お次はクリスピーダックの海鮮醤がけ。
北京ダックの皮ですね。
皮に包んで食べるやつ。


 


これはなかなかいけるけど、ほのかにキュウリの香りがするのが不思議だった。


 


日を改めて今度はこれに挑戦。


すごい嫌そう。
チリチョコレート。
それにしてもカラ姉さんもうちょっと愛想良くできないもんかしら。


 


チリ入りチョコレートってちょっとおしゃれなレストランとかではたまに見かけるが、果たしてポテチの味として成立するのかしら、と疑心暗鬼で食べてみた。ダークチョコなんだろうけどポテチにちょっとココアをふりかけた感じ。しばらくするとほんのりチリの辛味を感じる。ジャガイモとチョコとチリ、それぞれの味がばらばらで私はいらんなあという感じの味だった。


 


さらに日を改めてこちら。


ジャックの目が輝いてます。
イギリス名物フィッシュアンドチップスと、
イギリスの国民食となりつつあるインド料理のオニオン・バジー。
たまねぎをスパイスの入った衣で揚げた料理。


 


レニーはフィッシュアンドチップスが気に入ったらしいが私はいまいち。妙に魚臭い上に分厚くてカラっと揚がっていない天ぷらの衣のような風味が重なってちょっと微妙。オニオン・バージはいけました。もともと Walkers のクリスプスで私のお気に入りの Cheese & Onion のスパイスバージョンみたいな感じだ。それにしてもジャックがなんでそんなに嬉しそうなのか気になる。


最後に写真を撮り忘れたのが Builder's Breakfast。何でビルダー(土建屋)なのか知らないが要はイングリッシュ・ブレックファストだ。目玉焼きとかソーセージとかベイクドビーンズとかいろいろ盛りだくさんのやつ。ケチャップ味がするんだろうと思ったら実際にはそれほどでもなかった。ほんのりケチャップ、なんとなくソーセージ、なぜか食べた後に口にかすかに残る卵の味。私は「まずくは無いけど特別おいしいってわけでもないよねー」と言いつつ食べ続けたがレニーは「卵の味が気持ち悪い」と言って受け付けなかった。別に卵嫌いなわけじゃないのに。


てなわけで6種類すべていただいた結果、私はオニオン・バジーかクリスピー・ダック、レニーはフィッシュアンドチップスかクリスピーダックという結論に落ち着いた。ジャックとカラは「生きてるリスを追いかけるのが楽しい」とポテチには無関心。どうせ食べさせてもらえないしね。


 


と言うわけでようやくモデルのお仕事が終わって開放感を味わうジャックとカラ。


やれやれ。
ストレス解消中。


 


 


お疲れさん。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



食べ物 | 23:36:35 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ペンキ塗り。

今週から学生諸君は3週間の春休みに入るので、レニーと私も1週間春休みを取った。天気もいいのでペンキ塗りでもしましょうか。


 


準備完了。
準備完了。なぜかやる気満々のジャック。


 


今回は玄関、階段と二階の廊下をやります。私の主な仕事は階段脇にある古い電話線を取り除く事。今はみんなコードレスだし、電話線の上から何度もペンキを塗ってあって結構見ぐるしいし埃もたまるのでずーっと前からやりたかったのよねこれ。


 


私の担当。
ココをやります。


 


これってどうなんですか。
引っぺがした状態。
どうやらペンキだけではなく漆喰も塗られていたらしい。
なんじゃこりゃ。


 


電話線を取り除いて長年塗り重ねられたペンキをサンドペーパーである程度落としてから隙間をパテで埋めて、今日はひとまずここまで。


 


今日はここまで。
明日またサンドペーパーをかけて
ペンキを塗って終了。


 


その間レニーは天井と壁にペンキを塗っていたのだがアクシデント発生。換気のために玄関のドアを開けておいたらジャックが何かを見つけて「ワン!」と言ったかと思うと外へ猛ダッシュ。


 


アクシデント発生。
だけならいいんですが
通り道にはペンキの入ったトレーが。


 


幸い水溶性のペンキだったので外でジャックの足を洗い、床も雑巾で拭いてきれいになった。あーびっくりした。


 


ペンキまみれ。
とほっとしたのもつかの間、
気が付くとジャックがペンキまみれ。


 


よく見ると赤い矢印のところのペンキがこすられたような跡が。またやったのかあんたは。そういえばいつもここで壁にもたれてるもんなあ。もう面倒くさいのでペンキが勝手に取れるまでこのまま放っておこう。


 


あたしはいい子だも~ん。
その一方今日はとってもいい子にしていたカラ姉さん。
家具の組み立てはあんなに邪魔するくせに。


 


翌日、私の胃の調子が悪くて寝ている間にレニーが階段脇を仕上げてくれた。お疲れさーん。


 


終わりました。
電話線が無くなってかなりすっきりしました。


 


この写真を撮って2階に上ると、ジャックが寝ていた場所であるものを発見。


 


またやったのかお前。
まだ乾いてなかったらしいです。


 


レニーも知らなかったらしく、またやり直しかよーとちょっとご立腹。だから椅子か何か置いとけっていったのに。レニーはこういうところの詰めが甘いのだ。


 


なぜか得意げなジャック。
体中ペンキまみれで得意げなジャック。


 


完全に乾いてからちょっとこすったらかなり毛は落ちたのでこのままほうっておく可能性高し。まあそんなに目立たないからいいか。


 


 


教訓:換毛期のペンキ塗りは気をつけましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 20:12:44 | Trackbacks(0) | Comments(0)