■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

骨。

日曜早朝でサマータイムも終了。これからは日本との時差は9時間になります。いつもならそろそろ初雪か?と思う気候のはずが今年は妙に暖かい。最高気温13度くらいの日々が続いている。でも空はどよよーんとしていて冬は確実に迫っているんだなあという感じ。風も強くなってきたし。


 


カラの目線に注目。
というわけで木の葉も順調に落ちてます。
おすましジャックのくわえる枝に視線釘付けのカラ。
この3秒後には予想通りひったくった。


 


そんな生ぬるい天気の中久しぶりにお肉屋さんの肉でステーキでもするか!という事になり 久々に街のお肉屋さんに行ってきた。レニーは諸々の事情で顔見知りなので世間話をしながらあれとこれと、と注文して最後に「犬にあげる骨ある?」ときいてみたらすごいのをくれた。帰宅してちょっと見せてみたらジャックもカラもものすごく気になるらしくそばを離れない。


 


てこでも動かないそうです。
カウンターの上にあるのがそれ。


 


さすがに散歩には出てきたが帰ってからはここを離れない。とりあえずダイニングルームに隠してドアを閉めるとドアの前に陣取って切ない目で飼い主を見つめるカラ。かなりいいにおいがするそうです。なのでこの日はご飯はいつもの半分以下にして骨をあげることにした。


 


何でもいいから早く食わせろ。
どどーん。
カラ姉さんは大きいほうをどうぞ。
「早く食わせろ」と目が訴えている。


 


ジャックも真剣。
ジャックには小さいほうを。っつってもでかいけど。


 


この骨は牛の脚半分(ひざから足首にかけて)の骨を半分に切ったもの。かなり気前よく肉も残してくれたし、骨が太いので骨髄(これが犬にとってはたまらないらしい)も断面から大きく開いていてかなりうまそうだ。や、私は骨は食べませんけども。


この後オッケーを出しても二匹とも自分では持ち上げることができず、飼い主の手を借りてラウンジに移動。前もって敷いておいたバスタオルの上でかじり始めた。


 


顔が変わってます。
肉をはがそうと必死のカラ。顔が変わってるよあんた。


 


ジャックも足踏ん張ってがんばってます。
ジャックも両足踏ん張って奮戦中。
重いので押さえなくても動かないらしい。


 


そうやってジャックとカラが骨に夢中になる傍らでご飯食べたりテレビ観たり写真撮ったりの飼い主。のんびりと言えばのんびりしていたがジャックとカラがあまりにも真剣なので見てるだけで何だか疲れた。結局3時間近く格闘して、今日はそろそろ、と取り上げた状態がこれ↓


 


まだまだ続くよ。
かなりきれいになりました。


 


このままビニール袋に入れて冷蔵庫で保管中。これからは小出しにしていく予定。身が全部無くなれば出しっぱなしでもたぶん大丈夫かと。でも一度加熱しないと骨髄が腐ってくるかなあ。


3時間もがりがりやって疲れたのか、この後トイレに外に出て帰ってきたら2階に直行。ジャックはソファベッドで、カラは飼い主のベッドで爆睡。カラは飼い主が寝る時に追い出されるんだけどね。次の日はジャックもカラも体から牛脂の臭いが漂っていて、他の犬に会ったらえらい人気者になりそうな感じだった。会わなかったけど。


 


 


会ったらややこしい事になりそうだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



ジャック&カラ | 23:25:33 | Trackbacks(0) | Comments(0)
カバー。

新しいソファのカバーを買いました。
高かった。
おニューだよ。


 


この2シーターは主にお客様とジャックしか座らないのだが、たまにカラがおやつを隠そうとして掘ったりしているうちにだんだんみずぼらしくなってきた。なので最近はずっとベッドカバーをかけてごまかしていたのだけれど革の上にコットンのカバーをかけただけではすぐにずれてしまうし生地を通して乾いた土がソファーの表面に届いてしまいざらざら。どうにもこうにも我慢が出来なくなってきていた時期にこちらのお店からカタログがやってきた。


リンクから見ていただければわかるけれどかなりおしゃれで高級感あふれる犬グッズ満載のお店なのだ。ベッドもたくさんあってどれもものすごく気持ちよさそうなのでジャックとカラにもぜひ、と行きたいところだが何せお高い。犬用ベッドに200ポンド(3万円)も出せませんよ家のローンもあるのに。というわけでいつもはため息をつきながらカタログを眺めるだけだったのだが、このソファカバーはキルティングであったかそうだしマイクロファイバーで泥や水もはじくし毛も付きにくいし、裏には滑り止めも付いていて犬が寝やすいようにボルスター(抱き枕)も付いているし、何よりもうベッドカバーでは我慢の限界、というわけで意を決してご購入。ちょっとサイズは大きかったがベッドカバーよりはずっとしっくり来る。


 


というわけで早速ジャックとカラにもお試しいただきました。
はいポーズ。
カラ姉さんすでにうとうとしております。
ジャックはちょっと緊張気味。


 


仔犬時代に長時間屋外で過ごしているせいか、体の密着が嫌いなジャック。カラはくっついて寝るのが好きなのでたまにジャックにもたれようとするけれどジャックがいつも逃げてしまう。飼い主の私ですらつい最近まで寝ている上に覆いかぶさるといつも逃げられていた。最近ちょっとましになってきたのでこういう写真も撮りやすくなったけれどあんまりリラックスは出来ないらしい。というわけですぐに退散。


 


ジャック退散。
あらもう行っちゃうの?とちょっと物足りなさそうなカラ姉さん。
いじめっ子のくせに結構甘えん坊。


 


独り占め。
でも独り占めはやっぱりいいらしい。
早速ボルスターにあごを載せてすやすやとお昼寝。


 


実際人間が寝ても結構気持ちいい。出費は痛いが値段だけの価値はあるのでまあよしとしよう。「次は低反発マットのベッドをぜひ」とカラの目が訴えるがしばらくは無理です。イギリスは普通はボーナスがないので宝くじに当たるくらいしか臨時収入は無いのよね。


 


お金は無くても楽しめるのがきれいな夕焼け。
秋の夕暮れ。
まあこれも晴れの日が少ないバクストンでは
かなり貴重な景色なのだけれど。


 


もうかなり日が短くなってきて、夏至の頃は夜10時過ぎまで明るかったのに最近は6時過ぎには暗くなる。もうすぐサマータイムが終わって時計が一時間戻るので一気に日暮れが早くなり、12月には夕方4時にはほぼ真っ暗ですよ。そんな天気も憂鬱だがおかげで光熱費が跳ね上がるのがもっと憂鬱な季節でもある。


 



じっと我慢の冬はすぐそこ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 23:32:56 | Trackbacks(0) | Comments(0)
週末。

なにやら忙しくて週1回の更新がやっとの今日この頃。たぶん年末までこのペースだと思われます。


最近すっかり秋の気配だが、秋が来たら春に備えるのがガーデニングらしい。通販のガーデニングの店からちょっと前に春咲きの花の案内が届いた。来年の話をすると鬼が笑いますよ、とか思いながらもちょこっと注文しておいたのが先週届いたので週末に前庭に植えた。


 


球根100個。
これはクロッカスの球根。
100個入っていたので100個とも植えてみた。
全部咲いたらえらいことになりそうだ。


 


この他にはスズランとSnowdropsSiberian Squills、(スズラン以外は日本語の名前を知らないので失礼)、まあつまり寒さに強くて手間のかからない野性の花を植えてみた。無事に咲くかしら。


その後いい天気だったのでジャックとカラを連れて街までぶらぶら。


 


秋ですねえ。
すっかり秋模様のパビリオン・ガーデン。
池で泳ぐ鴨を狙うカラ。
鳥は飛んで逃げると学習したので追いかけはしないんだけど。


 


そんな土曜とは打って変わって日曜日は午前中いっぱい大雨だったので家でまったり。本当は掃除なんかもしないといけないんですが。


 


ジャックのアホ面。
ジャックをおちょくって遊んでみたり。
それにしても頭悪そう。


 


午後は雨が上がっていい天気だったので夕焼けが見られるかなーとちょっと期待しつつソロモンズ・テンプルまで行ってみる事にした。


 


秋の日はつるべ落とし。
秋分の日を境に毎日3分くらいのペースで
日暮れが早まっているバクストン。
長くて暗い冬はもうすぐそこだ。


 


新種のキノコ?
キノコもあちこちに生えている。
その後ろで枝を咥えて上を向くジャック。
新種のキノコかお前は。


 


途中でちょっと休憩、というかフセマテの練習。
実はものすごい強風。
最近は5分くらいは余裕で出来るようになった。


 


本当は1匹ずつ別々に練習しないといけないんだけど片方がやってるともう一方もマテの態勢になってしまうのだ。まあこいつらはほぼ24時間一緒だし、ケンネル・クラブのテストでもみんな同時にフセマテをやるし、まあいいか。


 


もう一上りしてソロモンズ・テンプルに到着した頃にはもう暗くなりかけていた。
いつもの場所。
夕焼けはいまいちだったな。


 


丘のてっぺんはものすごい風で突風が来ると息をするのも一苦労。とっとと降りましたよ。


土日両日ともたくさん歩いたのでかなり満足したらしく本日月曜はとっても静かなジャックとカラ。飼い主はガーデニングで立ったりしゃがんだりした上に丘を上ったので太ももの内側が筋肉痛。年には勝てませんねえ。


 


 


犬は筋肉痛にはならないのかしら。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 12:15:31 | Trackbacks(0) | Comments(0)
バースデー・ディナー。

秋ですね。


秋ですね。
というわけで恒例のシニア向けファッションカタログの写真を撮影。
まだ背景が緑なのであまり雰囲気が出ないな。


 


10月1日でジャックは5歳になりました。
ジャック5歳になりました。
5歳という事でちょっとおっさんぽい大人の表情の
写真を選んでみました。


 


ジャックの本当の誕生日は誰も知らないんだけどうちに来た4年前の10月に「13ヶ月」という事だったのできりのいい10月1日をジャックの誕生日と制定した次第。せっかくなので豪勢にステーキとかあげたいんだけどジャックもカラも最近おなか下したり戻したりで飼い主を翻弄させているのでこの日もいつものフードにご飯を混ぜたものだけ。


 


でも食事は質素に。
誕生日とは思えない質素な食事。


 


でも質素だろうがなんだろうが食べられれば何でも欲しい食欲旺盛なカラ姉さん。一度食器にフードが入るとその場を離れない。


 


カラ姉さん人相が変わってます。
カラの右手のカウンター上にフードがあるのだ。
欲しくて欲しくてしょうがないカラ姉さん、
人相変わってます。


 


のんびりジャック。
その一方でのんびり構えるジャック。
「焦らなくてももうすぐもらえるんだから」って感じなのかしら。


 


ビンディ・ボーイ。
こうやって上目遣いだとスパニエルっぽいなやっぱり。


ちなみに眉間にくっついている鼻くそみたいなのはかさぶたです。どこで何をやらかしたのかちょっとした傷が出来ていて、そこのかさぶたがぼちぼちはがれてきた状態。インド人みたいだねーとレニーに「ビンディ・ボーイ」としばらく呼ばれていた。


 



この後すぐ取れました。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



ジャック | 19:06:39 | Trackbacks(0) | Comments(0)