■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

カーテン。

もうかれこれ2週間ほぼ毎日雨降りでうんざりの今日この頃。おかげさまで相変わらず忙しくしております。でも5月に胆嚢を取って以来体調はすごぶる良いので欠勤も無く何とか仕事をこなせている。朝起きるのがこんなに簡単な事だとは知らなかったよ。


 


さて本題。犬を飼うと物を壊されたりするのは珍しいことではないんだけれども、カーテンを引き下ろされると見た目のインパクトは結構激しい。


 


やられました。
去年の1月にベッドルームをやられ、


 


ここもやられました。
去年の11月には来客用の部屋を、


 


ここは何度もやられました。
そして今年の9月には階段の上がり口をやられました。


 


というかここは何度もやられてるんだけど。ベッドルームと来客用の部屋はボルトごと壁から引き剥がされたので穴が広がってしまい修復不可能。なのでベッドルームは壁の出っ張りにレールを無理やり乗せて、来客用の部屋はずっとこの1年カーテン無しで過ごした。誰も泊まりに来なくて良かった。


 


さて犯人は誰かといえば一目瞭然。


容疑者。
白目むいて寝てる場合ちゃうであんた。


 


我が家の見張り番のカラ姉さん、時々仕事に熱が入りすぎてカーテンを引っ張ってしまうらしい。っていうかボルトを壁から引き抜くってどうなんですか。


そんなわけでここ2年ほど少しずつ家が破壊されていくのをなすすべも無く見守っていた飼い主だが、階段上のカーテンはレールは無事でもカーテンだけ外されるのは日常茶飯事。なので出かけるたびに短くしばっていたのだがあまりの貧乏臭さに嫌気が差した。


 


すっきり。
じゃじゃーん。ベッドルームがすっきりしたよ。


 


 


カーテンレールの後始末しなきゃ。
来客が来てもとりあえずは安心して
寝ていただけるようになりました。
レールの跡が生々しいけど。


 


ここも同じ色で。
階段上もね。
下で騒ぐレニーの声に
カラが首をかしげている。


 


うちの窓は何だか変なサイズなので市販のブラインドだと合わないので全部まとめてオーダーメード。覚悟していたよりは安くついたが全部で300ポンド近くかかった。チーン。


最近ソファのカバーを買ったりカラのベッドを新調したりで出費が重なっているのに何でこのタイミングでブラインドを取り付けることにしたのか自分でも良くわからない。最近テレビの調子が悪いのでそろそろ買い換える予定だし、そのついでにテレビ台も新調して、来年の春あたりには家の一部を改築する予定もあるのにこんなにお金を使っていていいのだろうか、とちょっと不安にならないでもない。これもみんなあんたのせいだよカラ姉さん。このままじゃ犬貧乏になってしまう。実は去年まで犬家計簿をつけていたのだが今年は怠けてつけていなかった。ちゃんとつけてたらブラインド代も犬の出費で計上だな。


それに比べたらジャックの悪戯なんてベッドから綿を引きずり出す程度だ。カラに比べるとジャックは本当に扱いやすい性格で助かるわあ。


 


こんなんまだ可愛いほうだ。
引きずり出した綿の上で
得意げにポーズのジャック。


 


これくらいなら別にいくらやってくれても結構ですよ。綿を拾って隙間からまた押し込むだけだから。引きずり出されないようにちゃんとつくろいなさいよという声も聞こえないことはないんだけども。ほら最近いろいろ忙しいから。冬休みに入ったらやります。たぶん。


 


 


カラも一緒になってやってるけど。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ




| 23:49:37 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ベッド。

最近雨は多いし日暮れは早いしでなかなか外で写真を撮る機会が無いバクストンからお送りしております。木曜は学会でオックスフォード、金曜は出張でロンドンにいたのだけれど観光なんてする暇も無く帰ってきた。


そんな中でも一日だけ夕焼けが見られそうだったのでカメラを持って散歩に出た。丘の上に上ってるうちに沈んじゃったけど。秋の陽はつるべ落としってほんまやね。それでも何枚か写真は撮った。広角レンズなので近くはかなり近く、遠くはすごく遠くに写る仕組み。そんなレンズでジャックとカラを間近に撮ると↓


 


鼻が伸びてます。
ジャック鼻が伸びてます。


 


カラでも試してみたけれどカメラを見てくれないのでいまいち。
ボールに集中。
写真はいいから早くボールを投げろ、と申しております。


 


そんなカラ姉さんだがそろそろ関節にガタが来るお年頃。特に寒くなってくると厳しいようで時々歩き方がギクシャクしている。調子のいい時はジャックを追い掛け回してるんですけどね。もうすぐ7歳だし、これからは運動量と体重の管理が重要課題だな。


 


とかいろいろ考えているとお隣さんが「小包預かってたよー」と持ってきてくれた。


 


小包が届きましたよ。
全然小さくない小包だ。


 


カラ姉さんも催促してるし、早速開けてみましょう。


ベッドです。
じゃじゃーん。
新しい犬用のベッドです。


 


察しの良い方は何となくお気づきかもしれないがこの前買ったソファーのカバーと同じ柄。同じショップで買ったからね。実はこのベッド低反発マットのベッドなのだ。寒くなった途端足の調子が悪い日が増えてきたカラ姉さんを見てレニーが情け心を出し、大枚はたいてご購入。や、一番小さいSサイズですが。費用の半分は最近携帯をアップグレードしたので古いやつをネットで売ったお金でまかないましたが。でも犬のベッドとしてはかなりお高い。って言うか今のベッドは人間用の掛け布団を四つ折にして手作りカバーをかけただけだし。普通の長方形のもあったんだけどカラは枕大好きなのでわざわざボルスター付き。


 


では早速カラ姉さんにお試しいただきましょう。
早速お試し中。
気持ちはよさそうだけどちょっと小さいかなあ。
でも寝ちゃったよ。


 


やっぱり小さかったか。
やっぱり小さかったか。Sサイズだしなあ。


 


大型犬のカラ姉さんにどうしてSサイズなのかと言うと、単純に今使っているベッドの大きさとほぼ同じだから。枕の分だけ寝る場所が小さくなるという事は何となく気づいていたがこれ以上大きいと今のベッドの場所に収まらないというわけで「体重40ポンド以下」という目安を無視して(カラは30kgなので60ポンドちょい)このサイズを注文したのだ。カラは熟睡すると体を伸ばすという事も何となく覚えていたのだけれど値段も気になったし。そんな貧乏性が今回は裏目に出たのかもしれない。とりあえずしばらく今のベッドはそのままにして、こっちでも寝られるようにして様子を見ることにした。


 


お気に入りなんですけどね。
かなりお気に入りなんですけどね。


 


そんなカラの様子を見ながら飼い主二人でいろいろ相談した結果、関節のためなんだからやっぱりちゃんとしたサイズのベッドにしないとねえということになりMサイズに交換してもらうことになった。Mでも体重60ポンドまでが目安なので体を思い切り伸ばすカラではちょっと厳しいかもしれないが、Lになると直径1.3mくらいになってしまうので狭い我が家ではちょっと無理だ。明日電話して返送の手配諸々を済ませる予定。返品天国イギリスでも犬のベッドは返品不可だったりするのだがこのショップは「100%のご満足を保証します」という事でこんなものでも返品可。使った後でも大丈夫らしい。そらこんだけお金払ってんねんからこれくらいはしてもらわななあ、とつぶやく私はやっぱり大阪人なんでしょうかね。


 


 


ジャックはまだまだ大丈夫。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



怪我・病気 | 23:01:14 | Trackbacks(0) | Comments(0)
花火。

最近一気に気温が下がって日中でも一桁の気温が続くイギリス北西部。雨も多くてちょっと気がめいる。どうせならいっそ雪になって欲しいもんだ。


 


ジャックが不安げに上を見上げるシーズンとなりました。
不安顔のジャック。
花火が怖いのよね。


 


毎年恒例のガイ・フォークス・デイ。この日が近づくと花火を上げるのだ。夏は日が長すぎて花火なんて上げても見えないからイギリスでは秋が花火シーズン。音に敏感なジャックにとってはいい迷惑だ。というわけで今年おやつで釣る作戦を決行。去年はうまくいってしばらくすると花火が鳴るたびに尻尾を振るようになったんだけど、一年たつと忘れるらしい。


 


下さい顔のカラ。
というわけでおやつを用意したらカラが神妙な顔でスタンバイ。
あんたは花火平気だろうが。


 


そんなカラ姉さんの期待をよそに花火はあまり鳴らない。最近天気悪いからねえ。寒いし小雨は降ってるし風は強いし、こんな天気で外に出て花火上げようっていう人もあんまりいないだろう。


 


花火が鳴らないともらえません。
おかげでほとんどご褒美をもらえなかった
ガイ・フォークス・デイの木曜日。
カラ姉さんがっかり。


 


当日は天気もいまいちだったし平日だったしでパッとしなかったが土曜日は天気もそこそこだったので派手にやる人もいるんじゃないかと思っていたらやっぱり7時くらいからパンパン鳴り始めてジャックが吠え出した。こんなこともあろうかとレニーがまた肉屋に行って骨をもらってきたのだよ。


 


じゃじゃーん。
じゃじゃーん。写真はいいから早くくれ、と訴えるカラ姉さんと
花火は怖いけど骨がちょっと気になるなーという顔のジャック。


 


はいはい、心配しなくてもちゃんとあげますよ。見せるだけでまた隠すほど根性は悪くないって。


 


野獣。
カラ姉さん鼻をひん曲げてがんばってます。


 


 


寄り目ジャック。
ジャックも若干寄り目になりながら
肉を引き剥がそうと必死。
花火?聞こえないねーって感じだ。


 


というわけで二匹とも無言でゴリゴリゴリゴリと約2時間半。すごい集中力を発揮していただきました。まあ花火もあまり鳴らなかったんだけども。


あんまりおなかいっぱいになって夜中に粗相されても困るので取り上げるとわりとあっさりあきらめてそこらへんで寝始めた。骨を噛むって結構疲れるんだろう。


 


白目ジャック。
ソファの上でヘソ天で白目をむいて熟睡中のジャック。


 


この翌朝の散歩では4回もトイレをしたらしい。前回は6回(!)だったらしいので今回はちょっと落ち着いてたってことかしら。


 


 


 


おなかいっぱい。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



生活 | 21:48:53 | Trackbacks(0) | Comments(0)
貯水池でウォーキング。

もう11月ですね。今年も残すところあと2ヶ月なんてちょっと信じ難いが、時間が早く過ぎるということは冬休みも早くやってくるということなのでちょっとうれしい。今学期もそろそろ折り返しでかなり疲れが見える今日この頃。


そういえば最近ウォーキングに行ってなかったねえということになり土曜日に車で10分ほどのGoyt Valley という所に行ってきた。ここには貯水池がいくつかあってこのあたりの住民の憩いの場所、というほどでもないが大概みんな行った事のある場所なのだ。


秋真っ盛り。
秋真っ盛り。
場所も季節も関係なく、
どこに行っても枝を見つけるのが習慣のジャックとカラ。 


 


貯水池です。
ほら貯水池ですよ。
水を見ると入らずにはいられないジャックにつられて
泳げないくせに水に入りたがるカラ。


 


そういうことは想定済みなので
飼い主もちゃんと水に浮くウォーター・コングを持参。
ジャックお仕事中。
ジャック張り切ってます。


見た目はコリーでも中身はかなりスパニエルのジャック、水も大好きだが普通に泳ぐだけではだめらしくなんか投げてよーとせがみ続ける。これが自分の仕事だと思っているらしくたまに見失っても一生懸命探して持ってくる。レトリーブ命。水際でカラにひったくられるんだけども。


 


そうやってたまに水際に下りながら遊歩道をぶらぶら歩き、貯水池の端っこまでやってきた。


 


何があるのかなー。
塀の向こうは何があるのかと興味津々のジャックとカラ。
飼い主が見てると気になるらしい。


 


向こう側はこうなってます。
塀の向こうはこうなってます。
ここは人ではなく水が通る道。


 


この下にもうひとつ貯水池があって、ここの水位が上がるとここを通って水が逃げて行く仕組み。この辺は丘陵地帯なので貯水池も段々畑みたいに作ってあるらしい。


 


ここで折り返して今度は反対側の遊歩道を歩いて出発地点に戻る。


 


飽きずにやります。
まだ飽きずにレトリーブ。ジャックにとってはお仕事ですからね。


 


紅葉を堪能中。
ちょっと休憩して紅葉など眺めてみたり。
ジャックは水面を眺めてますが。
いくら泳いでも飽きないらしい。


 


そんなこんなで2時間ほどかけてぐるっと周り、駐車場で商売中のアイスクリーム・バン(移動アイスクリーム屋さん)でアイスを買って帰路に着く前にちょいと休憩。


 


捕まえられるものならば。
飼い主を待つ間にキジを見つけたカラ姉さん。
レニーがいるのでノーリードでも追いかけないけど視線は釘付け。
私だけだったら間違いなく追いかけてたな。


 


そんなわけで飼い主は秋景色を堪能、ジャックとカラはたくさん走って泳いで満足。帰りにいつものお肉屋さんに寄ってまた骨をもらって(今回は小さいやつ)さらに満足。結局いつも得するのはこいつらだ。ええのおお前ら。


 


 


犬になりたい。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



出かけた | 22:29:15 | Trackbacks(0) | Comments(0)