■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

サマセット最終日。

もうかれこれ1ヶ月以上たつというのにまだ引っ張っているホリデーの話もようやく最終日。


バクストンまで4,5時間かかるのでそんなにゆっくりもしていられないのだけれど「サマセットに来たらサイダーだよ!」というレニーのご要望にお答えしてサイダーファームへ。サイダーって三ツ矢サイダーじゃないですよ。リンゴで作ったお酒です。シードルって言ったほうがピンと来る方が多いかも知れない。この辺りは一大産地なんだそうな。地元の人がよく飲むのは Scrumpy スクランピーという、サイダーのもっと強い飲み物らしい。


とにもかくにも近くにサイダーを作っている農家があるというのでB&Bをチェックアウトしてエルサにお別れした後直行。


 


サイダーファーム。
小さな農家だけれど観光客歓迎。


 


かいつまんで説明すると「入場料は取りません、サイダー作りのビデオを見たり、果樹園を散策したり、豚や子豚やヤギやウサギにご挨拶したり、りんごを絞る作業場やサイダーの試飲のできるお店をのぞいたり、のどが渇いたらティールームへどうぞ」と結構盛りだくさんだ。「犬はリードにつないで、後始末もきちんとしてね」という注意書きも最後の方にあり。


かしこまりました、ではさっそく見て回りましょう。


 


お約束。
こういうのって万国共通のお約束らしい。


 


カラが豚に。
ちょっと離れた所にもうひとつ。
カラ姉さん豚になってます。


 


子豚ちゃん登場。
子豚ちゃん登場。
ショップで餌を売っているので
人が来るとこうやって出てくる。


 


ご挨拶。
どこにでも好奇心の強いのがいるらしく、早速ご挨拶。
カラ姉さんちょっと引いてます。


 


親玉登場。
親玉登場。
ちなみに名前はシンシアらしい。
シンシアって顔か。


 


ちなみにシンシアちゃんはグロスター・オールド・スポットという黒豚の品種で、レニーによると肉はお値段も張るけどすっごいおいしいらしいですよ。この仔豚たちもある程度大きくなったらいいお値段で売られていくのだと思われる。


 


リンゴ園。
果樹園エリア。
それにしてもいい天気ー。


 


こんなリンゴです。
これがサイダーの原料のりんごらしいです。
きっと食べるとおいしくないんだろう。


 


小さな農家なので散策はすぐに終了。その後ショップに寄ってお土産など購入。


 


お土産。
全部自分用ですが。


 


りんごジュースとスクランピー、ポーク・スクラッチングス(豚肉の皮の部分をカリッと焼いた?あげた?もの。お酒のおつまみですね)、白い袋は豚の餌。スクランピーがおしゃれなボトルではなくプラスチックのタンクに入っているところがイギリスらしいというか何と言うか。りんごジュースはすごくおいしかった。


 


出発前に豚に餌をあげに戻ったらみんな食欲旺盛なんだけども、その中でもシンシアはそばによってくる子豚を威嚇しながらもりもり食べていた。自分の子供を蹴散らすほどお腹が空いていたのか。豚の食欲ってすごいよなーと改めて感心しながら家路に着いた。車に乗ったとたんジャックもカラも爆睡。


 


ぐったり。
再びジャックを枕にするカラ姉さん。


 


サマセットを出たときは写真のとおりの快晴だったのに、北上するにしたがってだんだん天気は悪くなり、バクストンについたら雨が降ったりやんだりしていた。寒いし。おまけにボイラーが故障していてお湯が出なくて、修理の手配をしたと思ったら修理屋が来なかったり(イギリスでは良くある事)で結局4日ほどお風呂に入れず、お湯を沸かして体を拭くだけでしのいだ。寒くてちょうどよかったかも知れない。


まあそんな感じで、なんだかなあというオチがついてしまったけれどもイギリスに来て初めての犬連れのホリデー、なかなか楽しかったのでよしとしましょう。


 


 


 


次回は子連れホリデーかー。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ


 


 




出かけた | 21:32:09 | Trackbacks(0) | Comments(0)
サマセット3日目。

更新がんばりますとか言いながらやっぱりスローペースな今日この頃。お腹はさらに大きくなり動きがさらに鈍くなっております。


まあそんなことは置いといて、サマセット3日目は蒸気機関車に乗ってきました。泊まっていたB&Bから最寄の駅まで車で5分。観光客がメインターゲットなだけあって古い駅舎の雰囲気を残した建物だった。


 


切符売り場。
切符売り場。


 


前日にパンフレットで下調べした結果一日乗り放題券がたぶん一番安上がりだろうということになり、決して安くはないんだけれども購入。大人は14ポンド80ペンス(2千円くらい)、犬は2ポンド(270円くらい)。


 


犬も切符あります。
犬にも切符くれます。


 


ホームも昔ながらの風情を残してあるのでいろいろ写真を撮りつつ電車、じゃないや汽車を待つ。


 


来たよー。
来たよー。


 


ちょうど私たちの前を通り過ぎたときに勢いよく汽笛を鳴らされて、ジャックは「?」な顔をしただけだったがカラ姉さんは10cmくらい飛び上がってビビッてしまい、おまけに結構いっぱいで一番後ろの貨車のスペースに乗ったのでがらんと広いわ音は激しいわでカラ姉さんかなり動揺。


 


カラ姉さん震えてます。
写真じゃわからないけどぶるぶる震えてたカラ姉さん。


 


カラ姉さんのあまりのびびりっぷりに予定変更して次の駅で降りてしばし散歩。乗り放題の切符でよかった。Witchet という昔は産業で栄えたらしいけれど今はなんだかぱっとしない街をぶらぶら。


 


海だー♪
灯台の下から海を見てなぜか笑顔のジャックとカラ。


 


一等客室ってやつですね。
 気を取り直して再び汽車に乗る。
昔は一等席だった車両の廊下の隅に陣取った。


 


ちょっと落ち着いてきました。
ちょっと落ち着いてきたらしく
窓から外を見る余裕を見せるカラ姉さん。


 


でもまだ落ち着かないのでまた次の駅で降りてみた。昨日も来たビーチでちょっと遊ばせて、昨日スコーンを食べたカフェでランチ。昨日とは打って変わって肌寒い曇り空だったのでカフェもかなり空いていた。


 


カフェでランチ。
ご飯まだー?
ってあんたたちは昼は食べないでしょうが。


 


汽車は40分から1時間半に一本しかないので一本逃すと結構痛いんだけど、案の定ランチをのんびり食べていたら乗り遅れ。ここからまた遠出するとちょっと遅くなるのでもう引き返そうかということになり、帰りの汽車まで時間があるのでもう一度ビーチで遊んで今度は乗り遅れないようにと早めに駅へ。そういう時に限って汽車が遅れてたりするんだよな。なので暇つぶしに結構な数の写真を取ってみたり。


 


駅の事務所。
たまたまドアが開いていた事務所の中をパチリ。
黒電話とタイプライターがポイントですね。


 


ホームにも古いトランクを積んで昔の雰囲気を出している。隣にベンチがあったのでそこでしばし休憩。


 


荷物番張り切ってます。
荷物番気取りのジャック。
なぜか得意げ。


 


2等席ってやつですね。
今度は2等席の車両に当たった。
料金は関係ないんだけどね。


 


ここなら平気。
カラ姉さんもやっと落ち着いていられるようになった。
もう帰るんだけどさ。


 


天気はいまいちだったけど雨も降らなかったし非常にレトロな雰囲気を満喫できて、私もそれなりに楽しんだけれど一番満足していたのはレニー。なんで男の人って汽車とか好きなんだろうねえ。


夕食前に一度休憩しようとB&Bに帰ってきたらオーナーさんはお出かけでエルサちゃん一人でお留守番中。なのでしばらくエルサちゃんと遊んであげることにした。


 


エルサちゃんストーキング中。
牛皮を持ってきて気を引こうとするエルサ。
ジャックちょっと迷惑そうです。


 


それは危険だってば。
一度こっぴどくやられているのに懲りずにカラに迫る。
牛皮くわえて目線を合わせるなんて自殺行為だよあんた。


 


カラはリードにつないでいたのでトラブルは起こらなかったけれど、飼い主が目を話した一瞬の隙に電光石火の早業で牛皮をひったくったカラ姉さん。エルサも自分が下だというのはわかっているらしくおとなしくひったくられていた。だったらもうちょっと距離を置いていただきたい。カラも汽笛で飛び上がるくせに他の犬には偉そうにするのはやめていただきたい。


 


サマセット最後の夜は初日に行った近くのパブで再びボリューム満点の夕食。やー食った食った。ジャックとカラは私たちが夕食を食べている時点でもうテーブルの下で熟睡。今日は全然昼寝の時間がなかったからねえ。お疲れ様でした。


 


 


 


明日は帰るよー。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



出かけた | 23:49:03 | Trackbacks(0) | Comments(1)
サマセット2日目。

サマセット2日目はビーチめぐり。真夏といっても20度そこそこなので泳げないけどね。B&Bのオーナーさんに近所のビーチを教えてもらってまずはそこから開始。


 


 


ビーチです。
すっごい引き潮。


 


 


レニーはジャックとカラをつれて波打ち際まで歩いていったけど波打ち際まで10分くらいかかっていたような。でもジャックもカラも満足そうに帰ってきた。しばらくボールやフリスビーで遊んで次のビーチへ車で移動。


 


 


干潮にも程がある。
ビーチを変えても引き潮には変わりません。
波打ち際は遠かった。


 


 


実は今こんな状態でして。
というわけでボールで遊ぶだけ。


 


 


写真を見て驚かれた方もいらっしゃるかも知れませんが実はこの写真の時点で妊娠8ヶ月でして。今はもう9ヶ月に入りました。こんな具合にどんどん大きくなるおなかを抱えてプリマス行ったりヨーク行ったりしてたのよ。おかげさまで体調はすごぶる良いのでご心配なく。ちなみに9月21日が予定日です。


 


 


激うまスコーン。
ビーチ前のカフェで頂いたクリーム・ティー。


 


 


ジャムと濃厚なクリームでスコーンを紅茶と一緒にいただきます。このスコーンが妙に今まで食べた中で1.2を争ううまさだった。


 


 


この後また来るまでメインヘッドというこのあたりではメインの観光地である街に行ってちょっとうろうろしていったんB&Bに戻って休憩。


 


 


お昼寝中。
かなりお疲れのご様子です。


 


 


レニーと犬二匹が寝てしまったので私はカメラを持ってコテージの庭に出てみた。そんな私をエルサちゃんが一人にしておくわけが無い。お気に入りのリスのぬいぐるみを持ってきて「あそぼーよー」攻撃。ちゃんと遊んであげましたよ。ちょっとした仕草や表情がジャックに良く似ていて、ジャックってぱっと見はコリーだけど実はかなりスプリンガーの血が濃いんだなーと実感した。


 


 


元気いっぱいエルサちゃん。
こういう表情がジャックにそっくりだ。


 


 


その後みんな昼寝から起きてきたのでまた近所の原っぱに散歩、というか主な目的はトイレなんですが。


 


ジャック得意げです。
キノコを見つけて得意げなジャック。
食べられるのか?


 


 


笑ってはいるけれど。
カラ笑ってます。


 


カラ姉さんはそれなりに楽しんではいるらしいけれど実は知らない土地につれてこられてかなり緊張していたらしく、この旅行中餌を全然食べなくて困った。飼い主が日本に行く度にケンネルから痩せて帰ってくるのはこういうことだったのね。家ではあんなに食欲あるのに、まったく内弁慶なやつだ。もちろんこの後の夕食もほとんど食べず、うちは基本的に「食べたくないなら食べないでよろしい、でもおやつもあげないよ」主義なので食べなかった餌はゴミ箱に捨てて(家でなら次の食事時間までおいとくんだけど)飼い主は近所で調達したフィッシュ&チップスで夕食。


 


 


晩ごはん。
半分食べかけですみません。


 


 


その後ちょっと曇ってきたからどうかなーといいつつも昼間行ったビーチで夕焼けが見られるかな?とまた出かけた。ちなみにこの日の夕暮れは午後9時。昼間と同じビーチに見えないほど潮が高くてびっくりした。そういえば満月が近いんだっけ。あいにく夕焼けはいまいちだったけれどジャックはまた泳げてご満悦。波の音に興奮するのか、カラもいつに無く果敢に水に入っていた。泳げないんだけどね。


 


 


寄り添う犬。
寄り添って夕日を見つめるご両人。
なんだか妙にロマンチックだ
(男女入れ替わってるけど)。


 


 


びしょびしょでコテージに帰るわけにも行かないのでしばらくうろうろして、10時ごろ帰還。もうその後はジャックもカラもひたすら爆睡。


 


 


爆睡中。
ピクリとも動かずしばし爆睡。
ちなみにベッドには家から持参したベッドカバーをかけてます。


 


家でもいつもそうなんだけど、最初は飼い主のベッドで寝ていても適当な時間になるとのっそり起きだしてちゃんと自分のベッドで寝る習慣がついているのでこっちも楽だ。日によっては明け方に「ベッドに入れてー」と催促されるのだがこの日はさすがに疲れていたらしく、ジャックもカラも翌朝飼い主が起きてもまだ自分のベッドでボーっとしていた。かなりお疲れですね。


 


 


明日は蒸気機関車だよー。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ


 


 



出かけた | 22:14:19 | Trackbacks(0) | Comments(0)
サマセット1日目。

今後は更新がんばりますとか言ったわりにすでに数日たってますが、ぼちぼち今年のホリデー、サマセット旅行の徒然など。


バクストンから目的地のウィリトンという村(?)までは約320km、順調に行けば4時間少々の道のり。今回は初めて犬連れの旅行なので休憩も入れてたぶん5時間くらいかなーと予測する。途中のサービスエリアの情報もチェックして、ジャックとカラがちょっと遊べそうな場所をおさえておいた。


 


大荷物。
荷物も積み込んでさあ出発。


大人二人と犬二匹で何でこんな量になるんだとお思いでしょうが、レニーは荷造りへたくそだし、犬のベッドも積み込んだしでこうなった。なぜか朝からレニーがテンパっていておかげで予定より1時間遅れて出発。


 


休憩中。
サービスエリアで休憩中。


 


普段は車でお出かけが大好きなジャックとカラだが、あまりにも長時間乗りっぱなしの挙句こんなところで降ろされたせいかカラがナーバスになってしまい、レニーが昼ごはんを調達に行っている間建物の入り口から目を離さなかった。写真ではリードは緩んでますがこうなるまでにかなり時間がかかったよ。


 


無事にお昼ご飯もすませて、ジャックとカラもちょっと散歩して再出発。車に乗ってしまえばジャックもカラもそれなりに行儀はいい、というかずっと寝てる。でもカラはいまいち快適な姿勢が見つからないらしくもぞもぞと動き回っていた。


 


こんな姿勢や、
こんな姿勢や、


 


こんな姿勢も試してみました。
こんな姿勢も試してみた結果、


 


これが一番楽らしい。
これが一番快適だったらしい。
でもジャックちょっと迷惑そうです。


 


学校が休みに入った最初の週だったので渋滞もあるかなーと思ったけれどたいしたことは無く、ほぼ予定通りに予約していたB&Bに到着。客室たった3室の小さなコテージで、前にも言ったけど素敵なところでした。


 


オーナーさんもフレンドリーだが一番フレンドリーだったのがオーナーさんの親戚から預かっているというスプリンガーのエルサちゃん。


 


エルサちゃん。
まだ18ヶ月で怖いもの知らず。


 


「時々フレンドリー過ぎて困っちゃうのよねー」というオーナーさんの言葉通りあまりにもしつこくジャックとカラに絡むので、最初は様子見だったカラ姉さんも「ちょっと喝入れたろか」という気になったらしくいきなりひっくり返してウガガガガガッ!と凄みを利かせた。すごい声を出すのでみんなドン引きになるのだけれど当のエルサちゃんはあまり堪えていないらしくその後もちょっと用心深くなった程度でしつこくまとわりついていた。ずーっと周りをちょこまか動き回ってるし、おかげでこっちが気疲れするよ。そんなエルサちゃんを見ると、ジャックも昔はこんな感じだったよなーと今のジャックのおっさんぶりを改めて実感したり。


 


いい天気です。
「とりあえず犬の散歩ね」とオーナーさんが案内してくれた徒歩2分の原っぱ。
丘ばっかりのバクストンとは眺めが違います。


 


こういう広いところだとお互い距離が保てるのでカラもエルサちゃんには無関心。各自好きなところをかぎまわってトイレも済ませてコテージに帰還。犬のご飯を済ませて飼い主も近所のドッグフレンドリーなパブでご飯を済ませて早々と就寝。長距離移動でみんな疲れました。


 


 


明日は海行くぞー。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



出かけた | 23:55:12 | Trackbacks(0) | Comments(1)
再開。

すっかりご無沙汰しておりました。7月は一度も更新できず、気がついたら8月ですら半ばにさしかかろうとしていて、このままでは皆さんに忘れられてしまう!とちょっとあせって更新再開。


いやー、6,7月は忙しかったのですよ。あちこち飛び回ってました。


 


海辺の街です。
6月末には学会出席でプリマスへ。
イギリス南部の港町。


 


うまかったー。
海辺の街だけにシーフードレストランが多い。


 



このレストランは結構地元でも人気らしいので行ってみたのだけれど、パスタを頼んだらびっくりするほど魚介類がたくさん入っていてしかも激安。味もそこそこ。イギリスにもこんな場所があるのねーとちょっと感動した。


 


プリマスには飛行機で行ったのだけれどたぶん今までで一番小さな飛行機と空港だった。運行している航空会社は1社のみ、飛行機からターミナルまで歩いている間におっちゃんが手作業で荷物を降ろし、ターミナルに入ったところでまっているとドアの横のシャッターがガラガラッ!と開いて荷物がコンベアに放り出される。コンベアもベルトではなくてローラー式の自動ではないやつ。街自体は結構大きいんだけど空港はものすごくローカルだった。帰りのフライトの機体に離陸直前にトラブルが見つかっていったん降ろされたのだけれど、代替機がトラクターで牽引されてきてびっくりした。


 


トラクター。
ほら、トラクター。


 


実はこの代替機にもみんな乗った後でトラブルが見つかり、再び降ろされて待機。そうこうしている間に最初の機体の修理が完了したのでみんな半信半疑で乗り込み、ちょっとどきどきしながらも無事にマンチェスターに帰りついた。はー。


 


そしてその2週間後には別の会議で今度はイギリス北部の街ヨークに行ってまいりました。


ヨークの大聖堂。
北部らしき天気はどよーん。
これはヨーク大聖堂。


 


昼間はみっちり会議だったので中に入るチャンスは無かったけれど、夕方にふらふら歩くだけでも結構値打ちのある非常に歴史を感じる街だった。


 


ゴーストトレイル。
ゴースト・トレイルのご一行。
いわゆる心霊スポットツアーみたいなもんですね。
イギリスではよくやってる。


 


先頭のおっちゃんが観光客を引き連れてお化けスポットで踏み台に上がってどんなお化けが出るのかとか説明して回る。何組か見たけれどこのおっちゃんが一番人気の模様。通りがかりにチラッと聞いてみても結構面白かった。稲川順二みたいに怖がらせたりはしません。


 


出張以外にも大学でいろいろ会議だのミーティングだのが続きばたばたしているうちに気がつくと私の夏休みが始まった。今年のホリデーはジャックとカラも一緒にイギリス南部のSomerset サマセットに3泊4日で行ってきました。


 


再びイギリス南部へ。
お世話になったB&B。
犬同伴OKの素敵なコテージでした。


 


海初体験(たぶん)。
ジャックとカラも海初体験(たぶん)。


 


ホリデーの話は長くなるのでまた改めて。とりあえずここしばらくのメインイベントをドドーンとまとめてお届けしました。


 


今後は更新がんばります。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ


 



出かけた | 23:57:48 | Trackbacks(0) | Comments(1)