■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ビフォーアフター第二弾。

予定日もついに明後日となりましたが生まれる気配は全くなし。腰周りが痛くて歩くの大変だけど、ずっと家にいても退屈なので今日は街まで出てみた。2時間くらい買い物して歩き回ったら夕方に猛烈な眠気に襲われ昼寝。疲れやすくなってるのかねえやっぱり。


さてこの夏の一大イベント、おうちのリフォーム第二弾。今回はキッチン横の通路兼物置スペース。


 


ビフォー。
ビフォー。
こんな小汚いスペースでした。


 


もともとここは吹きさらしで右手にトイレと物置があるだけの通路に前の住人がドアをつけた模様。ドアの外にも納屋がある。でも素人仕事なので雨が降ると雨漏りはするわ床は水浸しになるわ、寒い日は隙間風が入りまくるわ床のコンクリートはガタガタだわでろくに掃除をする気にもなれない場所だった次第。


 


レンガ積んでます。
手始めに納屋の部分まで
屋内スペースを広げるべくレンガを積んで、


 


窓枠入れて、
それが終わったら新しい窓枠を入れて、


 


断熱材敷いて、
天井も延長して床に断熱材を敷いて、


 


コンクリ流して、
その上からコンクリ流して。
その量4t。
これが費用面で結構高かったらしい。


 


カラ姉さんクオリティーチェック中。
床ができた時点で
カラ姉さんのクオリティーチェックも入り、


 


板張りにして、
壁と天井も断熱材を入れて
壁板を打ち付けて、


 


漆喰塗ってタイル敷いて、
漆喰塗って床にタイルを敷いて、


 


ペンキ塗ってできあがり。
週末にレニーがペンキを塗り、
週明けにビルダーさんに備品をつけてもらってはい完成。
あまりの変わりようにジャックもびっくり。


 


外観。
外から見るとこんな感じになりました。


 


写真ではわかりにくいけど延長部分の右側に階段があるのだが、ここに手すりを付けてって言ってあったのについてなくて、あれ?と思って聞いてみると「あ、忘れたー」と言われたのはご愛嬌。でも他にいろいろ最初にお願いしていなかった仕事もしてもらったのでいいとしよう。


とにかくもうこれで雨風も気にならないし、床もさっと掃いてモップかけるだけできれいになるし、あまりにも寒くて汚かったのでこの5年間一度も使ったことの無かったトイレも使えるようになった。快適ー。後は窓にブラインドを付けたり収納棚を買ったり、あと庭に設置するべく組み立て式の物置も買ったのでそれもがんばってレニーにやってもらわないといけないんだけど、とりあえず現時点でかなり満足。家のローンに加えての借金生活はかなり怖いけれど思い切ってリフォームしてよかったー。これで安心して出産に臨めるよ。


 


 


掃除のプレッシャーはあるけれど。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



| 23:13:14 | Trackbacks(0) | Comments(0)
ビフォーアフター(キッチン編)。

また更新サボっているのでもう生まれたか?と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、予定日4日前にしてまだ何の兆候もない今日この頃です。お腹ばっかり大きくなって動きにくいのなんのって。


更新がおろそかになっていたもうひとつの理由は家の改装。実は8月半ばから1ヶ月ほどビルダーが来ていたのですよ。今の家に引っ越した5年前からずーっと手を入れたかったキッチンとその脇の通路をきれいにしました。構想5年といえば聞こえはいいけれど単にお金と度胸がなかっただけ。今回子供が生まれるにあたってレニーに「生まれてからだといつできるかわからないよ!」と発破をかけて銀行でローンを組んだ次第。


ビルダーさんはすぐ近所に住んでいて、腕がいいとこの辺ではかなりの人気。なのでこの人にやってもらうことにしたのだけれど、最初は7月半ばから一ヶ月の予定だったのに私たちの前の依頼主がすぐに気を変えたりちょっとしたことにえらい時間をかける(カタログからドアを選ぶのに2週間とか)人だったらしく遅れに遅れて8月までうちに来られなかった次第。


ようやく我が家の仕事に取り掛かった初日に判明したのは、私を担当の助産婦さんはこのビルダーの娘さん。判明した後の検診で「知ってたら私からもプッシュしたのにー」と言われた。バクストンは田舎なのでこういうことはよくある。


というわけで今回はキッチンのビフォーアフターをお届け。


 


 


ビフォー。
ビフォー。
数年前には天井から水がだだ漏れという
アクシデントもあったこのキッチンともお別れ。
未練はこれっぽっちもございません。


 


 


壁ぶち抜いてー、
手始めにユニット外して
ダイニングルームとの壁ぶち抜いて、


 


 


コンクリ流してー、
新しいキッチンを設置して
床にコンクリートを流して、


 


 


タイル敷いてー、
その上からタイルを敷いて、
壁の一部に漆喰塗って、


 


 


出来上がり。
アフター。
ジャックとカラが感想を話し合っております。


 


私たちが大変なのはここからで、タイルを張るときに使うグラウト(漆喰?)を何度も何度もモップをかけてきれいにして(でもきれいにならない)、戸棚や引き出しの中までほこりだらけなのでそれも掃除して、壁にペンキ塗って、それからようやくキッチン用品を収納。その後冷蔵庫やらダイニングテーブルを入れて、すっかり勝手が変わったのでこまごまとした備品も買いに行って、とにかく忙しかった。


ちなみにこっちでは設置するもの(床のタイルとかも)は自分で買って、ビルダーを雇ってやってもらうというのが一般的なので、キッチンはイケアでご購入。他もいろいろ回ったのだけれど何しろお高いし気に入ったデザインがあったのはここだけだったし、この夏キッチンご購入のお客様にはもれなくギフトカード進呈!というキャンペーンもやっていたので。このギフトカードで備品をかなり買えたので助かった。まだいろいろ買いたいものはあるのだけれど何しろ財布が空っぽなのでこれからぼちぼち。でも前に比べてものすごく快適で、キッチンで過ごす時間が増えた。って言うか前はダイニングルームが物置化していて、ご飯もリビングで食べてたのよね。


ちなみにこのキッチンの改装はたったの1週間でやってしまったビルダーさんと弟子2人。その後「前のクライアントに呼び出されたからー」と1週間戻ってこなかったよ。どないやねんほんま、と思ったりもしたけれど約束どおり1週間で戻ってきて、キッチン横の通路の工事に取り掛かってくれた。その様子はまた今度。


 


 


 


あれから掃除ばっかりやってる。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ


 



| 18:09:24 | Trackbacks(0) | Comments(0)