■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

広島ドッグパークの件

いろんなサイトで取り上げられているのでもう皆さんご存知かとは思いますが、
広島ドッグパークの件、こちらからもリンクを貼っておきます。


アークエンジェルズ


物資のほうは保管場所が限界に達するほど届いたようですが、すべての犬が快適に
暮らせるようになるまでの道のりはまだまだ遠そうです。私は遠い異国の地にいるため物資を
送るのは難しいので小額ですが寄付しました。インターネット銀行に口座があり、非常用に
少し残してあるのが役に立ちました。







数年前に犬と遊べるドッグパークの存在を知った時は単純に「おー、犬と遊べるのかー」と
ちょっとわくわくしたけれど、それと同時にふと「犬にはしんどいかもよ?」とも思った。
犬は好きだけど飼えない人(つまりあまり犬の扱い方を知らない)や、犬のことは
理解していても見ず知らずの人におもちゃのように扱われるわけだから。経営者が
本当の犬好きで犬が必要なものをきちんと与えられる環境を作ってあげられるのなら
ともかく(と言うかそういう人はこういう施設を作らないかも)、広島の場合は開園当初から
結構ひどい扱いをしてたらしいし、経営が破綻したとたんろくにケアもせずほったらかし。
この経営者にとっては犬はモノでしかなかったんだろうなあ。


歴史的にみても日本ではイヌはイヌでありヒトに仕えはしても家族の一員ではない、という
見方があるような気がする。そういう根本的な部分がペットショップのショーケースの中で
疲れた顔をしている仔犬やドッグパークでこき使われている犬たちという形で現れている
のではないかと。動物愛護の本場とも言うべきイギリスでも動物虐待は絶えないけれど、
ドッグパークのような形でイヌを商売道具にするビジネスというのは聞いたことない。


この件に関してはいろいろと考えさせられることが多いけれど、まだ考えがまとまらないので
この辺でやめときます。



生活 | 23:47:11 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.