■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

手術完了。

昨日は予告どおりジャックの去勢手術。この獣医さんにお世話になるのはこれで3回目なんだけど、中に入ると嫌がるくせに着いた時はドアの前で「早く開けろ」と催促するジャック。その後簡単な問診と体重を量って(前回より0.4kg減って19.5kg。連日のフリスビー運動のせいと思われる)いったんケンネルに入れる。あまりにも素直に指示に従うので、これから彼に起こることを思うとちょっと痛々しい。じゃあお願いしまーす、と飼い主はいったん退散。


パラポラ犬。夕方4時に迎えに行くとまだ半分麻酔が効いていてまともに歩けない状態。「ほとんどの犬は大丈夫なんだけど、もし傷口を舐めるようならこれ着けてね」と渡されたカラー。案の定家に帰ってちょっと正気に戻ってきた途端舐めだしたので早速着用。最初はちょっと嫌がったけどすぐに慣れた様子。透明なので視界も開けてグー。レニー曰く「パラポラアンテナ」とな。


この写真では立ってるけど、夜中過ぎまでずっとうつらうつらしていたジャック。様子を見るためにベッドルームで寝させたのだが、カラーがうっとおしいのか傷口がうずくのか、夜中に何度も起き上がってうろうろする。動くたびにカラーがいろんな所にぶつかってうるさいのよね。結局私もレニーもほとんど眠れなかったよ。でもジャックにとってもつらい夜だったと思われる。


今朝はほぼ元気になっていて、カラーをつけたまま短めの散歩を済ませ、朝食もいつもどおり。やっぱり傷口がうずくのか時々おもむろに座り込んで舐めようとするが、カラーがあるのであきらめる。なんだか可哀そうなのでカラーを外して様子を見ていたら、どうやら気になるのは傷口よりもその周りの毛を剃られた部分らしい。ちくちくするの?


まあそんなこんなで経過は順調のようです。去勢については賛否両論(イギリスでは肯定的)で、麻酔でぼーっとした様子は痛々しい傷口を見るとちょっと複雑な心境になるけれど、利点も多いのでやっぱり手術をしてよかったんだと思っている。早く抜糸してまたフリスビーで遊びたいなあ。約10日間の我慢らしい。ストレス溜めないでね。



ジャック | 23:47:57 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.