■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

裸で脱出。

週末の話の続き。昨日の日曜日に夕方の散歩に出ようと思ったら結構曇ってきたので
念のためジャックとカラにレインコートを着せて出かけた。実は最近ジャックに新しい
レインコートを買ったのだ。


おニュー。
こんなやつ。


雨の度に泥はねで胸とおなかがどろどろになって、それなりに毛の長いのジャックの
後始末が大変なのだったので、胸からお尻にかけてカバーできるスタイルのものを買ってみた。
これでもXLなんだけど、ちょーっと小さそう。でも本人は気にせずに走り回っているので
大丈夫らしい。カラには いつものレインコートを着せていざ出動。


最近カラは林の中に行くといるのかいないのかわからないリスを探してそこらじゅうを駆け回る。
気が狂ったようにあちこち走り回って、姿が見えなくなることもしばしば。まあ車が通るわけでも
ないしそんなに遠くには行かないので、時々声をかけながらジャックと歩いていると近くに姿を
見せたり消えたりしつつも結構すぐ戻ってくるのだが、時々ちょっと心配になるくらい長時間
(と言っても2、3分だけど)戻ってこない時がある。2、3日前にもそういうことがあったのだが、
戻ってきたと思ったらレインコートを着ていなかった。えー、失くしたのあんた?


と言うわけで今日のカラのレインコートはもともとジャックが着ていたもの。ワンサイズ
小さいけれどわりと大丈夫そう。そしてそのコートを着てまた林に消えるカラ。
しばらく戻ってこなかったのでまさかまた裸で帰ってこないだろうなあと思ったら案の定。
まじですか。


こんなハイペースでレインコート失くされたらこっちが破産しかねないので、探しに行った。
戻ってきた方角に向かいうろうろしていると、私有地との境界線らしい鉄条網に引っかかった
コートを発見。結構がっちり引っかかっていて、後ろ足を通すループが根元からちぎれていた。
かなりの力で引っ張って脱出したらしい。あんた怪我しなくてよかったね、と思いつつ
何とか外し、もう1着もこの辺で引っかかってないかなーと思いつつうろうろしていたら目の前で
いきなりジャックが鉄条網にコートを引っ掛けてじたばたしだした。


ああああっ!動くなっ!と走り寄る間もなくバリバリバリッとマジックテープの外れる
音がしてジャックも裸で脱出。怪我もなさそうでとりあえずよかったが、レインコートが
破れたよ。この辺の原っぱや林には鉄条網が多いのよね。乗馬スクールの馬とか
農家の牛が放牧されてるせいだと思うけれど、こっちとしてはちょっとどきどきする。
まあカラをトレーニングしてその辺に近寄らせなければいい話なんだけれども、小動物を
追いかける本能っていうのはよっぽどトレーニング入れないと難しそうだしなあ。
どうせリスなんて捕まえられないんだし、いい加減あきらめて追いかけるのやめて欲しいんだけど
無理だろうねえ。むむう。



ジャック&カラ | 23:52:50 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.