■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ここはイギリス。

うちの学部が本格的にバクストンに引越しするにあたって、いっそバクストンに家を買っちゃえ!と決めたのが5月頃で、いろいろ見て回ってなんとか条件に合う家を見つけ、7月の始めにオファーを出し、売主のオッケーも出て、本格的な購入手続きが始まったのはいいがここはイギリス。何事もそううまくは行かないのだ。


1:夏休みで日本に帰る前にサーベイ(家の検分。本当に売値の価値があるかどうか専門家が見極める)の申し込みをしたはずなのにイギリスに戻ってもまだ済んでないと。調べてもらうと「やー、クレジットカードの番号控えるの忘れちゃってー」と。「何かあったらすぐにメールで連絡してね」って言っておいたのに。


2:ローンを組むにあたって銀行が雇用者(つまり大学)に私とレニーの給料を問い合わせた所、大学の担当者が提出した書類に不備がありレニーの給料が実際よりもはるかに低い額で伝えられてしまったためいったん断られる。


3:大学の担当者に間違いを指摘して新たに書類を出してもらうように頼んだが忘れられる。


4:今度は銀行が私のビザステータスについて問い合わせ、上司が手紙を書いて「受け取ったら確認の電話下さい」と添えてファックスしたが音沙汰なし。数日後問い合わせたら「届いてないから手続き進んでないよー」と。


5:ローンがらみで生命保険に入らないといけないのだが私宛の書類がレニーの実家に届いてしまい手続きが遅れる。


6:サーベイもようやく終わり、必要な書類も全部揃い、銀行も納得してようやくローンが組める事になったのだが、うちの弁護士に送るべき書類がなぜか売主の弁護士に届いてしまい、「悪いけどそっちからもう一度銀行に連絡して」と弁護士から手紙が来たのが一昨日。


そんなわけで先は長いぞ。紳士の国イギリスというのは「文句を言わずにじっと耐える」という意味で紳士でなければ生きていけないということなのねきっと。不動産屋の話では「8月半ばには入居できるよ」とのことだったんだけどなあ。



| 23:24:27 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.