■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

名誉挽回。

私は結構どこでも誰とでもそれなりにやっていけるが、それでもやっぱり相性の悪い人というのはいる。
今の生活の中で「あー、この人だめ」というのは幸いにも一人だけ、しかも名前も知らない
間柄なのでダメージは少ないけれど。


その人は近所に住む犬を飼っている女性で、たまにいつもの原っぱで散歩中にすれ違うだけ
なのだがどうにもこうにも愛想が悪い。以前よく原っぱで一緒に犬の散歩をした人の
友達なのだが、初対面から無愛想で、仲介役の人がいてもいなくても私には一切言葉をかけない。
まあいいけどさ。


が、間の悪いことに去年の夏にその女性の犬をカラが攻撃してしまった。その時はその犬は
女性のだんなさん、カラはレニーと散歩していたのだが、レニーの話によるとカラはボールを
追いかけるのに忙しくて完全無視、でも相手の犬は興味を示してフセの状態でじっと様子を
うかがっていたところへカラが突然がががががーっと襲い掛かったらしい。レニーがすぐに
止めて謝ったら先方も「こいつがこの姿勢でいる時はいつも何か企んでるから、五分五分だよ」と。
まあそれでも先に攻撃したのはカラであることに変わりはないんだけど、傷がつくほど
噛んだ訳でもないので場は丸く収まった。


が、その話をだんなさんから聞いたんだろうその女性の中ではカラは「凶暴な犬」となって
しまったらしい。カラは最近はずいぶん落ち着いてきて他の犬と仲良く遊べるようになったのだが
そんな事は彼女は知らないわけで、先日散歩中に会った時もカラが近づくなり自分の犬をリードに
つなぎ防御体制。私が「大丈夫だと思うよー」と説明しようとすると「一回噛まれてるんだから
大丈夫なわけないでしょう!」とぴしゃり。噛んだって、本気でやってないのにー、と思いつつも
まあこっちだって100%大丈夫な保証はないので「あっそう」と軽く流しておいた。


今日も原っぱを歩いていたら遠くにその女性が見えたのですれ違わないようにルートを変えたが、
カラはその犬に興味しんしんで近づいていった。遊びたそうな態度だったので様子を見ていたら
やっぱりその女性は自分の犬をすばやくリードにつなぎ、私に向かって「じっと見てないで
呼び戻しなさいよ!」と。その声にびびったのかカラがすぐにその場を離れたのでそれで
終わりになったが、何か釈然としない。


この手のタイプには関わらないのが一番なんだろうけど、時々散歩で会うだけにいつかは
「ほらー、大丈夫だって言ったやんかー、そんなにカリカリせんとってよー」と言ってみたいの
だけれど、やっぱり無理だろうなあ。でもいつまでもカラの事を凶暴な犬と思われるのは
飼い主としてもしゃくだし、彼女なら他の人に言いふらしかねないしなあ。でもやっぱりやり過ごす
のが一番か。名誉挽回って難しいですねえ。


カラ、どうするよ?
(マウスオーバーでカラが起きます)
うとうと。
「はい?」



カラ | 23:54:32 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.