■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

隠し癖。

レニーが奮発していつもより大きな牛皮を買ってきた。最初はジャックとカラで仲良く一つずつ
噛んでいたのだが、ジャックが気を抜いた隙にすばやく両方確保したカラ。


 


両方確保。
ちょっと得意げ。
でも今はカミカミする気分ではないらしく実はもてあまし気味。


 


私たちが夕食をとっている間も落ち着かないらしく牛皮をくわえたまま家中をうろうろしていた。
あまりに落ち着かないので取り上げようか、と立ち上がった途端落ち着いたり、またうろうろ
しだしたり。夕食後猛烈な眠気に誘われた私がちょっと横になっているとベッドにやって来て
何やらごそごそ。私は寝ていたので大して気にもしなかったが、起きたらカラがこの場所に
貼りついて動かない↓


 


ここに隠してるの内緒よ!
この枕の下になにがあるのかは火を見るより明らか。


 


がっちりガード。
隙を見てジャックが近寄ろうとするが威嚇して寄せ付けない。
後ろから呼んでも振り返りもしない。


 


ありました。
枕をめくってみると、予想通りの展開。
あまりにかたくなに動かないので、レニーがこれじゃきりがないと
あっさりと取り上げておやつボックスに逆戻り。
切ない目をしてその後を追うカラ。


 


ここに隠したんだよね~。
カラがいなくなった途端
牛皮を隠してあった場所に鼻を突っ込むジャック。
もうそこにはないってば。


 


ここに隠したのに~。
目の前でおやつボックスに牛皮を入れられたのに、
また戻ってきて確認中のカラ。


 


やっぱりここにはないことがわかると案外あっさりとあきらめて、その後は自分のベッドで熟睡。
「この牛皮、今は欲しくないんだけどジャックには絶対渡したくないのよー」という心境だったのかも
知れない。おやつをあげたつもりが逆にストレスを与えてしまったのかもと思う反面、もしかしたら
隠すことを純粋に楽しんでるのかも知れないとも思う今日この頃。どうなんでしょうね。



カラ | 23:10:00 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.