■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ミステリー。

今日はトレーニングの日。あいにくレニーが10時~2時、6時~ラストといういわゆる中抜けの
シフト(レストランのマネージャーなのだ)だったので私一人でジャックとカラを連れて行って、
アシスタントの人に交代でどっちかとペアを組んでもらった。当然アシスタントとペアを組んだ方は
「置いてかれたー!」と動揺するわけだが、なぜかカラは私とペアを組んでいる間でもジャックの方に
行こうとする。「群れから離れちゃだめでしょ!」とか言ってるのかなあ。おかげでジャックもカラも
集中力が欠けまくりで飼い主へとへと。本人たちも疲れたらしく帰ってすぐ熟睡モードに入った。なぜか
ジャックはカラの、カラはジャックのベッドで。


話は変わるがキャンセルしようと思いつついまだに定期購読中の The Dog Collection。3月には
殺人事件も起きたがその後は何事もなく犬のぬいぐるみだけが無駄に増えている。今月分も届きました。


 


これでもパピヨンなんです。
これでも一応パピヨンらしいです。
言われなければわからんなあ。


 


とりあえず封を切って、後で目を通そうと置いておいたら、今日レニーが昼のシフトの後に帰宅したら
こういう状態だったらしい↓


 


現場を再現してみました。
現場再現。
パピヨンが床に横たわっていたそうな。


 


体の部分は箱に入っているのだけれど箱はちぎられていた。でもパピヨンちゃんは無傷でした
(よだれで濡れていたけれど)。前回のリッジバックの二の舞を踏むところだったが今回は未遂で
終わった。終わったのだけれどひとつ大きな謎が残ったのだ。リッジバックの件以来私も慎重に
なっていたので、ここは安全圏だと確信できる場所に置いておいたのにカラ(第一容疑者)には
届いてしまったらしい。どうやって?


 


ちなみに私が安全圏と確信した場所というのは
どうやって?
私の目線よりやや高い場所の、さらに奥のほう。


 


ためしに本棚をちょっとゆすってみたがびくともしないので、遊んでてぶつかったはずみで落ちて
きたという事ではないらしい。その証拠にもう一匹の犬はちゃんと元の場所に座ってるし。


 


あ、そうそう、もう一匹もご紹介しておきましょう。
さて私は誰でしょう。
さて私は誰でしょう。


 


 


柴犬だって。
正解は柴犬でした。これも言われないとわからない。


 


柴犬ってイギリスに来てから実物はまだ見たことがないけれど、そこそこ知名度はあるらしい。
日本犬で一番人気は秋田犬。Akita は割とよく見かける。ちなみに土佐犬は法律で飼うことが
禁止されているのだ。闘犬だから危険という事で。他にもアメリカン・ピットブルとか全部で5犬種が
禁止。何でもかんでも法律で禁止するのはイギリスのお家芸。ちなみに今月1日からは全ての
屋内公共施設での喫煙は法律で禁止。バーとかパブとかでタバコが吸えなくなりました。


かなり話が逸れたけれど、どうやってカラがあの位置に届いたのかをぜひとも解明したいものである。
ビデオカメラを据えるしかないかなー。


 



ジャック&カラ | 23:01:48 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.