■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

遠征。

ジャックの怪我と降り続く雨のせいで最近散歩が短めでジャックとカラはもちろん飼い主ですらちょっと
運動不足を感じていたところ、今日は昼過ぎの大雨の後カラッと晴れたので午後の散歩はちょっと
遠出をしてみた。


パビリオン・ガーデンでぱちり。
街の中心近くにあるパビリオン・ガーデンまで行って来ました。
19世紀に作られたとってもイングランドな公園。


 


お年寄りの憩いの場。
中にはミニ線路があって、日曜にはミニ蒸気機関車が走る。
平日はお年寄りの憩いの場。
バクストンって年寄りが多い街なのだ。


 


St. Anne's Well
これは公園を出たところにある St. Anne's Well 。


ここから出る水は天然地下水で、イギリスでは Buxton の名前でミネラルウォーターとして売られて
いる。時々ポリタンクを持ってきて大量に持ち帰っている人を見かける。ちなみに水温は年間通して
28度。冬に触ると生暖かい。


 


あちらに見えますのがローマ風呂。
街のほぼ中心。5時を過ぎたら誰もいない。
正面に見えている建物はローマ風呂。


ローマ風呂といえばバースが有名だけれど、バクストンにも地下水を利用したローマ風呂があった
のだ。今は中にはお店が入っているけれど、当時の面影を残す構造や壁のタイルは残っている。
ちなみにローマ帝国がこの辺にやってきたのは1世紀だそうです。バクストンの歴史はけっこう古い。


 


うかれた犬が約2匹。
公園を抜けての帰り道、人気の少ないところで放してみました。
浮かれております。


この池には鴨がたくさんいたし、慣れない場所だし、他にもたくさん犬を散歩している人がいたので
トラブルにならないように用心していたのだけれど、いざ放してみると大丈夫だった。鴨にも興味なし。
それよりジャックは泳ぎたかったみたい。ここはだめです。No Swimming の標識も出てたし。


 


弾丸娘再び。
そんなわけでのんびりぶらぶら家路に着いたら、
いつもの原っぱで弾丸娘再登場。
リーザちゃんと思ってたらリーザルちゃんでした。


こうやって見ると顔とか頭の感じがジャックに似てる。犬に詳しい人がジャックを見ると
「頭がスプリンガー」と言うのにも納得。相変わらずの弾丸ぶりだったが、カラはすでにさんざん
歩いてきて疲れてるのでテンション低め。その周りを全身びしょぬれ(川で散々走ってきた)で
転げまわり、私にもじゃれ付いてジーンズをびしょぬれにしてくれたが可愛かったです。飼い主の
おじさんがいくら呼んでも当然戻らず。最後にようやく捕まったときにおじさんが「ごめんねー、
こういう事止めさせたいんだけど言うこと聞かないんだよねー」と。私としては一緒に遊んで
くれた方が楽しいんだけど、もしかしてそれは「うちの犬にはあまりかまってくれるな」とやんわり
言っているのですか?と思わないことも無かったけれど、考え過ぎかなあ。


まあそんなこんなで帰宅したらなんと2時間歩いてました。いつも万歩計をつけて散歩に出るのだが、
いつもは3500から4000歩のところを今日は1万歩を越えていた。おかげでジャックもカラも、
そして飼い主も今夜はぐっすり眠れそうです。明日も晴れるといいなあ(天気予報はにわか雨)。



ジャック&カラ | 23:55:56 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.