■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

クリスマス・マーケットと隠し撮り。

日曜日は約束どおりマンチェスターのクリスマスマーケットへ。


クリスマスマーケット。
どどーんとサンタさん。後ろのビルは市役所。


 


朝早く行ったので着いたときはまだ人もまばらで、準備中のお店もたくさんあった。小腹が空いたので
ジャーマンソーセージのホットドッグを売るお店へ。


 


炭火焼ですよ。
炭火焼のソーセージ。
うまそうだったけれど私は目先を変えて
豚の首肉ステーキに挑戦。


 


お昼ごはん。
お肉が大きくておいしかったです。
ドリンクはこのシーズン恒例のMulled Wine。
赤ワインにスパイスの入った暖かい飲み物。
ほんのり甘くておいしかった。体も温まるよ。


 


途中で特設スケートリンクの前を通りかかり、スケートなんて長い事やってないなー、滑ってみたい
なー、でも1時間で8ポンド50ペンスは高いよなー、と言いつつもチケットを購入。お昼を済ませて
から腹ごなしに滑ってきた。もう何年ぶりだか覚えていないくらいやってないが、10分もすれば前に
進むことはできた。


 


孤独なスケーターが一人。
レニーに拒まれたので孤独に滑る私。


時間切れまで滑ってまたマーケットに戻ると、歩くのも大変なほどの人ごみ。先にお昼食べといて
よかったねーと言いながらのろのろと進む人ごみに混じってうろうろ。あるお店の前をのろのろ
歩いていたら突然どどーんと豚の丸焼き登場。


 


豚の丸焼きも登場。
これが登場した途端お店大繁盛。ス
ライスしてハンバーガーみたいにして売っていた。


 


クリスマスマーケットはヨーロッパのいろんな国からやってくるので、ここでは覚えているだけでも
フランス、スイス、ドイツ、ベルギー、オランダ、アイルランドの食べ物屋さんが出ていて、私にも
ギャル曽根並みの胃袋があれば一通り全部食べてやるのに、と悔やみながらチーズやサラミや
バゲットなどを購入。サラミを買ったフランスのお店で目に付いたのが↓


 


魚スープ。
これ。スープ・ド・ポワソン。魚スープですね。


 


スイスにいた時に初めて出会ったこの魚スープ、ちょっとポタージュ系ででもほんのりエビ味噌みたい
な香りがして大好きなのだけれど、いかんせん(フィッシュアンドチップス以外は)魚嫌いのイギリス、
今までお目にかかった事が無い。ひとつ6ポンドだけど2つ買えば10ポンドになるよと言われて2つ
買ってしまいました。帰って早速温めて、買ってきたバゲットと一緒に頂きました。んまー。


さてそうやって飼い主が腹いっぱいになっている間家で留守番していたジャックとカラ。この前の
Dog Behaviourist さんにも「1回やってみて」と言われたのでたぶん一番長時間過ごすと思われた
飼い主の寝室にカメラを仕掛けて隠し撮り。デジカメのメモリーカードが512Mbなのでロングプレイに
しても1時間30分しか撮れなかったけれど、とにかく試してみようと。帰ってから見てみると、まず
ジャックが来てカラが参加、しばらくうとうとしたと思ったら物音を聞きつけてワンワンワンワン、
途中からジャックはどこかへ行ってしまいカラだけ寝室に戻ってきてうとうととワンワンを繰り返して
いた。最後の10分でカラがようやく巣作り開始。


 





 


このままメモリー切れで撮影が止まるまで寝てました。でも飼い主が帰ったときはベッドはもっと
ぐちゃぐちゃだったのでこの後何かアクションがあったと思われる。今度大容量のSDカードを買って
またやってみよう。


今までいろんなことをやらかしてくれているのでもうちょっと何か起こるかと思っていたのに意外と
おとなしくしていた。ひょっとしたら背中のジッパーを開けて中から小人が出てきてくつろいでたり
するんじゃないかと密かに思っていたけれどそれも無かったです。そんなことがあったらそれは
それで驚愕するけれど。でもジャックは時々カメラ目線だったので、案外気付いていたのかもな。


 


恐るべし観察力。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



生活 | 21:47:10 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.