■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

逃げないものは追わず。

1月6日は正式なクリスマスシーズンの最終日らしいです。というわけでトップの写真も変えました。


冬休みは終わったのに宿題にしていたレポートの採点が終わっていない。日曜の今日もちまちま
やっていたのだけれどいまいちはかどらないな~ふと振り向くと、


ひそひそ。
ジャックとカラが内緒話中。


 


ではなくて、飼い主が油断している間に赤くなってきたジャックの耳をカラが舐めているのです。
スパニエルは耳が大きいので耳掃除は欠かせないのだけれど、気を付けているつもりでもいつの間に
やらもわーんと微妙な臭いがして耳が赤くなっている時がある。今回それに最初に気付いたのは
カラ姉さんでした。この匂い(人間にとっては「臭い」なのだけれど)がたまらんらしい。ジャックも耳の
辺りを触られるのは好きなのでじっとしている。


 





 


なんかお母さんが子供の顔を舐めたハンカチで拭いてるみたいで面白い。でもカラが舐めただけ
では治らないので、しばらくは以前獣医院でもらった点耳薬を朝晩入れる日々。同じ大きな耳でも
カラの耳は結構きれいなんだけどねえ。ジャックの方が毛が長いから蒸れやすいのかしら。


そんなこんなの週末ですが、今日はいい天気だったのでまたソロモンズ・テンプルまで遠出した。


 


また行ってきました。
ちょっと息の上がった飼い主をよそにご機嫌のご両人。


 


帰りはまた遠回りをしたのだが、途中で羊の放牧場のすぐ横を通る。カラは羊を追いかけた前科が
あるので飼い主緊張。結構頑丈に金網や鉄条網を張ってあるのだけれど、その気になると見境の
無くなるカラの事、もし羊が目の前で走り出したりしたら傷だらけになっても追いかけかねない。
面倒を避けるために素早くリードにつないだ。


 


あっ、ひつじだ!
飼い主の心配をよそに大して興味も無さそうなカラ。
妙に落ち着いている。


 


これは羊に慣れさせるいいチャンスかも、と思い近くに寄ってみた。
あっ、来た!
群れの一頭が気付いて寄ってきた。
飼い主さらに緊張。


 


でかいなこの羊。
お互い臭いを嗅ぎあっている。
カラは緊張すると首から背中の毛がビビビッと逆立つのだけれど、
今日はそれもなし。あれ?


 


あんまり興味無さそう。
別にどうでもいいそうです。
逃げない羊は興味が無いって事か。


 


ちょっと拍子抜けしたけれど、羊そのものには大して興味が無いことがわかって安心。しばらくここに
通えば走る羊も追いかけなくなるかなあ。


 


逃げないものは追わない主義らしい。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



出かけた | 23:52:09 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.