■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

枝フェチ。

えらい忙しいというわけでもないのだけれどどんどん時間が過ぎていく今日この頃。気が付いたら
サマータイムが始まっていてエイプリル・フールも過ぎていた。そしてまた週末だし。


そんなこんなの毎日ですがカラ姉さんの大きな枝フェチは最近ますます磨きがかかってきた様子。
毎日どこからか見つけてきてこの調子。


 


妙に嬉しげ。
わ~い。


 


ここ2日ほどは手ごろなサイズ(=特大)の枝を見つけたが最後ボールにも目を向けなくなるほど。
そのまま家の前まで持って帰り、入る直前で「リーブ」のコマンドであきらめてもらうのだが、サイズが
サイズなので他の犬が持って行くわけも無く,次の散歩に出ると元の場所にちゃんと残っているので
またご機嫌で拾い上げてずるずる引きずったり天秤棒状態で運んだりしている。何なんでしょうねえ。


 


ふと思い出したように私の前に持ってきて「投げて」と催促。
拾い上げるとこの顔。
かなり嬉しそう。
カラ姉さんかなり嬉しそうです。


 


そんなカラ姉さんだが3日ほど前に事故発生。大きな枝を投げる時には気を付けていたのだがうまく
コントロールできなくて投げる時にちょっとスピンさせてしまった。カラはそんな事はお構い無しで
スピンしながら跳ね上がったところに突っ込んでいき、左目の辺りに枝がヒット。さすがのカラ姉さんも
その場から飛び退き、私が目の状態をチェックして体を撫でて落ち着かせている間も尻尾を足の間に
入れて怯えていた。目じりの辺りをちょっと擦ったらしく少し血が滲んでいたが痛がる様子も見せない
しちゃんと歩けるので大した事は無かったらしい。ただびっくりしただけみたい。いやーごめんね
ごめんねーとなだめすかしていたら5分くらいするとまた恐る恐る枝に近づき始め、私が手に取ると
あっという間にいつもの様子に戻り「投げろ」と催促。さすがカラ姉さん、立ち直りが早いねえ。


 


大丈夫みたいです。
次の日のカラ姉さん。
ちょっと涙目で白目が赤いけれど大丈夫みたい。


 


一夜明けたら目が腫れ上がってたりして、とか密かに心配したけど大丈夫だった。当日はジャックも
「ここどうしたの?」という感じでカラの目の辺りを舐めていたけれど次の日には見向きもしなく
なったので異常無しって事だろう。これからは大きな枝には気を付けます。


この動画も事故翌日のカラ姉さん。くわえている枝はガツンとやられた枝なのだけれど、そんな事は
覚えちゃいないらしい。ご機嫌でくわえてます。「投げてー」と言われるとやっぱり緊張する飼い主。


 





 


それにしてもなんでこんなにぐるぐる回るんだろう。おかげで目が回ったよ。


 



獣医通いを覚悟した。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



 



カラ | 23:35:32 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.