■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

寝床。

先日仕事部屋を引っ越したのを機にジャック用のクレートが登場。
ジャックにもクレート。
ジャックあまり嬉しく無さそう。


 


カラのクレートと同時に買ってあったのだが、初日に床板がべコーンと音を立てて以来ジャックは決してクレートに近寄らなかったし、何よりも場所がなかったので今までしまいこんであったのだ。ジャックは閉鎖された空間が苦手(農家育ちですから)なのでカバーは無しで。


が、出してきたからと言って過去のトラウマを忘れてほいほい入るわけも無いわな。クレートのおまけで付いてきたマットの方が俄然お気に入り。確かにこのマットは気持ちよさそうだ。すぐにぺちゃんこになりそうだけど。まあ昼間はいいかな、とマットも出しっ放しにしておいた。


 


おまけの方がいいんだってさ。
こっちの方がいいそうです。


 


とりあえず初日は夕方に何度もおやつを放り込んで「入っても床板が音を立てない」ということを学習させ、後は気まぐれで入ったら褒めちぎって、これで今夜は何とか・・・と期待していたら寝る時間になったら何とカラがジャックのクレートで寝てしまい、ジャックはおまけのマットで一夜を明かした。カラは時々ジャックのベッドを占領するがジャックはカラのクレートには入らないのよね。でも2日目にはカラも自分のクレートに入り、ジャックもちょっと緊張しながらも夜はクレートに入っていった。


 


慣れればどうって事ない。
結構気持ちよさそうに眠ってます。


 


慣れればどうって事ない様子で、今では昼間でもおまけのマットを通り過ぎてクレートで寝ている時が多い。ジャックにはちょっとサイズが大きかったらしく、奥半分ですっぽり収まって寝ている。でもとにかくここが寝床だとわかってくれたようで何より。


 


が、今度はカラがクレートで寝なくなった。最近の寝床はこれ↓


カラ姉さんこちらがお気に入り。
元仕事部屋に移したソファベッド。
カバーの下には枕とたたんだ掛け布団が置いてあるので
ふかふかで気持ちいいらしい。


 


このソファベッドは現在仕事部屋になった部屋にお客さん用に置いてあったのだが、こっちの部屋はちゃんとドアが閉まるので普段は入る事がなかった。が、この元仕事部屋のドアはきちんと閉まらなくて鼻で押せば開いてしまうのよね。最初にここで寝ようとした時にはクレートに戻したので「本当はここで寝ちゃいけない」というのはなんとなくわかっているらしく、飼い主がベッドに入る時には自分のクレートに入っていく。が、寝室のドアを閉めて静かになると


「カチャッ」


とドアの開く音が聞こえるのだ。寝静まるのを待ってから移動するという姑息さ。カラ姉さん頭使ってます。朝になって寝室のドアを開けるとジャックはいつもドアの外で待機しているがカラはこのソファベッドの上で、こんな感じ(耳ぴったりで上目使い)でパタパタ尻尾を振っている。こびている感じが「またやっちゃった♪」と言っているみたいでなんとなく憎めない。この時点で怒ってもしょうがないのでもう好きにさせる事にしたよ。でも金曜にはレニーの友達が泊りがけで遊びに来るのでカラはここでは寝られないはず。いや、カラの事だからむりやり割り込んでいくかもしれない。頑張れ友達。


 


どっちが勝つかは火を見るより明らか。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



生活 | 23:25:48 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.