■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Shrovetide Football

今日はShrove Tuesday、日本語では「懺悔の火曜日」?明日は Ash Wednesday 灰の水曜日で、明日から40日間の Lent 四旬節が始まり、その終わりがEaster 復活祭ですね。Lent の間は基本的に肉は食べない、というか精進料理のような生活になるのでその前日に家にある卵や牛乳を使い切るためにパンケーキを焼いて食べることからイギリスではShrove Tuesday は Pancake Day パンケーキ・デーとも呼ばれ、各地でフライパンの上でパンケーキをひっくり返しながら走るパンケーキ・レースも催されたり。


パンケーキ・レースはのんびりほほえましい光景なのだが、バクストンから15kmほどの場所にある Ashbourne アッシュボーンという村では Shrovetide という壮絶なスポーツが2日がかりで行われる。一説によれば1000年以上続く行事なんだとか。安全規定には病的にうるさいイギリスには珍しく豪快な行事で、どこからとも無く集まった男性諸君数千人(!)がアッパーズとダウナーズの2チームに分かれて村の両端(その距離約5km)にあるゴール目指して大規模なラグビーのような事をする。古代からの行事だけあってルールはいたって簡単で、



  • 教会、墓地、祈念公園には立ち入らない

  • 個人の土地には立ち入らない

  • 故意に他人を傷つけない(ってことは事故ならオッケー?)

  • ボールをバッグやリュックに入れない

  • ボールをエンジンつきの乗り物で運ばない

これだけらしいですよ。大昔の記録によると初期の頃の唯一のルールは



  • 敵チームのメンバーを殺さない

だったそうな。近くだし一度見に行きたいんだけどなんかやばそうな雰囲気なのでいまだに行った事がない。雰囲気を伝えるためにBBCのウェブサイトから拝借した去年の様子を。


 


試合開始。
朝礼台のようなところからボール(コルク製)が投げられて試合開始。


 


もみくちゃ。
もみくちゃになりながらゴールを目指す。


 


このどこかにボールがあるらしい。
この群集のどこかにボールがあるらしい。


 


川もあり。
川にだって入っちゃうよ。


 


こんな調子で延々夜10時まで続き、水曜日は2回戦。ちなみに今日は1ゴール決まったそうです。丸一日かけて1ゴール。このために前日は村のお店はウィンドーに板を打ち付けたりしてまるで台風前夜。当日はおまわりさんも救急隊員もスタンバイして結構忙しい2日間らしい。去年は試合の途中でボールがすりかえられたという疑惑も出てみんな大騒ぎしたり、なかなかみんな真剣なのだ。


「体の接触は危ないから」と休み時間の鬼ごっこを禁止する小学校も出現するほど安全性には過敏なイギリスにあってこの豪快さ。今まで何度も「禁止するべきだ」という声は上がったらしいが伝統にも弱いイギリス人、1000年も続いた行事をやめるわけも無く毎年みんな傷だらけになって暴れている。たまにはいいよねこういうのも。


 


パブは大忙しなんだろうな。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



生活 | 22:59:59 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.