■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

そっくりさん。

こんにちわ~。
ジャックのそっくりさん。
私ジャックみたいだけど違いますよ~。


 


マラで~す。
私マラで~す。
と笑顔のマラと並んでなぜかジャックは浮かない顔。緊張してるのか?


 


2歳になったばかりのマラは同僚のシーラの犬。ジャックと違って純血のボーダーコリーなのだが
ジャックとよく似ている。シーラが私と同じ職場で働き始めた頃にデスクに貼ってあるジャックの
写真を見て、「うちの犬とそっくり!」と。家もそんなに遠くないのでいつか一緒にウォーキングでも、
とずっと言っていたのが今日ようやく実現。シーラのお家の近くの Beresford Dale という所を歩いてきた。


 


わ~い。
わ~い、と浮かれながらも別に一緒に遊ぶわけではなく。
右手は川、左手は急斜面という谷底を歩くコースを
4時間かけて歩いてきました。


 


マラはちょっとおとなしいと言うか慎重な性格で、私にも初めは尻尾を振るわけでもなかったし、
ジャックとカラにもほぼ無反応。マラはプラスチックのおもちゃ、ジャックとカラはボールを一つずつ
持っていたのだがあっという間にボールを失くしてしまったのでターゲットがマラのおもちゃだけに
なってしまい、当然のようにカラが独占。マラが取り返そうとしたがカラに歯を剥かれて降参。
ここでもカラはいじめっ子振りを発揮していた。そのおもちゃもいつの間にか失くしたけど。


しょうがないので木の枝を捜す3匹。ジャックとカラは目の前に落として「投げて~」と訴えるがマラの
遊び方はちょっと違っていて、たたたーっと50mくらい先に走っていっておもむろに地面に落とし、
少し離れたところで伏せる。誰かが投げてあげようと拾おうとするところをすばやく横取りするのが
狙いなんだそうな。遊び方も犬によっていろいろあるのね。


 


目線の先にあるものは・・・。
のんびりゆったり歩きながらも、時々リードにつながれる3匹。
目線の先にあるものは・・・。


 


羊でした。
羊の群れでございます。


 


羊に興奮したカラがあまり引っ張るので私がヒーヒー言っていたら、シーラが「たぶんマラは放しても
大丈夫だから私がカラのリードを持ってあげる」と言ってくれて助かった。犬が近づくと大抵の羊は
斜面の上のほうに逃げるのだが、ある親子だけがひたすら前方へ逃げるのでらちが明かない。
「マラ、あんたシープドッグの血筋なんだから何とかして来て!」と言われ張り切って親子に走り
寄ったマラだが、お母さん羊の反撃に逢い逃げ回る。母は強し。それにしても羊に追い回される
ボーダーコリーってどうよ。試しにジャックも放してみたらのんびりと追いかけはするけれど「ノー!」と
言われると引き返すということを繰り返していた。そう言えば仔犬の頃に羊を見て育ってるからな
農家で飼われていたので)。


 


どこに行ってもこれ。
水の在るところジャック在り。


 


「そこに水があるから」と言ったかどうか知らないが、当然のように泳ぎ回るジャック。水鳥が結構
いたのでがんばって追いかけていたけれど、犬掻きで追いつけるわけもなく。でもそうやってたくさん
泳いだおかげで帰り道の車の中では爆睡。帰宅してご飯を食べた後も一応「あそぼー」とおもちゃを
持ってきたがちょっと遊んだだけで満足して再び爆睡。いつも言うけれど、疲れた犬はいい犬だ。
お疲れ様でした。



ジャック&カラ | 23:03:48 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.