■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

シーズン到来。

相変わらず夏らしい天気の続くバクストン、家の裏の原っぱは現在花盛り。
鼻がむずむず。
きれいなのはいいんだけど花粉症なので鼻がむずむず。


 


イギリスの花粉症は6・7月がピーク。私のは3週間ほど前に始まったのだが2日前にピークに達したらしく爆発的にくしゃみと鼻水が出て現在鼻の下がガビガビ。今日はかなり落ち着いた。


 


さてイギリスはそろそろお祭りのシーズン。フェスティバルですね。バクストンでもいろいろあるんだけどその第一弾として毎年恒例のウェル・ドレッシングが今日から始まったので見に行ってみた。一応説明しておくとウェル(well=井戸)をドレッシング(dressing=飾る)するという、ダービーシャーの伝統行事。井戸を生花の花びらをメインにコケや種なんかも使って絵にして飾るというもの。5月ごろからいろんな村や街でやってます。かなり古い習慣らしく今となっては由来はわからないそうな。でもとにかく毎年律儀にやるのがイギリス人。


 


今年のウェルドレッシング第一弾。
これは広場の古井戸。なんでもある植物学者にささげているらしい。
なんでこのテーマになったのかは不明だが、地味ながらもきれいにできていた。 


 


 


今年のウェルドレッシング第二弾。
こちらは今も現役のSt. Anne's Well という井戸。
古代ローマの戦士がバクストンに到着、というテーマらしい。
バクストンはローマ人が作った街なのだ。


 


この井戸は今も天然水が出ているのだがすっかり隠されている。でもこの水はバクストンの名物なので止めるわけもなく↓


後ろはこんなの。
こうやってパイプを通して仮設の井戸から出している。


 


ちなみにこのすぐ横で小さなブラスバンドが演奏していてジャックがかなりびびっていた。人工的な音には弱いジャック。田舎もんですからねえ。それにしても今日はみんないったいどこから来たんだろうというくらい大賑わいのバクストン。


 


パブも大忙し。
パブのテラス席も満員。


 


私達はほとんど飲まないのでビールよりもアイスクリーム。レニーが何を思ったのかひとつ余計にソフトクリームを購入。ジャックとカラにだってさ。


 


かぶりついてます。
カラ姉さん豪快にかぶりついてます。


 


ジャックは少々控えめに。
ジャックはもう少しお上品に。
カラが横から狙ってます。


 


全部食べさせておなか壊されても困るし、犬が舐めたアイスを食べる勇気も無いので半分くらいでゴミ箱行きとなったソフトクリーム。最初から犬用って言ってくれたらまず私が半分ほど頂いたのに。もったいないお化けが出るぞ。その後はパビリオン・ガーデンというとってもイギリス風な公園をぶらぶら。


 


コンサート。
ブラスバンドのちょっとしたコンサートもやっていた。
私達もアイスを食べながら芝生に座ってしばらく休憩。


 


ジャックとカラが退屈してそわそわし始めたので重い腰を上げて帰途に着く。ちょっと静かなところに出た途端ジャックが、その少し後でカラもトイレ。だからそわそわしてたのか。


 


帰りはいつもの散歩コースを通るので当然ボール持参。
キャッチの瞬間。
ボールを捕らえた瞬間。
いつにも無く真剣な表情のジャック。


 


うおりゃっ!
カラ姉さんは豪快にジャンピングキャッチ。
口でかいよあんた。


 


そんなこんなでいつもよりちょっと長めの散歩をして、その後もレニーの庭仕事に付き合って外で遊んでいたので今夜もぐっすりのジャックとカラ。私も今日は早めに寝よう。


 


 


あと1週間でホリデーだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



生活 | 23:16:30 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.