■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

骨。

日曜早朝でサマータイムも終了。これからは日本との時差は9時間になります。いつもならそろそろ初雪か?と思う気候のはずが今年は妙に暖かい。最高気温13度くらいの日々が続いている。でも空はどよよーんとしていて冬は確実に迫っているんだなあという感じ。風も強くなってきたし。


 


カラの目線に注目。
というわけで木の葉も順調に落ちてます。
おすましジャックのくわえる枝に視線釘付けのカラ。
この3秒後には予想通りひったくった。


 


そんな生ぬるい天気の中久しぶりにお肉屋さんの肉でステーキでもするか!という事になり 久々に街のお肉屋さんに行ってきた。レニーは諸々の事情で顔見知りなので世間話をしながらあれとこれと、と注文して最後に「犬にあげる骨ある?」ときいてみたらすごいのをくれた。帰宅してちょっと見せてみたらジャックもカラもものすごく気になるらしくそばを離れない。


 


てこでも動かないそうです。
カウンターの上にあるのがそれ。


 


さすがに散歩には出てきたが帰ってからはここを離れない。とりあえずダイニングルームに隠してドアを閉めるとドアの前に陣取って切ない目で飼い主を見つめるカラ。かなりいいにおいがするそうです。なのでこの日はご飯はいつもの半分以下にして骨をあげることにした。


 


何でもいいから早く食わせろ。
どどーん。
カラ姉さんは大きいほうをどうぞ。
「早く食わせろ」と目が訴えている。


 


ジャックも真剣。
ジャックには小さいほうを。っつってもでかいけど。


 


この骨は牛の脚半分(ひざから足首にかけて)の骨を半分に切ったもの。かなり気前よく肉も残してくれたし、骨が太いので骨髄(これが犬にとってはたまらないらしい)も断面から大きく開いていてかなりうまそうだ。や、私は骨は食べませんけども。


この後オッケーを出しても二匹とも自分では持ち上げることができず、飼い主の手を借りてラウンジに移動。前もって敷いておいたバスタオルの上でかじり始めた。


 


顔が変わってます。
肉をはがそうと必死のカラ。顔が変わってるよあんた。


 


ジャックも足踏ん張ってがんばってます。
ジャックも両足踏ん張って奮戦中。
重いので押さえなくても動かないらしい。


 


そうやってジャックとカラが骨に夢中になる傍らでご飯食べたりテレビ観たり写真撮ったりの飼い主。のんびりと言えばのんびりしていたがジャックとカラがあまりにも真剣なので見てるだけで何だか疲れた。結局3時間近く格闘して、今日はそろそろ、と取り上げた状態がこれ↓


 


まだまだ続くよ。
かなりきれいになりました。


 


このままビニール袋に入れて冷蔵庫で保管中。これからは小出しにしていく予定。身が全部無くなれば出しっぱなしでもたぶん大丈夫かと。でも一度加熱しないと骨髄が腐ってくるかなあ。


3時間もがりがりやって疲れたのか、この後トイレに外に出て帰ってきたら2階に直行。ジャックはソファベッドで、カラは飼い主のベッドで爆睡。カラは飼い主が寝る時に追い出されるんだけどね。次の日はジャックもカラも体から牛脂の臭いが漂っていて、他の犬に会ったらえらい人気者になりそうな感じだった。会わなかったけど。


 


 


会ったらややこしい事になりそうだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ



ジャック&カラ | 23:25:33 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.