■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

侵入者

朝の散歩はレニーの担当。なので今日もいつもの如くベッドから「行ってらっしゃーい」と送り出して
またうとうとしていたら電話の子機が鳴った。(そんなに大きな家じゃないのに)内線でレニーが
「庭を見てみろ」と。え、なに?まだ散歩行ってないの?それとも帰ってきたの?と
ちょっと混乱しつつもカーテンを開けるとこの状態。


侵入者
うちの庭にお馬さんたちがわんさか。


レニーの話によると彼らは塀の外で待ち構えていて、散歩に出ようと裏の木戸を開けたとたん
なだれ込んで来たらしい。その後は芝生をひたすらむしゃむしゃむしゃむしゃ。
うちの庭は芝生だけで、しかもちょっと伸びかけてたから、外から見るとうまそうだったんだろう。


いつもの如くお隣のアンドリューが玄関からやって来て「庭に馬がいるよ!」と。
ええ知ってます、見逃すわけないでしょうあんなにでかいのに。と笑顔で応対して
レニーが馬たちの本来の住処である乗馬スクールに電話。しばらくすると原っぱの向こうから
10代半ばと思われる女の子が「ごめんなさーい」とやって来て一頭ずつ連れ出してくれた。


出口せまそう。
強制退去中。


家の芝生はおいしいらしく抵抗する馬もいたが、なんとか全頭出て行った。
その間レニーはジャックとカラをリードにつないで様子を見ていたのだが、
2頭とも吠える事もなくおとなしい。もうすっかり慣れたみたいね。
ジャックはポニーに興味津々でちょっとクンクンしてみたり。動くとびびって飛びのいてたけど(笑)。


馬たちが帰った後には見事な置き土産(=ンコ)が残されていたが、芝生食べてくれて
芝刈りの手間が省けたし、ンコは別に臭くないし肥料にもなるからこのまま埋めちゃう予定。
びっくりしたけどある意味面白かった日曜の朝。



生活 | 22:17:44 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.