■プロフィール

Middy@Country

Author:Middy@Country
イギリスの片田舎で
三人と二匹で暮らすMiddyの日常です。
子育て、犬、お仕事、イギリス人など、
思いつくままにつづっています。
毎日バタバタなので更新頻度は低いです。
のんびりとお付き合いくださいませ。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

新旧交代その2。

いろいろ忙しかったり疲れがたまって背中を痛めてしまったり(数年に一回起こる)している間にも、相変わらず仕事は片付くよりもたまるペースのほうが速いのだけれど今日は一日のんびり。と言っても掃除とか食料の買出しとかジャックの散歩とかで結構動き回っていたけれど。


今日の買い物ははチェスターフィールドという街まで出かけてマーケットを物色。ペット用品屋さんを発見して、普通のペットショップよりもたいがい安いのよね、とおやつを少々ご購入。昨日もダービーで新しいおもちゃ買ったんだよな。その後でRSPCAに行って来た。


RSPCAの正式な名前はThe Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals (誰もこの名前では呼ばないけれど)。創立1824年の、世界で一番古い動物愛護団体らしい。イギリス国内にいくつかセンターがあって、犬とか猫とかウサギとかインコとかのペット用の動物の他に田舎のセンターでは馬とか羊とかもいる。動物虐待の取り締まり(自身では逮捕等の権限はないけれど近所から虐待の通報があるとそこの家の様子を見に行って指導したり、ひどい場合は警察に連絡したりするらしい)とか怪我をした野生動物の保護とか、飼えなくなったペットを引き取って里親を探したり、そんな仕事をする非営利団体。ジャックを引き取る前には私達も愛犬候補の物色にセンターに足を運んでいた。スタッフも顔を覚えていてくれて、里親を探している犬たちの説明を親切にしてくれたりするのでジャックの友達になる犬いないかなあとふらっと見に行ってみたのだ。


センターではいろんなペット用品も売っていて、これがまた安いので帰り際に何点かご購入。どうやらここのグッズはいろんな会社とか店からの好意で寄付されているのか格安で仕入れているのかしているらしく、「そこらのペットショップよりはずっと安いし、売り上げは全部このセンターの運営に当てられるから払うほうも自分の財布から出たお金の行き先がわかって安心でしょ?だからペットショップに行くよりここで買ったほうがいいよ」とはスタッフの弁。こっちとしてもその方が気持ちがいいよな。


今日はおやつを少々とロープをご購入。昨日もボールを新調したばかりだが、お気に入りNo.2の地位を確立しているロープもかなり寿命が近付いていたのだ。という訳で今日も記念撮影。


ビフォーアフター・ロープ編。
これ。


先代は黄色と紫というビビッドな配色が功を奏して(?)ジャックが激しく食らいつき、奮発して8ポンド(1500円くらい?)も払ったのに3週間ももたなかった。ぐねんぐねんになって噛み応えがなく、あんまり遊べないのだ。今回のは一回り小さいけれど、お値段なんと2ポンド98ペンス。半額以下ですよ!こいつは安いや!と募金箱に50ペンスおまけに入れてきた。帰宅後しばらく隠していたのだが夕食後に与えるとご機嫌でひっくり返ったままかみ続け、すでにちょっと痛んでいる。ちなみにこれで五代目。最近は硬くよりあわせた糸を細かく噛んで食いちぎるというテクニックを身に付けて、ゆっくりとでも確実にぐねんぐねんにしてしまうジャック。今回のはいつまでもつのかなあ。


ちなみにジャックのお友達を迎え入れるかもしれません。その話はまた明日ね。



ジャック | 23:15:04 | Trackbacks(0) | Comments(1)
Comments
Comment is pending approval.
Comment is pending administrator's approval.
2017-07-24 月 15:49:32 | | [Edit]
Post a comment

Only the blog author may view the comment.